お父さんの糖尿病治療記録(上):漢方薬で歯茎の炎症が治り、尿の泡・腰痛が減ったけど、1番ひどい股関節痛は改善されない

この記事は約9分で読めます。

お父さんが糖尿病になった経由

こんにちは、李哲です。
糖尿病治療の記録、長文失礼しますが、参考になると幸いです。

患者さんは私のお父さん。
お父さんが糖尿病になったのを聞いたのは、去年の話でした。当時、いつもの国際電話をかけた時、お母さんから聞いたのは、お父さんが糖尿病でインスリン注射をしている。

お父さんはすでに年配者になり、体調が多少悪いのは知っていたけど、糖尿病でインスリン注射をするなんて青天の霹靂でした。

なぜ糖尿病だと言われたか、私は詳しい経由を聞いてみました。

お父さんはある日、目がよく見えなくなって病院に行ったら、病院の先生が検査して「血糖値がとても高いから目が見えなくなった!」と言われたそうです。

中国で正常な血糖値は、6~7だと言われています。お父さんのはその3倍の数値。そして、お医者さんは「インスリン注射で血糖値を下げないと、白内障.緑内障で失明する。脳卒中になる!」と言ったそうです。

何の医学知識もないお父さんとお母さんは怖くて、そのままお医者さんの言いなりになり、インスリン注射を受けました。これが糖尿病の簡単な経由。

私が心配してるのは糖尿病ではなく、あのインスリン注射です。打ち始めてすぐ止めればまだ良いけど、何年も打ってきた場合は回復にとても時間がかかります。何故かというと、インスリン注射は膵臓の退化を促進する。

膵臓の代わりにインスリンが体内に入るから、膵臓が退化して完全に機能しなくなるわけです。膵臓が完全に眠ったら、本当に残りの人生はずっと漢方を飲み続けるかも知れません。

血糖値が下がったのに、なぜ目が見えない症状は改善しないのか?

西洋医学ではインスリン注射をしないと、高血糖値で白内障.緑内障.脳卒中になると言うけど、これは嘘だらけ!

緑内障.脳卒中は高血糖値が原因ではなく、糖尿病治療薬の副作用から来ている。

一つだけ反論します。
お父さんは病院の検査で、血糖値がとても高いから目が見えなくなっていると言われました。

OK。OK。
お医者さんの話が正しいと仮説します。

インスリン注射を受けたお父さんは、翌朝に血糖値がすでに良くなったけど、目は何も変わってない。相変わらず見えない。親愛なる先生よ、なぜかを説明して下さい!

足の切断から始め、最後は死んだ蒋経国のことで説得

お父さんのインスリン注射を止めさせるために、相当時間がかかりました。毎週国際電話をかけて説得。

最初は亡くなった台湾大統領:蒋介石の長男、蒋経国1の話をあげました。これはニハイシャ先生2の治療日記でも上げたことがあります。

糖尿病の大統領が西洋医学の最先端治療で、最後は足から切断し始め、切る所がなくて死んだ。大統領すら死んだのに、一般庶民は良くなるのか?考えなくても分かることです。

日本では蒋介石、蒋経国はあまり知られてないけど、中国だとみんな知っている。だから、説得力はありました。

幸いなのは、お父さんもインスリン注射を止めたい。中国のテレビ番組で漢方で糖尿病を治したのを見たことあるから、尚更インスリン注射をしたくないと言ってました。ただし、お父さんが怖がっているのは失明と脳卒中。

私はお父さんとお母さんを説得しました。
血糖値が徐々に高くなると、身体はその環境に慣れる。むしろ下げようとするのが危ない。目がよく見えない.飛蚊症などは、肝機能低下が原因。これはお父さんの長年のお酒と関係してる。血糖値が高いのは、食べてすぐ寝る習慣があるから。お酒の量を減らして、食後にすぐ寝る習慣さえ直せば、血糖値は徐々に下がる!

杞菊地黄丸を飲んで、インスリン注射を止めてから体調不良にはなってない

いろいろ説得したあと、漢方薬の杞菊地黄丸こぎくじおうがん をオススメしました。安いし、手入れがとても簡単で、長い間飲んでも大丈夫なものです。

お父さんとお母さんは、「漢方薬は買って飲んでみる。インスリン注射を怖いけどやってみよう!ただし、徐々に量を減らして行くね」と話しました。その後、お酒の量は減り、ほとんど飲まなくなった。夕ご飯食べてすぐ寝る習慣も改善されてました。


杞菊地黄丸こぎくじおうがんを飲みながら、インスリン注射を徐々に減らし。2~3ヶ月経った時、お父さんはインスリン注射を完全に止めてました。

たまに血糖値を測っているけど、「血糖値は全然落ちないね!「明目地黄丸」 は本当に効いてるの??」と冗談半分で言ってました。

でも、お父さんの体調はインスリン注射を受けてる時より良い。
良くなっているかどうかは、患者さん自分で分かるから。

血糖値がすごく高いのに、体調がインスリン注射の時より良い。目の調子もそんなに悪くはない。これはブラックジョークです。

お父さんの目が安定したのは良かったけど、他にまた教えてくれなかった自覚症状がありました。更にひどいトラブル(自覚症状)。海外にいる息子を心配させたくないから、わざと病状を隠したでしょう … …

