風邪で喉が熱くて痛い女性、外関を刺したらすぐ治った面白い鍼灸症例

この記事は約3分で読めます。

葛根湯飲んでも喉の痛みが治らない女性

こんにちは、李哲です。
鍼の即効性が現れた面白い症例があったので記事にしました。

2019年8月10日
患者さんは30代の女性。
彼女が言うのは、「冷房にやられて風邪を引いたのか、喉が痛いです。葛根湯飲んでたけど、効果がありません。今はほかの漢方薬を飲んでいます(商品名は不詳)」

尺沢に鍼したら喉の痛みは2~3分で治り

いつものやり方で、最初は尺沢穴を刺しました。
15分後に鍼回すとき聞いてみたら、ちっとも変わってない!

私は少し考えてから、尺沢穴の鍼を取りました。そのあと、外関穴に鍼を刺しました。少し回して強い響きが来たら放置。2~3分くらいで手技を終わらせカーテンを閉めるとき、彼女は中でつぶやいてました。

彼女「うん…おかしい…おかしい」
私「どこが辛いですか?」

彼女「いや、気のせいかも知れないけど、喉の熱い痛みは消えました
「鍼が効くときはすごく早いです」

彼女「今治って帰ったらまた痛くなったりしないですか?」
私「治ったら治ったで、明日は再発しません。」

30分後、全部の鍼を取りました。
彼女が言うのは、「喉はもう大丈夫です」

鍼を刺してすぐ喉の痛みが軽くなり始め、30分後には完全に治りました。2回目の鍼も必要なさそうです。彼女はいつも鍼の響きでキャーキャー騒いたけど、今回は頑張ってガマンしたので褒めました(笑)

喉の痛みは、ほかのツボで治す時ある

以前、風邪から来るのどの痛みは、尺沢穴もしくは太衝穴で解決してました。太衝穴の症例は以下をご覧んください。

今回、効かないのは原因が違うと思います。
邪気(じゃき)が三焦に潜んで熱が起きて、喉が痛いです。彼女は喉が熱くて痛い以外、ほかの風邪の症状がないので、邪気が三焦だけにいるからだと思います。

尺沢穴で喉の痛みを治せるけど、外関穴も治せる。その違いは、肺経と三焦経の違いでしょう。臨床でどのツボを使うかは、やはり勉強が必要ですね。

喉の熱い痛みは外関を刺した瞬間から減り始めた

喉の熱い痛みは外関を刺した瞬間から減り始めた

2回目の喉の痛み、鍼1回で治した

以下は追記情報
2019-08-27
彼女はまた冷房にやられて、「喉が痛い・イガイガする」と言ってました。今回も外関を刺して、30分後には喉の痛み・イガイガするのが治り。

「鍼灸はエビデンスに欠けている」と反論する方がいますが、科学的根拠があるものは何度も検証できる理論(方法)です。

証拠を見せても信じてもらえないなら、しかたないですね。

コメント