新型コロナウィルスの後遺症、お灸とマッサージでの改善方法を紹介します

この記事は約8分で読めます。
コロナの様々な後遺症は病院に行くより、セルフお灸・マッサージのほうが解決できる

新型コロナウィルスの後遺症は、お灸とマッサージで改善できる

こんにちは、李哲です。

新型コロナウィルスに感染されたあと、もしくは関連治療を受けたあと、様々な後遺症があると報道されました。次の症状は、新型コロナウイルス感染症 後遺症リーフレット 東京都福祉保健局(PDFファイル)より引用しました。頭痛と喉の痛みだけは私が追加したものです。

中医学の考え方から、自分でできる治療方法を教えますので、参考になると幸いです。治療方法のメインはお灸、マッサージは二の次。事前にアマゾンでお灸を購入してください。千年灸(生姜入りタイプ)、もしくはもぐさを購入して自分で生姜灸を行うのも良いです。

せんねん灸オフ八景150点
せんねん灸オフ
¥2,662 (¥18 / 個)(2022/01/28 19:26時点)

セルフお灸(生姜灸)の方法は、以前の記事を参考にして下さい。

お灸の注意点:
1セットで1箇所に連続で9回やります。説明書通りに一箇所に1~2個やるだけでは、ちっとも効果がありません。1日何セットやっても構わないので、時間があるときお灸すれば良いです。
※やけどしないように気をつけてください。

お灸ができなかったら、マッサージでも良いです。ツボの探し方は、ネット検索して下さい。ツボは正確無比に探す必要ありません。押してみて、一番痛気持ちいいところで良いです。

コロナウィルスの様々な後遺症を改善するツボ

次は一つ一つの症状に対して、マッサージ・お灸・飲み物などの対策を書きます。

1.強い倦怠感

中医学理論でいうと、「脾主四肢」。
つまり、倦怠感が強いときは、あなたの脾胃が元気ないことを示します。

脾胃が食べ物を受付しない、もしくは食べても消化吸収率が悪い、体にエネルギーを貯めることができない。

セルフお灸は中脘と足三里にしてください。

脾胃を元気にする手軽な飲み物は、黒糖生姜湯です。関連の紹介は以下をご覧ください。

黒糖生姜湯は以下の症状の解決策にも共通する飲み物です。というか、健康な人が黒糖生姜湯を飲んでも体調を崩したりしません。逆にもっと元気になります。

2.せき、痰

セルフお灸するツボは、膻中もしくは鎖骨下の中府・雲門・肩甲骨間の肺兪。セルフマッサージでもOKです。

食べ物の中では、ラッキョウが去痰作用があるので役に立ちます。お酢に漬けたり、調理方法を考えて食べてください。

ラッキョウは去痰作用があるので、生薬としても使われている

膻中穴は過去記事で詳しく紹介しました。
以下の記事、参考になると幸いです。

3.呼吸困難

呼吸困難は内関、膻中、背中の肺兪にセルフお灸します。

内関を先にやってみてもダメだったら、膻中。それでもダメだったら、背中の肺兪にお灸してください。内関の紹介は、以下の過去記事が参考になります。

4.味覚・嗅覚障害

黒糖生姜湯を飲んで、足三里・中脘にお灸します。
嗅覚障害はオデコの上星穴にお灸。
(足三里はマッサージできるけど、上星と中脘はマッサージが難しいです)

そもそもコロナは風邪・インフルエンザに似て、ご飯が美味しくなくなる・鼻が詰まって嗅覚がなくなるのは良くあることです。脾胃が元気になれば、食事が美味しくなります。また、鼻詰まりが軽減すれば嗅覚も戻ります。

ただし、コロナにかかっても味覚・嗅覚障害は軽いほうです。まったく味覚・嗅覚とも無くなったときは、西洋薬の副作用だと考えるべき。

5.発熱(微熱が続く)

微熱が続くのは、あなたの脾胃が弱くて、全体的のパワー(気)が足りないから、邪気(ウィルス)との戦いで勝負がつかず、行ったり来たりするからです。

黒糖生姜湯を飲んで、外関もしくは曲池にお灸します。外関がベスト、曲池は外関で足りなかったときに使う。

6.抜け毛

肝臓と腎臓がダメになっていることを示します。
これは西洋薬の副作用。

西洋薬を止めて、しっかり栄養とって寝れば自然に治ります。もっと早く抜け毛を治したい場合、有能な漢方医を探してください。

7.頭痛

お灸するツボは、百会
頭痛のとき、百会をマッサージするよりお灸したほうがもっと効果的です。


以下は当院の常連さんから聞いた笑い話。会社の人が頭痛で仕事中にうめいているのを見て、彼女は会社に置いた千年灸を頭の天辺に貼って(正確に言うと髪の毛があるので、頭皮から少し離れて宙に浮いています)4~5個やっているうちに治ったそうです。

頭皮から離れていますよ。
これでも頭痛が治っちゃいました。
頭皮に直接貼ったら、どうなるでしょう?

8.喉の痛み

お灸するツボは①尺沢②魚際。
①をやってダメだったら、②もお灸します。

喉の痛みでガムを噛む、のど飴をなめる人。
板藍茶を飲んだほうがよっぽど良いです。

条件がある方は、生甘草(炙甘草ではない)を煎じて飲んでください。甘草は消炎鎮痛作用があるので、のど飴より効果的です。しかものど飴みたいに食べて朝たちがなくなる心配がありません。

風邪みたいな症状がある時、止めるべき食べ物

体はウィルスと戦うためにエネルギーが必要です。また、五臓六腑の運営には休憩も必要です。だから、胃腸に負担をかける食べ物はなるべく食べないようにしてください。

  • ナマモノ(刺し身、野菜サラダ、果物など)
  • 脂っこい食べ物
  • 肉類

飲食はなるべく薄味で消化しやすいものが良いです。たとえばお粥、山芋の料理。質素な料理のほうが体に吸収しやすくて、また負担もかかりません。

体調不良が治ったあとは、焼き肉・ステーキなどガッツリ系を食べてもいいです。

セルフ治療で緩和しなかった場合は漢方薬・鍼灸

上記にはいろいろ自分でできる解決策を書きました。もし、やってみてもダメだったら、漢方薬もしくは鍼灸治療を受けてください。たちまち治る可能性は十分あります。以下は2つの鍼治療例、参考になると幸いです。

漢方薬に関しては以下の記事が参考になります。皆さんが知っている葛根湯、麻黄湯など、どんな症状に使えば良いのかを詳しく説明しました。

人によっては、麻黄湯の症状があれば、桂枝湯の症状も兼ねてある時があります。症状が複数あって、どうしても分からなかったら、漢方医に直接診てもらう事をすすめます。

解熱剤、鎮痛剤などは飲まないで!

市販の解熱剤、鎮痛剤などには手を出さないでください。解熱剤で微熱が治ったように見えますが、ウィルスはもっと深い所に潜んだだけで、もっとひどくなる可能性すらあります。

たとえばウィルスが胃腸に逃げたら慢性的な胃腸炎になる。肝臓に逃げた場合、いわゆるB型肝炎、C型肝炎だと診断される。腎臓に逃げたら、腎盂腎炎になります。

解熱剤、鎮痛剤など飲んだあと、体がなんとなくだるい、ご飯が美味しくなくなった、睡眠が浅くなったか…などは、すべてあなたが飲んだ薬のおかげ。

西洋薬は数値的に治ったように見せかけますが、実際には治ってない。もっとひどい病気の種をまくのです。じゃなかったら、製薬会社は延々と儲かる事ができないですね。

アメリカの中医師、鄭智城先生1の症例には、風邪の治療薬でひどい目にあった患者さんがいました。詳細は以下をご覧ください。

コロナの症状は風邪と同じ、怖がる必要がありません

現在のコロナウィルスは弱毒化していて、症状は一般的な風邪とまったく同じです。風邪のとき、よく寝て休めば治る事を皆さんも知っていると思います。コロナでも同じなのです。

だから、微熱が続くとか喉の痛みとかで一喜一憂しないでください。あなたが怖がれば怖がるほど、体の免疫システムは狂って、正常な防御活動・自己治癒能力が低下します。


心を落ち着かせて、テレビ報道に左右されない。体をしっかり温め、胃腸に優しい料理を食べて、よく寝れば、ほとんどのコロナの症状(後遺症)が消えます。

あとは上記のツボにお灸、マッサージしてみて、ダメだったら漢方薬・鍼灸治療を受ける。これで治らないわけがありません!

(おわり)

  1. 鄭智城先生はアメリカで開業している漢方医。様々な面白い症例があったので、翻訳させていただきました。人物紹介と診療所情報は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。

コメント

  1. はな より:

    ありがとうございました。保存版として繰り返し読むのが良いですね。たくさんの人の目に止まるといいですね。

    • 李哲 より:

      コメントありがとうございます。
      たくさんの人に、鍼灸と漢方薬の良さを知ってもらう事を願います。

    • かんな より:

      とても興味深く読ませていただいてます。

      お伺いしたいのですが。
      子供からうつり、コロナ感染致しました。
      子供はわりとすぐに治りましたが、私は発熱が長引きました。
      寝ていたくても、元気な子供達の事もあり何度か解熱剤を飲んで動くしかありませんでした。

      その後から、胃の痛み、不快感、吐き気が続き、体重もだいぶ減り、酷い日は寝たきりです。

      逆流性なのか、慢性胃炎なのか、わかりませんが、血液検査などは異常がありませんでした。

      後遺症と言われるものかわかりませんが、治療をしていけば治るものでしょうか?

      後遺症としてこれをかかえていくのか不安です。

      今は漢方を(六君子湯)を飲みはじめたばかりです。

      • 李哲 より:

        コメントありがとうございます。
        胃の痛み、不快感、吐き気などは解熱剤の副作用です。
        鎮痛解熱剤を飲んで胃が痛くなった女性は、何人も診ましたから。
        血液検査では現れなくても、辛い症状があることはすでに内臓に問題があることを示します。

        漢方薬もしくは鍼灸治療を受けてください。
        今までの経験だと、胃の痛みはほぼ鍼を刺した瞬間に緩和します。

        六君子湯はどうですかね…1週間飲んでみて効果がなかったら、漢方薬を変えてもらうかもしくは他の漢方医に診てもらったほうが良いかも知れません。

        いち早く諸症状が治ることを願います。