父が隠してたひどい症状

お父さんが言ってない自覚症状は以下の通り。

歯茎の炎症が全然治らなくて、入れ歯が使えない

入れ歯のために、歯を全部抜いた。
しかし、インスリン注射をしてから、歯茎の炎症は全然治らない。入れ歯の模型が完成しているのに、傷口炎症が治らなくて使えない状態なのです。

これは当たり前の話です。
インスリン注射で膵臓などの臓器が眠ってしまい、自己回復機能が壊れているから。わずかな炎症でも自分で治せないのです。

インスリン注射を受けると、最後には足が腐るのを知っていますか?これは治療薬の副作用からくるものです。しかし、西洋医学は美名をつけて、糖尿病性足潰瘍とうにょうびょうせいあしかいようといい、両足の切断手術を薦めます。

壊死になる理由を簡単に説明すると、糖分が下半身に溜まったままになるので、最後は腐るのです。牛乳を置きっぱなしにすると、酸っぱく腐るのと同じ。

もし、インスリン注射.内服薬などなければ、足が簡単に壊死なんかしません。これは後ほどで事例で説明します。

お父さんはインスリン注射を止めて、しばらく経ってから歯茎の傷口は自然に良くなりました。入れ歯を使って、その後は美味しくご飯を食べています。

もし、インスリン注射を止めても傷口が治らない場合、中医学は治療方法がまだあります。糖尿病性足潰瘍とうにょうびょうせいあしかいようを治せる簡単な理屈は、血行をよくして血が止まらないようにするから。

小便の時、白い泡がとても多い

これは腎臓衰弱の証拠です。

西洋医学の言葉で言うと、タンパク質が尿から流出する時です。
尿蛋白が多い時は、小便した後に白い泡が浮く。
酷くなると人工透析をするかも知れません。

お父さんは自分でよく観察したそうです。
血糖値が良い時は、尿の泡が少ない。
血糖値が高くなると、尿の泡が増える。

だから、お父さんは「血糖値を測らなくても分かるよ!」と言ってました。

西洋薬を飲んでも治らない中耳炎

お父さんは中耳炎を患い、西洋薬を入れても再発。耳が痒すぎてイライラする。大人の中耳炎、難聴で片耳が聞こえなくなったのを漢方薬で治した例 でも書きましたが、これは腎臓が弱いからです。

インスリン注射は脾臓もダメになるけど、腎臓も壊れます。だから、中耳炎がなかなか治らないのです。

股関節痛で10分の距離も歩けない

一番悪い自覚症状は、腰と大腿骨の大腿骨転子部(お尻の側面)がとてもだるくて痛い。大腿骨転子部が痛いから、まともに歩けない。10分くらい歩くと、しばらく休むしかなかった。

大腿骨転子部が痛い時は、また腎臓と関係あります。腎臓がとても弱くなると、お尻の側面の骨が痛くなるのです。昔のお父さんは、ただ腰が重だるいだけでした。しかし、インスリン注射を始めてから、以上の重症に転がり。

糖尿病は中医学で「脾臓」(五行説では土)の問題だと言います。この「脾臓」の中には、西洋医学のすい臓系も含んでいる。

脾臓に問題が出ると、次に腎臓が弱くなります。
五行説で言うと、「土克水」。

前の記事で話したけど、インスリン注射は脾臓を眠らせます。つまり、インスリンのおかげで、脾臓がどんどん弱くなる。脾臓がどんどん弱くなると、腎臓の問題もひどくなる。だから、お父さんの腎臓は大ダメージを受けたのです。

煎じ薬を飲んでからの変化

杞菊地黄丸こぎくじおうがんを薦めた以外に、また煎じ漢方薬をすすめました。

加工したトリカブト(制附子)は30g。
肉蓯蓉は50g…など。

2週間くらい飲んでから、変化を聞いてみました。

  • 耳が痒いのは2,3日で治った。
  • 目の調子は良い。
  • 尿の泡が減って、全然出ない日もある。
  • 腰の痛みは楽になった。
  • 股関節痛は変わらない。歩くのはまだ大変。

何故か、漢方薬を飲んでから、一日何回も下痢になる。腸の中が空っぽになる感じだそうです。

私はお父さんに説明しました。
「わざと肝臓の化学毒素を出すために、解毒の生薬を入れている。しばらく経ってから下痢にならないはず」そして、また2週間の分を飲ませました。

反響は同じ。
下痢の症状が無くなっただけ。
2ヶ月くらい飲ませても反響は同じ。
一番肝心な股関節痛は変わってない。

途中で処方箋は何回も変わっています。
使用してる生薬の量も少ないのが20g、多いのは50g有りました。

中国の漢方薬局の先生は処方箋を見て、「こんな苦い処方箋は見たことない!貴方飲めるの???」と質問したそうです。しかし、お父さんは文句言わず、ずっと飲み続けてました。

それなのに、予想通りの効果は出ない。
私は焦りました。

処方箋で何がいけないだろう…
なんとかして、早くお父さんを歩かせないと!

~続く~

  1. 蒋経国は蒋介石の長男、元台湾大統領。彼は就任中にハンセン病センターを視察し、患者さんと握手までしました。
    人格はとても尊敬します。
    ただ、西洋医学の治療で命を落としたのは遺憾ばかり。
    国民の為に!という大統領.総理たち、貴方はこんな度胸ありますかね?ハンセン病患者と握手できますか?
  2. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

コメント