足の外側が痛いのは鍼2回で治り、まぶたの腫れは鍼して3分後には楽になった

この記事は約4分で読めます。

足の外側が痛いのに、病院では異常がないと言われた女性

こんにちは。李哲です。

今日は足首を捻挫したあとの痛みを2回で治し、ついでにまぶたの腫れもその場で改善した例です。

一人30代の女性、以前から足ツボに通った人です。鍼灸院になってから、鍼を3回受けました。

彼女の主な症状は、右足首の外側が歩く時に響くような痛みがある。特に階段の昇降時。整形外科に行ってレントゲンなど撮っても、「骨には異常がない」と言われたそうです。もちろん治療もできないまま。

正常だと言われたのに、つらい患者さんはいっぱいいます。もっともひどいのは、心筋梗塞で死んだ人すらいる。病院の検査なんか信じるものではありません。

心筋梗塞で突然死!健康診断で正常だと言われたばかりのに…
【※本記事は2019-05-01更新しました】 こんにちは。李哲です。今日はニハイシャ先生の弟子「アメリカの中医師:李宗恩博士」の記事を翻訳しました。 健康診断で正常だと言われた人が、突然の心筋梗塞でなくなった例から、健康診断の信...

私が思うのはおそらく昔ねんざした所が治ってないまま、今に至っているのが原因。過労、たくさん歩いた時には、古い傷が痛むのです。

臨床で見ると雨が降る前、台風が来る前など、湿気と気圧の変化が大きい時に痛むのが多い。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180623/20180623134701.jpg?1529729337

足の外側が痛いのは鍼で治る

1回目の鍼で足首を回すのが楽になり、2回目で足首の痛みがだいぶ治った

1回目の鍼、当時の治療穴は右の商丘透丘墟。(2つのツボをつなげる刺し方)施術後、彼女が言うのは「右足首を回すのが楽になりました。」

1週間経って2回目の時、彼女が言うのは、「痛みはだいぶ消えたけど、右足の外側の感覚がぼんやり、何か被っている感じです。

患部を指してもらったら、感覚がぼんやりしているのは胆嚢の経絡に近かったです。なので主な治療穴は、

  • 右の商丘透丘墟(治療強化の為に)。
  • 左の足臨泣(補法)。
足首の外側が痛いのを鍼2回で治した

様々な痛みを治せる鍼

右足首の外側の感覚は正常に戻り、歩くときの痛みも治った

1週間経った3回目の時、彼女が言うのは、「右足首の外側の感覚がぼんやりするのはなくなり、歩く時の痛みもないです。昨日はめちゃくちゃ歩いたけど、痛まなかったです。」

彼女が大笑いしながら言ったのは、「今は足より息切れが気になります。

これは心臓が弱いことなので、軽い運動で強化した方がいいです。

鍼でも心臓の強化ができますが、あくまでも鍼は外からの支援部隊で、あなた自分の部隊ではありません。自力で解決できるのは、外側に求めない方が良いです。

私は彼女に運動することを薦めました。

「とりあえず鍼はお休み。辛い所があったらまた来て下さい。」

実際に彼女の悩みは2回でほぼ消えて、念の為に3回目の鍼を受けたのです。

動悸、息切れに対して鍼灸の効果はどのくらい良いかは、以下の症例を見れば分かります。

手術は要る?動悸、息切れを改善した鍼治療例
【※本記事は2019-04-21更新しました】 動悸・息切れがひどくて、日常生活に困る。病院では死ぬまで飲む薬と、心臓の神経を焼き切る手術をすすめます。しかし、手術は1回で成功し、動悸と息切れがが完全に治る保証がありません。 病...

捻挫したあと生じた痛みは、経絡のつまりが多い

捻挫の後遺症は多いです。

これは骨が折れた、骨にヒビが入ったとかではないので、レントゲンには現れません。

細かい筋、筋肉の問題なので、病院では治せない。中医学では「経絡の流れがつまっているのが原因」だと言います。経絡に関する説明は、以下の記事が参考にしてください。

鍼はなぜ効くのか?鍼は「気」の流れを調整し、自己治癒力を強化することで、様々な体調不良が治る
【※本記事は2019-06-17更新しました】 鍼灸を差別したお医者さんが、鍼を習いに来た鍼灸が治すのは、患者さんの自覚症状。人間は辛くなったら、必ず自覚症状として出る針灸は「気」を調整する気は体のシステムを主導する力 ツボは...

鍼灸はこのような痛みに強いです。

頚椎、腰椎のねんざ痛であろう、手足の捻挫であろう、構いません。

ベスト治療のタイミングは、捻挫してすぐ鍼灸を受けること。治りが早くて後遺症にもなりません。

ネットには捻挫して腫れ上がった時は、鍼灸はしないほうが良いと書かれてますが、そんなのはデタラメ話。治してくれた人の話を信じるべきです。

治してくれたから、その歯科医を信じている。
こんにちは。李哲です。西洋薬のボロクソは言っていますが、歯科と緊急救命は価値があるものだと書きました。 今日は私が以前通った歯科医に関して書こうと思います。 歯科医の紹介ではありません。なぜその歯科医院に決めたかの経由を話します...

まぶたの腫れは、鍼して3分後に楽になった

彼女は足の痛み以外に、もう一つ相談がありました。風邪を引いてから、まぶたの腫れがなかなか取れない。

足に針を刺して置鍼している間、まぶたの所で簡単な施術。3分後まぶたの施術が終わって私が立ち上がる時、彼女は驚いてました。「すでに楽になりました!うそ!鍼ってこんなに早く効くのですか?」

私はどう説明したら良いか分かりませんでした。

鍼灸の効果は、もともと速いです。だから、中国の昔は緊急救命に使っていました。

急性の痛みなどは、一般的にその場で軽くなります。古い傷の痛みでも、2~3回続けて受ければラクになります。

彼女を治すには、必要な鍼の本数がとても少なかったです。置鍼の時間がもったいなくて、他に胃腸と子宮の調子を良くするツボを刺しました。

もともとの病気を治す以外に、体の強化(滋養強壮)もできる。これが鍼灸のいいところです。

コメント