ALSの漢方治療例:2ヶ月で両肩が動けて、足指の屈伸運動ができるようになり、体も暖かくなってきた

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、李哲です。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)、西洋医学では不治の病です。まだ原因不明で、有効な治療法もありません。しかし、中医学ではその原因と治療法が分かります。以下の漢方治療例を見れば分かりますが、ALS患者さんは2ヶ月で冷たい手足が暖かくなり、肩・手足の可動域が広がりました。

詳しくは以下の翻訳文をご覧ください。倪海厦(ニハイシャ)先生の弟子:陳先生*1が書いた治療例の翻訳文。中国語本文のリンク先は、ALS患者(漸凍人)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんの症状、中医学の診断・処方

初診は1997年11月10日。
ALSが発作したのは1994年。
患者さんの主な症状は、

  • 顔色は黒
  • 食欲はまだ可
  • 手足は冷たい
  • おでこは熱い
  • 小便は薄い黄色
  • 睡眠の質は悪い
  • 逆流性食道炎で胃が辛い
  • 大便は毎日1回(西洋薬の軟便剤を飲んでいる)
  • 手足は空気が入ったように腫れて動けない
  • 話しても2つの単語、言葉がはっきり出ない

眼診で分かるのは、

  • 心臓の陽気が足りない
  • 脾臓の区域が大きすぎ
  • 腎臓の陽気はまだ良い

他にある自覚症状は、

  • 舌は赤くて、舌苔は乾いてない
  • 口の中が粘る
  • 喉に痰がたくさんある感じ
李哲の説明:
喉に痰がつまって咳が出る患者はたくさん治療しました。漢方薬は効果バツグンですが、鍼も即効性に優れています。一つの記事があるので参考になると幸いです。

腰痛、坐骨が痛い、咳と血痰が出るのが鍼と漢方薬で治った例

治療法則:心臓と脾臓の陽気を補充。

処方箋(単位は銭):

  • 柴胡3
  • 鬱金(ウコン)5
  • 黄芩(おうごん)2
  • 竜胆草2
  • 半夏2
  • ナマのトリカブト(附子)3
  • 黄連2
  • 乾姜3
  • 炙甘草3
  • 桂枝3
  • 澤瀉(ダクシャ)5
  • 茯苓3
  • 白朮3
  • 竜骨5
  • 加工したトリカブト(附子)3
  • 補骨脂2
  • 川窮 1
  • 当帰3
  • 黄耆5
  • 防已2
  • 地竜1.5

ほかの市販の粉薬:脾臓の強化と大便を出すためのやつ。

黄耆(おうぎ):脾臓と肺の気を補う生薬

黄耆(おうぎ):肺と脾臓の気を補う生薬

漢方薬治療してから症状の変化

漢方薬を飲んだあとの自覚症状の変化を詳しく説明します。

漢方薬飲むと、2~3時間くらい手足が暖かくなる

12月10日。
4回目の診察。

逆流性食道炎で胃が辛いのは治りました。
患者さんが言うのは、「漢方薬を飲んでから手足が2~3時間くらい暖かくなり始めました」。顔色は黒いのがなくなっています。

李哲の説明:
逆流性食道炎の胸焼け、気持ち悪いなどは足つぼ整体・鍼灸でも治せます。漢方薬ほど早くないかも知れませんが、回数を重ねれば治る。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

「永遠に治らない」逆流性食道炎、胃酸の逆流が治り、背中と首肩の痛みも良くなった例

今は漢方薬飲んだあと、

  • 目が疲れた感じでよく見えない
  • 心臓の動悸がある
  • 首がこる
  • 両足はむくむ
  • 小便の量が少なくて、小便の時に熱く痛くなる

処方箋は以下のとおりに変更。

  • 柴胡3
  • 鬱金5
  • 黄芩2
  • 竜胆草2
  • 桂枝3
  • 澤瀉5
  • 茯苓3
  • 白朮3
  • ナツメ2
  • 加工したトリカブト3
  • 芍薬3
  • 黄耆5
  • 麻黄1
  • 通草1

※ナマのトリカブトを飲んで中毒反応があったので、ナマのトリカブトを削除。

12月18日。
5回目の診察。

よく見えないのと動悸は治り、足のむくみは消えて、小便の時に熱いのもない、小便の量も可。

12月25日。
6回目の診察。
前回の処方箋に防已2を追加しました。

1998年1月2日。
7回目の診察。
乾姜2を追加。

李哲の説明:
以下はよく見えない、動悸など治した鍼治療例。乳がんは治せていませんが、患者さんの生活の質をあげることはできました。

ベタベタ汗は鍼して間もなく止まり、夜になると見えにくいのも治った。息切れ・両足の冷えは著しく改善し、黒い髪の毛が増えてきた:末期乳がんの鍼治療例(1/4)

体の腫れが引いて、手足の温度はだいぶ上がった

1998年1月9日。
8回目の診察。

処方箋から防已2を削除。
細辛1.5と白僵(ビャクキョウサン)を追加。 

今回の診察でみたら、空気が入ったように体が腫れているのは、ほぼ正常に戻っています。もちろん、治療中に手背のシワがなくなったのも、徐々にシワが戻って来ました。これは陽気が流れていることを示します。

李哲の説明:
たまたま、空気が入ったように腫れて辛い女性がいました。運良く一回で治ったけど、ほかの患者さんも1回で治るとは限らないです。

急の腹痛でまともに歩けない、全身に空気が入ったように腫れて辛いのを、鍼1回で治した例

同様に、患者さんは漢方薬を飲んでから手足が暖かくなり、徐々に普段の手足の温度も上がってきました。

粉薬は以下の物に変更(単位はグラム)。
当帰四逆湯9、葛根2、麻子仁丸3。 

両手の腫れは引いて、体の動きが前よりだいぶ改善

1998年1月16日。
両手の腫れはなくなり、患者さんは屈指運動が少しできました。リハビリ運動を続ける事をすすめました。

処方箋は変わらない。
「麻子仁丸」では排便が出切れないので、小承気湯4に変更。

1998年1月23日。
進歩はたくさんありました。
両肩は上がる、両足の指も屈伸運動ができて、動ける幅が広くなりました。

1998年1月30日。
両足がむくんでいるので、もとの処方箋の黄耆を5から10に変更。舌は赤く、苔は少なくて白潤。

まとめ:ASLの原因と治療方法

ALS患者さんは望診だけで分かる

ニハイシャ師匠からずっと教わったのは、陰と陽を分別することです。

  • 陰は目に見えるもの。
  • 陽は見えないもの。

四肢は脾臓がコントロール。
四肢の筋肉の収縮をコントロールします。
患者さんは四肢が動けないので、脾臓の陽気が足りないと判断できます。

李哲の説明:
手足の力がなくなるのは小児麻痺にも見られるし、ほかの病気でも見られます。たとえば難病指定されている重症筋無力症。西洋医学では不治の病だけど、中医学では治せる。以下、関連症例で説明しているので参考になると幸いです。

重症筋無力症の原因は「陽明」にある。15回で重症筋無力症を治した鍼灸症例をもとに説明します。

心臓は血脈を司る。
脈絡が順調に流れば、詰まりなし。
しかし、患者さんは四肢が腫れているので、心臓の陽気が足りないと判断しました。

言葉がうまく話せないことから、更に心臓の陽気が足りないのが分かります。

以上のことから、治療法則は一目瞭然。
同様に、この原理は病気が進歩したか悪化したかも判断できる。

腎不全で透析をする患者さん、もし記憶力が良くなり、白髪が黒い髪になり、大小便が正常になったら、患者さんの腎臓が回復したのが分かります。

だから、ALS患者さんの四肢が暖かくなり(心臓の熱が四肢まで行けること)、指が動ける(脾臓の働きが戻ったこと)。

以上の症状で、我々あ病気が徐々に良くなっていることが分かります。

師匠はよく言ってるけど、中医学は外に立って中になにがあるかが分かる学問。『難経なんぎょう』にも書いてあるのは、「望而知之謂之聖」

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、ニセの陰虚症状がある

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、もともと心臓の陽気が四肢に行けなくて、上に逆流してベロが赤くなり舌苔がなくなります。つまり、ニセの「陰虚」症状。

そのもとは、心臓の陽気が四肢に行けないこと。理由は途中で詰まりがあり、心臓の陽気が逆流するのです。だから、治療法は陽気を流して、つまりをなくすのがメイン。 

心臓の陽気が順調に流れれば、空気が入ったように身体が腫れるのもなくなる。舌苔も徐々に戻ってきます(熱が逆流しないから)。

患者さんが漢方薬を飲んだあと、2~3時間は暖かさを感じるのを見ると、漢方薬は症状に合っています。ベロが赤くて舌苔がないから、陰虚だと判断して陰ばかり補充すると、病気は悪化するだけです。

李哲の説明:
漢方薬だけではなくて、鍼治療後も体が温かくなるかどうかで治療効果を判断します。一般的に鍼をしたあとは、手足・体が温かくなります。ならなかったら、冷え性がひどい事を示す。以下は一つの鍼治療例、参考になると幸いです。

ひどい冷え性のおばさん、鍼して帰るときは体がポカポカになる。

師匠がよく言うのは、「陽気が戻れば、陰は自動的に生まれる」
弟子の蛇足ですが、「陽気が通れば陰は自動的に消える」と解釈しております。

弟子 陳医師 報告

ニハイシャ先生の評価:西洋薬がALSを作り出している!


筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因は、陽気がものすごく足りないからです。

なぜ陽気がここまで非常に足りないのか?
これは西洋薬のお陰。

全ての抗生物質は、身体の陽気を破壊します!

抗生物質で尿失禁になったアメリカ人はたくさんいます。以下の記事は、様々な西洋薬の害を暴露しました。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は前世紀に発見したもので、大昔にはこんな病気がなかった。昔はなかったけど今ある病気は、すべて西洋薬の傑作!

  • 認知症(痴呆)。
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)。
  • 自閉症。
  • 多動児(たどうじ)。
  • 小児の白血病と悪性脳腫瘍など。 

すべて製薬会社の傑作。

李哲の説明:
なぜ昔は認知症がなかったのに、今は伝染病みたいに流行っているのか?最大の原因、西洋薬の濫用に関して、私が臨床で見た症例を含めて小論文を書きました。参考になると幸いです。

認知症を予防する唯一の方法:病院の薬を止めること!認知症の初期症状は短期記憶障害!

製薬会社が一番得意なのは、病気を作り出すこと。

これは欧米人が信じている神さまとまったく違う。

製薬会社の人は皆知っています。神さまは命の奇跡を作ってあげるけど、悪魔は病気と苦痛を作る専門家。二者の目的は違うので、世の中には自然に正と邪の対立があるわけ。

この悪魔みたいな西洋薬の製薬会社をぶっ壊さない限り、人類の安定した生活は無理!

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190425/20190425171128.jpg?w=1186&ssl=1

陳医師は非常に若くてレベルが高い中医師です。将来は必ず輝く星になるでしょう。私は台湾の住民たちの代わりに嬉しいです。なぜなら、素晴らしい漢方医がもう一人増えたから。彼は医学知識が豊富だけではなくて、慈悲な仏様のような心も持っています。

患者さんが彼に出会ったのは本当に幸運です。

(おわり)

*1:陳先生は台湾の漢唐中医診所の先生です。診療所の情報は、倪海厦先生の台湾診療所オープン 記事をご覧ください。

コメント