1週間で下肢静脈瘤が50%減った男性。不眠症・血尿が1週間で治った女性。

この記事は約6分で読めます。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、医案两则:静脉曲张和小便出血_郑智城(2011-08-11発表)

下肢静脈瘤は手術しても再発するから、まったく無意味!

たくさんの人は、足もしくは陰囊のところに下肢静脈瘤があります。

陰囊は言わなければ分からないけど、足の方は目立ちますね。たくさんの血管が、ミミズみたいになって見にくい。

西洋医学の解決策は手術。

しかし、根本的な解決策ではないので、その後は再発します。再発したら、また手術。

皆さん、足の親指で考えても分かります。

これは全く無意味の手術。

下肢静脈瘤が1週間で50%減った男性

以前なら、私も静脈瘤に関して良い治療法がなかったです。1~2人治療してたけど、著しい効果はなかったです。でも、最近になって成功した例がありました。

患者さんは白人の中年男性。

2日の漢方薬で胆嚢結石が治った人が連れてきました。

以下はもう一人、ニハイシャ先生の胆嚢結石の漢方薬治療例が入った記事。参考になると幸いです。

この中年男性はニューヨークで高価なタクシー運転手、リンコンなどの車を運転する人です。

中年男性の顔色は蒼白で、手足は氷みたいに冷たい。

脈診では沈微。精神状態はまあまあ良い。

彼が言うのは、足がたまにしびれる。

陳述しながらズボンをあげて、下肢静脈瘤もあると見せてくれました。虚証が著しいので、1週間の漢方薬を渡しました。黄耆桂枝五物湯(おうぎけいしこもつとう)をアレンジしたもの。

f:id:li-hari:20180428154153j:plain

桂枝(けいし、シナモン)の画像

1週間後、寒くて死にそうな日、彼は時間通りに再診察に来ました。

漢方薬を飲んでから、とても良いみたいです。

治療してない下肢静脈瘤も、だいぶ良い感じで50%減ったそうです。そして、また2週間分の漢方薬を出して様子を見るつもりです。

黄耆桂枝五物湯は、ほかの治療例でも出ました。足のひどい感染症で死にかけた患者さん、漢方薬で治ったのです。

この例から分かるのは、

下肢静脈瘤の本質は、気虚もしくは陽虚です。

具体的にいうと、心臓が弱いこと。

心臓が弱いと下肢静脈瘤になるのは、もう一人の漢方薬治療例でも書きました。画像と説明があるので、参考になると思います。

便秘で1ヶ月も続いた血尿、不眠症の女性、漢方薬1週間で治った

もう一つは治療例は血尿。

スペイン人の中年女性が、友だちに連れられて来ました。

この女性の症状は、血尿が1ヶ月も続いている。尿潜血ではなくて、目に見える出血です。

彼女はスペインで西洋医学の治療を受け、抗生物質をしばらく飲んだけど効かない。

彼女のニューヨークにいる友だちは、「もう良いよ!」と言い、中医学の治療に連れて来たのです。今日は4人も西洋婦人が診療所に来て、ぎゅうぎゅう詰めになりました。

血尿なのに入院しないで、漢方薬治療に来た患者さんもいます。

もちろん、すぐ治したけど。

先に診たのは遠方の方。

  • 顔色は少し暗いのは、もともと皮膚が暗いせいである
  • 精神状態は良い
  • 話している間に、口臭が明らかにわかりました
  • 舌を見たら、舌苔は黄色くて乾燥している
  • 便秘
  • お腹を押してみたら、痛くて苦しそうな表情でした

私はすぐ分かりました。

「陽明症」だけです。

処方は1週間の大柴胡湯(だいさいことう)で便秘を治す。

大柴胡湯の症例はほかにもあります。以下の記事、どうぞご覧ください。

1週間後、ニューヨークに大雪が降った日曜日の朝、3人が診療所の前で待っていました。その中には、あのスペイン人がいたのです。

挨拶したあと話で分かったのは、彼女たちは朝早くマサチューセッツ州から車運転して来た。当時は雪が降り始めたので、彼女たちは早めに来たのです。

彼女の状況はとても良くなりました。

漢方薬を飲んでから不眠症が良くなり、寝られるようになって、血尿も治りました。

西洋医学は血尿の原因が、便秘であることを知らない。

脳みそには、こんな知識がありません。

尿は尿で、大便と関係ないと思います。

不眠症、寝つけられないのは鍼治療でも簡単に治ります。以下の記事、参考になると幸いです。

便秘で尿路感染症になりやすいおばあちゃん

以前、一人のおばあちゃんが娘と一緒に来たことがあります。

娘がいうのは、母親はよく尿路感染症になる。

私がおばあちゃんのお腹を押してみたら、おばあちゃんは苦しそうな表情でした。お腹には大きな便の塊があったのです。

私は娘さんに話しました。

「便秘で尿路感染症になっています。」

便秘が原因で尿路感染症になる

便秘が原因で尿路感染症になる

娘さんは、しばらく考えてから話しました。

「今までたくさんの中医師に診てもらったけど、便秘が原因で尿路感染症になったと言うのは先生が初めてです。でも、西洋医学も便秘が原因かも…と言ってました。なぜなら、尿検査で大腸菌が見つかったからです

抗生物質を飲んでも効かないし。

今は西洋医学の先生は怖くて、抗生物質も出しません。

母親の体が、とても弱くなっているから。」

李哲の解釈

抗生物質の濫用は、皆さん反省すべきだと思います。

私が尊敬しているニハイシャ先生は、以下の記事で薬害を痛烈批判していました。

下肢静脈瘤(中国語では「下肢静脈曲張」と言います)は、静脈から戻す力が弱いので、血液がたまり静脈瘤になります。

西洋医学では筋肉ポンプの力で、静脈の血液が心臓に戻ると言います。

臨床で見ると、確かに筋肉がない女性がなりやすい。男性が下肢静脈瘤になるのは少ないです。

治療法はもちろん、筋肉を強化する運動が必要。あとは、漢方薬若しくは鍼灸でも治療ができます。

自宅でのセルフお灸は、簡単で効果バツグンの治療法です。

1人の女性、お灸を教えてから血尿が2~3日で治っただけではなくて、止まった生理まで来ました。以下の記事をご覧ください。

以前テレビで下肢静脈瘤の手術を見たことあるけど、手術してもまた静脈瘤ができるでしょう?

だって、手術で下肢の筋肉が強化されないし、体内環境は何一つ変わってないから。

小便の出血は陰と陽に分けるので、上記の患者さんは陽の症状ですね。だから、便秘を治す処方で血尿も同時に治ります。

鍼の場合は、天枢・支溝などでも便秘が良くなるので、同じように治療ができます。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました