咳がひどくて肺まで痛い、鼻奥の痰が取れない、発熱、鼻水がとまらない、鼻詰まりを漢方薬と鍼で治した例

この記事は約5分で読めます。
咳がひどくて肺まで痛い、鼻奥の痰が取れない、発熱、鼻水がとまらない、鼻詰まりを漢方薬と鍼で治した例

咳がひどくて肺まで痛い、鼻奥の痰が取れない、発熱、鼻水がとまらない、鼻詰まりを漢方薬と鍼で治した例

咳をしすぎて肺が痛い、透明な鼻水がとまらない、鼻詰まり・頭痛で地獄の苦しみ

こんにちは、李哲です。
風邪の咳、痰が出るのを漢方薬と鍼で治した経過を書きました。参考になると幸いです。

風邪を引いたキッカケ:
2018年2月18日、いつもの5kmを走って汗をかいて来たら、翌日から喉が少し痛くなりました。

簡単な葛根湯だと思いこんで、生薬を買ってきて煎じ薬を作りました。煎じたあとは、こんな感じです(笑)

煎じ薬は見た目も味も美味しくない…

煎じ薬は見た目も味も美味しくない…

葛根湯+白朮、茯苓を飲んで喉痛は消えたけど、その夜から咳と痰がひどくなりました。

おかしい!いつもなら、煎じ薬は1杯目を飲んですぐ効果がわかるのに、逆にひどくなるなんて!鏡で自分のベロを見たら、水っぽい上に黄色の舌苔がある。

しまった~処方間を違えた!
熱さを収める石膏がないとダメ!

急いで麻杏甘石湯+桔梗湯を飲んでしばらくは落ち着いたけど、夜中に咳が連発。同時に鼻水も大量に出ました。寝ながらティッシュをたくさん使い、咳をしすぎて肺まで痛くなり、鼻詰まりもあって、右の頭が痛くなり辛かったです。まさに地獄。

処方箋を変えてから、透明な鼻水・咳はすぐ止まった

2月19日の月曜日。

熱を取る漢方薬に変更したのに、なぜ?
朝いろいろ考えて、小青竜湯+桔梗湯に変更。そしたら透明な鼻水と咳はすぐ止まりました。ただし、右鼻が時々詰まって、頭はボットする。

その後も漢方薬を飲んだけど、片方の鼻はつまって、鼻奥に痰が絡んで出にくい感じ。

熱で頭がぼっとする、鼻詰まりは鍼で治った

2月20日、火曜日。

大量の透明な鼻水はもう出ないけど、たまに垂れる。片方の鼻は詰まり気味。たまに咳が出る。

お昼休みに自分で鍼をしました。
迎香穴。天突穴。尺沢穴(瀉法)。

鍼したあと鼻は通って、頭に熱がこもる感じも減りました。迎香穴に刺してどんな感じかというと、鼻奥を乾燥機が回っている感じ、鼻水がどこかに消えました。おそらく花粉症の方に刺してもこんな感じかな。

午後は熱っぽくて頭がぼっとする感じでした。液門穴と三間穴を刺して、20分後には熱が下がり、頭がぼっとするのは消失。

夜にはまた鼻詰まりが始まり、喉に痰が絡んで出にくい。頭に少し熱がこもる感じ。自分は熱証だと判断したので、夜は漢方薬の麻杏甘石湯+桔梗湯にしました。

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506101420.jpg?resize=800%2C400&ssl=1

麻黄(まおう)の画像

鼻奥の痰、鍼した直後は良いけど効果が持続しない

2月21日。
水曜日。
漢方薬は麻杏甘石湯+桔梗湯。

鼻は通ったけど、鼻の奥に痰が絡んでかんでも出てこない。たまに鼻が詰まってかむと白に黄色が少し混ざった痰が出る。

今日自分に刺した鍼は、迎香穴+天突穴。刺してしばらくは鼻の通りは良いけど、何時間も経つとまたダメになるのがネック。

これは肺兪、風池穴など刺せば通るかな。
でも、一人では刺せない…

小青竜湯+桔梗湯を飲んで5分後に鼻が通り、痰が取れた

2月22日、木曜日。
 白の鼻水に黄色が混ざっているので、麻杏甘石湯を小青竜湯に変更。

昼はまた自分に鍼をしました。迎香穴+天突穴。しかし、鏡を見ながら刺すのでどうしてもうまくできない。無いよりはマシかな…鍼をしたあとは鼻が良い感じ、痰も減ってきました。

夜は小青竜湯+桔梗湯1包ずつ。
飲んで5分後には鼻が通り、鼻奥の取れなかった痰が消えました。掃除機が鼻奥を回って吸い取ってくれる感じ。

小青竜湯すげー!

鼻奥の痰が全部取れて、咳はなし、食欲全開で正常に戻った

2月24日、金曜日。

鼻の通りはだいぶ良い。
痰も出ない。
鼻の奥に痰がくっついてるのが、なかなか取れないのが気になる。鼻をかむと粘った痰が出て頭はどんどんスッキリするけど、ほんの少しの痰が邪魔している感じでした。

少しは鼻声だけど、ほかの症状は良い。
熱がこもる感覚なし、あちこち痛いのもなし、咳もなし、食欲は全開。

2月25日の土曜日には、鼻をかむ事で全部の痰が取れて、やっと終止符を打ちました。

処方を間違えて長引いたのもあるけど、鍼の助けもあってそこまで悪化してなかったです。背中の肺兪など刺せば、もっと速く治ったと思うけど、自分一人ではどうにもならないので、漢方薬をかなり飲みました。 

小青竜加石膏湯の適応症(使うタイミング)

以前『傷寒雑病論しょうかんざつびょうろん』を読んだ時、なぜ小青竜加石膏湯しょうせいりゅうかせっこうとうがあるのか理解できなかったです。

小青竜湯の中の炙甘草(しゃかんぞう)

小青竜湯の中の炙甘草(しゃかんぞう)

小青竜湯は肺の中が寒いときに使う。
石膏は逆に肺の中が熱い時に使うのです。
両者は真逆のものなので、混ぜないでしょう。

しかし、今回は身にしみるほど分かってきました。

まさに私みたいな咳と痰が出る時に使う。
白い鼻水.痰も出るけど、熱がこもる.黄色の鼻水が混ざる時に使うのです。

一般的に風邪の初期は、寒と熱は混ざらない。
 数日経ったりすると混ざる時があります。
あとは、個人の体質によって最初から寒熱が混ざる可能性もありえます。

漢方薬は伸縮自在の治療法

漢方薬は寒熱の区別が必要なので、間違えると私みたいに逆に症状が悪化します。

ただし、漢方薬で悪化してもタ◯フルみたいにマンションから飛び降りたりの副作用はありません。漢方薬を止めれば、またもとの状態に戻ります。万が一戻らなくなった場合、別の漢方薬で治せる。伸縮自在の治療方法とも言えます。

西洋医学の治療は、ほとんど片道切符です。やったらもう取り戻せない。たとえば切り取った内臓・注射した薬…前の状態に戻す事はできないのです。

(おわり)

コメント