子供の食欲がない原因は①先天的不足②病院の薬・ワクチン③ファーストフード。食欲不振を治すなら中医学治療!

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの中医師:鄭智城先生1の文章、为什么小孩子总是没有胃口吃饭_郑智城_新浪博客(2015-03-14発表)を翻訳しました。

子供の食欲不振の原因を解釈し、治す方法も書いてあるので、参考になると幸いです。

子供の食欲不振は、弱った脾胃が原因

子供の食欲がないのは、大きな問題です。
たくさんの親はこの問題で、頭が痛くなっています。

子供は食卓に座ると、これも食べないあれも食べない。
もしくはモグモグしながら飲み込まない。
もしくは食べながら他の所に集中力が行って、ちゃんとご飯を食べない。

食欲は脾胃と関係があります。
脾胃が強ければ、よく食べれてよく消化ができます。

だから、ご飯を食べない子供は、10人に9人は脾胃が弱いです。顔色が黄色くて集中力がない、寝てくれないのが一つの特徴。

子供の食欲不振の原因

なぜ子供の脾胃が良くないのか?
原因はいろいろあります。

第一:先天不足(お母さんの体質)

これは主にお母さんの体が原因です。

子供の体質は、主にお母さんからもらっています。
ほとんどのお母さんは脾胃が弱い。

脾臓は筋肉を司る。
あなたは男性よりも筋肉隆々な女性を見たことありますか?
いますけど少ないです。

あなたは女性が男性より食欲が良いのを見たことありますか?
いますけど少ないです。

もし、お母さんがダイエットのために断食したら、子供の脾胃はまた更に悪くなります。また、お母さんが長期的におりものが多い、陰部の炎症などの問題があったら、子供の自閉症になる確率もだいぶ上がります。

だから、女性がもし出産したい場合は、半年前から中医学の治療で脾胃を強化した方がいいです。そうじゃなかったら、生まれた子供にはキリがない苦難が始まります。

第二:西洋薬で脾胃がやられている

アメリカ人は統計を出したことがあります。

アメリカ人の第一位の死亡原因は、病院の薬!
自然死亡ではなくて、現代医学からの医原性疾病と医原性死亡です。

子供も例外ではありません。
子供の大多数の病気は、生まれてから接した様々な西洋薬と関係があります。

例えば、生まれて12時間以内にするB型肝炎ワクチン、ビタミンK(アメリカ人はビタミンKと小児黄疸の関連性を強く疑っています)その後は、しょっちゅう接種するワクチン。

李哲の説明:
鄭先生は他の記事で反論しました。B型肝炎の感染ルートは性交渉・覚醒剤中毒なのに、なぜ生まれたばかりの赤ちゃんにB型肝炎ワクチンを打つ必要があるのか?詳しくは以下の記事をご覧ください。

B型肝炎ワクチンの危険な副作用:赤ちゃんは感染率ゼロなのに、なぜ打つ必要があるのか?

子供はワクチン接種後に脾胃がやられます。
(1998年イギリスの胃腸科の先生Andrew Wakefieldが、この関連性を発見してから20年以来、世界各国の研究はこの理論を証明しています)

胃腸がやられると、もちろん食欲がなくなります。
ひどい場合、子供は食事に興味すらない、毎日ウトウトする。これは非常に危険な状態

李哲の説明:
鄭先生は自分の娘2人を比較しながら、ワクチンの害を述べました。生の症例があるのに信じないなら仕方ないですね。

ワクチン接種後、食欲不振になり性格もおかしくなって大人の話を聞かない長女。反面に、ワクチン1本しか打ってない次女は全く違う。

もし子供が発熱.風邪で抗生物質などを使った場合、舌苔までなくなります。子供の胃腸は弱くなり、更にご飯が食べたくなくなる。

子供が食べないと親は焦って、何でもかんでもお医者さんに診てもらいます。そして病院の薬がさらに増える。悪循環の一方。

第三:ゴミ食品(ファーストフード)の悪影響

食欲不振の子供は徐々に糖分とデンプンが多いゴミ食品が好きになります。例えば西洋のファーストフード。

ファースト食品は、アヘンと性質が似て中毒性があります。
長期的な偏食は栄養不良になり、子供はイライラしやすくなって、性格がおかしくなります。オタク、結婚しない、引きこもりで親に養ってもらう。一連のあなたの想像以上の結果が出ます。

李哲の説明:
ファーストフードの代表は甘いお菓子、菓子パン、ジュースなどです。
共通点は甘い!
子供が甘いものを好むのは、間違いではありません。
問題はほとんどのファーストフードが使用している人工甘味料、体と智能に悪影響が出るから駄目だと言うのです。

しろ砂糖・人工甘味料が体に悪い2つの理由①依存性②脳がダメになる【中医学理論と臨床経験で説明します】

以上を述べ、子供の食べない現象は珍しくない、とても起きやすい事です。

先天不足の上に、後天的な西洋薬の害が多くて避けられません。

解決策は中医学治療を受けて、ファーストフードを止める

具体的にどうすれば良いのか?

一つは中医学の治療を受ける。
漢方薬には胃腸を良くする生薬がたくさんあります。例えば人参.白朮。

李哲の説明:
食欲不振を治すのは、漢方薬はもちろん効果バツグンです。ほかには、足つぼ整体・鍼灸などの治療方法もあります。以下は足つぼ整体の症例、参考になると幸いです。

腹痛・下痢が続くクローン病は5ヶ月で治り、ご飯も美味しくなって疲れにくくなった【足つぼ整体の症例】

次は、西洋のファースト食品を止めさせる事。
このような食品の害は、覚醒剤.アヘンと違いがありません。
身体は食べたあと栄養になるところか、毒素だらけの身体になります。

ファーストフードを長期間食べると子供は顔色が悪くて痩せ型、もしくは太り過ぎ。性格がおかしくなり、智力低下にもなります。

最初の治療段階は、米と麺類を禁止するかも知れません。
なぜかと言うと、米と麺類は彼らにとって消化しにくいものだから。

  1. 鄭智城先生はアメリカで開業している漢方医。様々な面白い症例があったので、翻訳させていただきました。人物紹介と診療所情報は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました