発熱・咳・喉の痛みなどの症状で、来院を遠慮しないでください!

この記事は約1分で読めます。

こんばんは、李哲です。
最近、何人も患者さんから話を聞きました。

「発熱、咳があるけど、鍼治療できますか?」
「家族がコロナになったので、しばらく鍼治療は止めたほうが良いですか?」

以下は私の答えです。
あなたがコロナ陽性であろうと、偽陽性であろうと、関係ありません。辛い症状があったら、早めに来てください。鍼ですべて改善できます」

日本人の思いやり、遠慮がちは良いこともあるけど、こんな時は全く意味不明です。

辛い症状は早めに治すべきでしょう?
落ち着いたら、鍼治療に来て何を治すんですか?

自分で治す力がないから、病気になったでしょう?
免疫低下は自宅療養で治りますか?

コロナはあなたが自粛しているから収まるものではありません。あなたの諸症状が早めに治ったほうが、周りの人への本当の気配りです。

病院を含むいろんな施設では、発熱する患者を拒否したりしますが、当院は全く違います。

辛い症状があったら、遠慮しないで来院してください。
私も早めに治るように最善をつくします。

注:私はノーマスクです。
「先生がマスクしないと嫌だ!」という方は、鍼治療に来ないでください。

コメント