ねんざ後くるぶし外側が痛いのは1回で著しく改善し、風邪で熱がこもる感じも1回で治った:手術後の生理痛(4)

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。
2回の手術後にも、相変わらず生理痛で困る女性の続きの記録。前回の治療内容は以下をご覧ください。

1週間後、彼女が来て話したのは、「前回の鍼を受けてからの生理痛はまだあって、仕方なく西洋薬を飲みました。目が乾くのと目が痛いのは、もう消えています。この前、捻挫して右くるぶしの外側と後ろ側が痛いです」

今日刺したツボは、いつも通り。
右足首を捻挫したので、左足の崑崙穴を追加。

捻挫の痛みは、鍼で著しく変わる

捻挫の痛みは、鍼で著しく変わる

帰りに彼女は歩いてみて驚きました。
「右足首のねんざ痛はだいぶマシです。こんなに早く効くんですか?」

ねんざ痛は、もともと治りが早いです。痛めてすぐ来れば治りが早いけど、日にちが経ってから来ると、こんなに早くならない。

彼女が言うのは、「前回の鍼を受けてから痛い場所は左の下腹部から後ろ側の腰まで。そして、真ん中の下腹部が痛い。右側は全然痛くなってない。以前は、右側も痛かったです。

彼女はまた話しました。
「いつも生理痛が来るときは、世界が終わる感じで、つらかったです!」

生理痛はまだあるけど、前より痛む範囲が減ったのは良いことでした。ただし、彼女が2回も手術しているので、そのせいで生理痛がなかなか治らない。

彼女が痛む場所は、ちょうど傷口があるところ。

私が尊敬する倪海厦(ニハイシャ)先生1は、臨床で治療するとき、乳がんのしこりは治しやすいけど、生検した傷口だけ治らないと書いてました。メスを入れるのは、後々になって大変治しにくい物になるので、手術は本当にオススメしません。

1週間後、彼女はまた来て報告しました。風邪を引いて漢方薬を飲んで治ったけど、上半身に熱がこもる感じがする。胃がムカムカする。

刺したツボは、いつも通り。
上半身に熱がこもる感じがするので、魚際、合谷穴、三叉三(董氏奇穴で液門穴に近い)。

15分後に針を回しに入って聞いたら、熱がこもる感じは減り始めた。そのまま、また20分くらい置鍼。

帰りに熱がこもるのはだいぶなくなり、胃も暖かくなってきた。膝上が暖かいのは、ずっと維持されています。

1週間後、彼女がまた来ました。
生理が17日周期で来たそうです。

話を聞いてみたら、環境が変わってパダパダしていたからだと思います。環境に慣れれば、今後は問題ないでしょう。

女性の生理は心臓がコントロールしています。環境が変わったり強いストレスがかかったりすると、心臓の気が乱れるので生理にも影響が及ぶのです。

いわゆる心労。
女性の生理リズムが狂いやすいので、気をつけないといけません。

適切にストレス解消して、楽しく生活しましょう。

f:id:li-hari:20180420112027j:plain

心労で女性の生理が狂いやすいので要注意!

彼女の生理痛は2~3割くらい残っている感じ。鎮痛剤を飲まなくても、我慢できるようになりました。痛む場所は前回と同じ。手術した傷口のところ。

面白いのは、子宮穴(奇穴の一つ。関元の外側3寸)を刺した時、左側はそんなに響いてないけど、右側はかなり響いた。

私は説明しました。
「左側は血を司って、右側は気を司ります。」

そしたら彼女が言うのは、「今度の生理で大量の血塊が出た。瘀血が出たから今日の鍼は痛くないのかな?」

彼女の推測は正しいです。
瘀血が減れば、鍼もそんなに痛くないはず。

鍼を刺した時は治療になるだけではなく、同時に診断にもつながる。漢方薬も同じです。漢方薬を飲んだあとの反応で、処方した先生の判断に役に立つのです。以前、台湾の中医学診療所へ研修に行ったとき、そちらの先生も同じことを話してました。以下の記事をご覧ください。

彼女のドライアイ(目が乾く)のと目が痛いのは、この何回かは再発してないので治った判断しています。膝上が冷えるのも、この何週間は暖かいので治ったと判断。残りは生理痛だけです。

普通の生理痛とは違う、これは手術後の傷口の癒着からくる痛み。厄介なやつですが、今は2~3割くらいしかないので、そのうち消えるでしょう。

続きの治療記録は以下をご覧ください。

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント