お父さんの糖尿病治療記録(下):尿の泡は完全に消えて、歩くのがとても楽ちん。血糖値もほぼ正常になった。

この記事は約7分で読めます。

漢方薬を変えてから、尿の泡は完全に消えて、歩くのがとても楽ちん

こんにちは、李哲です。
お父さんの糖尿病、主に漢方薬での治療記録、続きの記事です。前回の治療内容は以下をご覧ください。

超苦くてまずい煎じ漢方を2ヶ月くらい飲んでも、お父さんの座骨神経痛はよくならなかったです。歩くのは良くなっているけど、お尻の側面(大腿骨の転子部)が痛いのは緩和してない。尿の泡は多くなったり減ったり、血糖値も下がったり上がったり不安定でした。

そこで、戦略を変えて錠剤にしました。はちみつと生薬の粉を混ぜる作り方です。変えた主な理由は、煎じ漢方が高い、錠剤のおそらく2~3倍の値段になるからです。

錠剤にして飲み始めて1週間。
尿の泡が完全に消えて、坐骨神経痛はほぼ治り、歩くのはとても楽ちんだと言ってました。

飲み始めて1ヶ月くらい経って、お母さんから話を聞きました。

昔は足を引きずりながら歩いて、いつも後ろにいた。今は自分より早くて、追いつけない。昔は徒歩1時間半くらいの散歩道を何回も休まないと完走できなかった。今は休まなくても2~3周歩ける。

お父さんがいつも気にしてた血糖値も9くらいに下がって、ほぼ正常値になっています。

坐骨神経痛の再発は、外食で味の素にやられたから

しかし、2ヶ月くらいのあと、お父さんの骨盤痛はまた出ました。私の推測ですが、外食が多くて腎臓を傷めたと思います。何故かというと、今の中国料理は味の素をたくさん使うから。(日本ではアミノ酸だと省略して書いてます)

味の素を使う主な理由は、人間の味覚を騙して、美味しく感じさせるからです。しかし、味の素は腎臓にとても悪い!

中華料理は味の素に気をつけてください!

中華料理は味の素に気をつけてください!

料理の中に味の素がたっぷり入っているかどうか、判断するのは簡単です。

食べ終わった後に、とても喉が渇いて水が飲みたくなる。

これは味の素が腎臓を傷めて、口の中の液体が消えるからです。中医学の理論で、口の中を潤うのは腎臓の栄養(津液)だと言います。

一般の料理は食べ終わって、そんなに何杯も水が飲みたくなりません。しかし、味の素たっぷりの料理は違う。食べ終わってからとても喉が渇くのです。

味の素.白砂糖に関しては、漢方を飲む前からよく話したのに、やっぱり気を抜いちゃったみたい。外食を控えて、味の素たっぷりの料理さえ避ければ、お父さんの座骨神経痛などは二度と出ないはずです。

お父さんが飲んだ丸薬の説明

この前、親と電話したら、お父さんが話してました。
「あの漢方は何なんなの?超良いから死ぬまで飲みたい!」

私は笑って答えました。
「あれは自然な滋養強壮薬だから、死ぬまで飲んで良いです。1~2年飲み続ければ白髪が黒髪になりますよ」

お父さんに教えたのは、六味地黄丸ろくみじおうがんを元にしてアレンジしたもの。

六味地黄丸ろくみじおうがんは中国で最もポピュラーな漢方薬で、日本でも完成品が売っています。自然な生薬のサプリメントだと言えるものです。しかし、一般の市販薬だと医書に書いたような著しい効果は出ない。(長い間飲めば、効き目があるかも知れません)

何故かというと、処方箋はあっているけど、組み合わせの比例が違うから。今の六味地黄丸ろくみじおうがん は、生薬の比例を自分勝手にして、昔の医書に書いたように比例を守ってない。だから、飲んでも著しい効果はないのです。

