頭が重い痛い、目がしみる、ドライアイは数回の鍼で治った

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。李哲です。

続きの施術記録になります。前回の治療内容は以下をご覧ください。

その後、彼女が来て話しました。 

彼女が言うのは、「1週間前から眼の奥が痛い。眼球が乾いて目がしみます。目のせいなのか、頭全体が重痛い。今日は手が少し冷たいです。前回の針をしたあと、お腹がだいぶ暖かくなりました。

1年前にも目の似てる症状があって、病院に行ったら「虹彩炎こうさいえん」だと言われて、ドライアイと虹彩炎の薬をもらったそうです。今回はドライアイの薬は使っているけど、虹彩炎の薬は使いたくないから来たのです。

刺したツボは陰陵泉穴、地機、三陰交、公孫、合谷穴、曲池、太陽。三叉三(←これは董氏奇穴)。

下半身の針が刺し終わった頃、目が軽くなり始め、置鍼15分後に針を回しに行ったら、左右の目はだいぶ同じようになった。両手もさっきよりだいぶ暖かくなってきました。

目がしみるのが緩和したので、目の周りのツボは追加してない。

帰る前、漢方茶を飲むとき、彼女が言うのは「両手がすごく暖かくなってきました。目がしみるのはだいぶマシになって、少しだけ残っています」

私は彼女に目の周りのツボを揉むことをすすめました。

パソコン作業で疲れたとき、指で揉むだけで目の疲れが楽になります。

1週間前、針をしたあとは生理痛が全部なくなっている。しかし、不思議とお腹と腰が重い感じが1周間続きました。目が楽になったけど、念の為に来週もう一回来るようにしました。


1週間後、彼女が来た時の報告。

「頭が重い痛い.目がしみるのは完全になくなりました!」

2日前から生理が来て、また先月と同じような生理痛。

お腹にお灸をしてみたけど、軽くならないので西洋薬を飲んじゃった。

今はお腹のへそした、左下腹部、腰がいたい。

昔、手術したところが引きつられるように痛い。

目が乾く。

前回の針をしたあと、今まで感じたことがないくらい足が暖かくなったそうです。

今日刺したツボは、太陽、晴明、血海、地機、三陰交、足臨泣、合谷穴、養老、巨闕、関元、子宮(奇穴)。三叉三、火主(この2つは董氏奇穴)。置鍼は40分くらい。 

施術後に彼女が言うのは

「ドライアイ(目が乾く)は治り、腹痛、腰痛も消えました」

前回も針をしたあと、2~3日は乾く感じがなくなったけど、また徐々に出たそうです。

「手術したところが引きつられるように痛いのは、体調が良くなっているからです」と彼女に教えました。

内臓が元気になって新しい血が巡ろうとした時、手術した傷口のところをうまく通れないから痛いのです。もし体調が良くならなかったら、昔の傷口がピンポイントで分かるような反応が出ません。

f:id:li-hari:20181220161731j:plain
手術した傷口は後々になって痛くなる

彼女は話してました。

「20代の時はなにも知らなかったので受けましたが、今考えたら恐ろしいですね…」

そして、彼女が言ったのは、当時の先生はチョコレート嚢腫は再発しやすい病気だけど「何回も手術できるから大丈夫!」(李哲の叫び声:何回も大丈夫って何やねん?!!!)

彼女の目がしみる。目が乾く。眼の奥が痛いなどは全部肝臓の経絡と関係があります。そして、体内には冷えと生理痛がまだある。その上に、手術の傷口から来る痛みもある。

今までの治療を見ると、毎回進歩しています。

彼女も自分の体調の変化に気づいていました。

私は本ブログで書いていますが、体調が良くなっているかどうかは、あなたの感覚で分かるはず。

治療の有効性は血液検査、CTスキャン、レントゲン結果で分かるのではなく、患者さん自分がわかります。

コメント