六味地黄丸ろくみじおうがんをアレンジして諸症状を治した例が一つあるので、参考にして下さい。

治療途中で自分の勉強不足で悪化したけど、お父さんは最後まで飲んでくれて結果的に良くて、今はホッとしてます。

西洋医学の治療を受けてない糖尿病患者と受けた患者の比較

お父さんは漢方薬を飲みながら、私に話したことがありました。周りの二人の糖尿病患者。

一人の親戚のおじさん。
血糖値はお父さんよりも高い。
しかし、そのおじさんは西洋薬が大嫌いで飲んでない。運動と食事で治しています。

西洋薬を飲んでないのに、目もよく見えるし、体調がそんなに悪くもない。お父さんは私が説得した内容は正しいと言ってました。血糖値が高くても、白内障.脳卒中にはならない。

もう1人。
実家の近隣人。
糖尿病で治療を受けたそうです。

西洋薬の治療で今はどうなったか?
今は糖尿病性壊死で踵が腐っている。歩くことすらできなくて、どんどん衰弱している。このままだと、おそらく足の切断から始まって、最後はお腹まで切って死ぬしかないだろう。昔の亡くなった台湾大統領みたいに。

気の毒ですが、縁がない方にはどうしようもない。

血圧が200なのに、誰よりも元気なおじさん

親戚のおじさんの話で、もう一つ思い出したけど、そのおじさんは高血圧症(200近くある)です。西洋薬を飲んでないけど、誰よりも元気に活動しています。市街のおばあさんたちには、ダンスが旨い小デブちゃんだと言われてます。

ちなみに私のお父さん。
高血圧症で血圧は200。
前は血圧を下げる西洋薬を飲んだけど、今は何も飲んでいません。

通っている患者さんから聞いたのは、何十年前の日本でも標準血圧が180だったそうです。いつの間にか140まで下がったでしょう。まあ、下げれば患者さんも増えるから。

虚しい中国の中医学

家族の健康問題はまだ全部解決できてないけど、少なくともお父さんの糖尿病はほぼ完治。これからはお母さんの難病を解決…

足ツボ.整体でも長期間の施術で、坐骨神経痛とか高血圧症とか治せます。ただし、国内にいないので、漢方に頼るしかない。

中国は中医師がたくさんいるのではないか?と不思議だと思う人がいるかも知れません。

確かに。
たくさんの中医師がいます。
しかし、正しい中医学を習った先生は小人数。大多数の中医学の先生は、「手術しなさい!」「抗癌剤やりなさい!」と言います。

「中国だから、みんな漢方薬で治している」と勘違いしないでください。西洋薬の方が圧倒的に普及されて、病気になったら病院に行くのが当たり前だと思っています。

また、中医学も温病派と経方派、2つがあります。温病派の先生が9割超。温病派の中医学先生は小さな病気も治せないし、大きな病気はさらに病院へ押し込みます。そして一般人は中医学をどんどん信用しないわけ。

温病派は経方派は何が違うのか、以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

良い医療を提供したい

10何年前、大学進学の時、中医学の医学部を選択して変人扱いにされ。卒業した後は、正しい中医学知識を持ってなくて、なんの病気も治療できなかった。

とても恥ずかしかった。
しかし、今は昔と違う。
少なくとも正しい道を歩んでいる。
まだまだ拙い者だけど、これからは親の健康を私が守ってあげたいです。

元気に長生きさせたい。
病気で死ぬことはないように。
親はもちろん、ほかの患者さんにもいい治療ができれば!と常に思います。

私のお父さんの例を書いたのは、皆さんに理解してもらいたいからです。

糖尿病、高血圧症は怖い病気ではない。
死ぬまで飲む西洋薬も要りません。

体は自然に高血圧症、高血糖症に慣れるから、わざわざ下げるほうが危ない。生活習慣さえ見なおせば、他の辛い症状は中医学で治せます。

(おわり)

コメント