食欲不振は参苓白朮散をアレンジした1杯で治り、ご飯がめちゃくちゃ美味しくなった。わき腹が張るのも飲んだ瞬間に治った。

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの中医師、鄭智城先生1の治療例、吃饭怎么突然间变得那么香了_郑智城(2013-10-16 発表)を翻訳しました。漢方薬の即効性がいかに強烈なのか、読んで見れば分かると思います。

食欲不振、食が細い症状で困っている方、記事中の処方箋をぜひ活用してください。

食欲不振で右脇腹が腫れてきた私

私の胃腸は弱い方です。晩ごはんは食欲がなくて食べられない時が多くて、簡単に肉料理とスープで済ませていました。特にこの数週間は、果物の実をたくさん食べました。ピスタチオ、落花生など。アイスクリームも少なくなくて、外食でお酒を飲むときも多かったので、胃腸が疲れています。

先週の木曜日から急にお腹がはるようになり昼間に食べたご飯が夜寝るときまでお腹に残ってました。翌日の朝はそんなに腫れてないけど、右脇腹が徐々に腫れる症状になりました。私も肝臓のあたりであるのは知っています。

鏡で自分の顔色を見たらあまり良くない。
だから、心の底では不安でした。

友人は漢方薬を飲んですぐ効果が出て絶賛

ある日、友人が治療に来て脈診では弱くてほぼ触れない。左関脈だけ弦脈。舌診では乾いて黄色と白の分厚い舌苔。

私は参苓白朮散じんれいびゃくじゅつさん+黄耆、生地などの処方を2日分出しました。飲んですぐ効果があって、友人は電話で絶賛していました。あと数日飲みたいそうです。

昨日いろいろ考えて、自分にもこの処方を試すことにしました。

私自身が漢方薬を毎日飲む理由

漢方薬、私はよく飲みます。
毎日飲んでいます。

一つ目の目的は、テニスをやっているので、体力をあげて試合で勝ちたいから。テニスに関する情報は、過去記事でも触れているので、読んだことがない方はどうぞご覧ください。

もう一つの目的は、患者さんに出した処方がどんな効果があるのか、自分で確かめたいからです。今回、自分に出した処方は黄耆、党参,白朮,茯苓,山药,炙甘草,陳皮,桔梗,白扁豆,鶏蛋花,藿香,生地黄。

陳皮(ちんぴ):みかんの皮を何年も乾燥させた生薬。

陳皮(ちんぴ):みかんの皮を何年も乾燥させた生薬。

1杯飲んだだけで右脇腹の張りが消えて、ご飯がめちゃくちゃ美味しくなった

昼ご飯の前に、漢方を2口飲みました。1杯の半分以下の量です。煎じ薬が胃に入った瞬間に、私は感じました。「あれ、右脇腹の張るのが消えた!」今までずっと漢方を飲んでいたけど、こんなに早く効いたのはなかったですね。

20分後にご飯を食べたら、突然米が美味しくて仕方がない。おかずがなくても、米だけでも美味しかったのです。

ご飯を食べ終わったしばらくしたら、下腹部が重くなりトイレに行ったらスッキリ。晩ごはんのときも、米が美味しくて仕方がなかったので、お母さんに聞きました。

私「最近米を変えたのですか?」
母「もう変えて10何日経っているよ」

胃腸の掃除ができたから、普通の米でも美味しく感じるわけ

私はやっと思い付きました。これは漢方薬で胃腸の掃除ができたから、普通の米でもすごく美味しく感じたわけです。私の次女は最近食欲不振で、肉ばかり食べたがって米は食べたがらない。次女もこれを飲ませるべきです。

晩ごはんが終わったらまたお腹が張って、トイレに行ってきたら完全にお腹がスッキリしました。

少し前は昼ご飯の時、どうしても食べきれず少し残っていたけど、今はきれいに食べます。1粒の米も残しません。以前は大嫌いだった上海白菜も今はとても美味しく感じて、残さず食べます。肝臓のあたりの腫れも消えました。

李哲の説明:
ニハイシャ先生の症例でも食欲不振が治り、食べまくる患者がいました。がん患者なのに食べまくるくらい食欲が良いのは、見たことがないでしょう?病院ではあり得ないけど、漢方薬ならできるのです。詳細は以下の記事をご覧ください。

肺がんの咳・喀血はだいぶ治り、睡眠の質が良くなって、右胸の刺されるような痛みは治った。肝臓癌は腹水がだいぶ減り、出っ張ったへそが凹むようになって、食欲全開で食べまくっている

処方に対する説明

この処方は参苓白朮散じんれいびゃくじゅつさんをアレンジしたもの基本的な構造は残しています。つまり、四君子湯しくんしとう+山薬+陳皮+白扁豆。目的は脾臓の陰を補うため。四君子湯の使用例は、以下の記事でも出ているので、どうぞご参考に。

以前は胃腸を整える漢方を試したけど、だいたい温める・乾燥させるやつでした。たとえば白豆蔻、砂仁、半夏など。四逆湯も使ったけど、今回ほど効果はなかったです。1杯の半分も飲んでないのに、効果があったから。

私の体質は陽虚証で長い間手足が冷たくて、服も他の人より1枚多めに着ないと寒かったです。10g以上のトリカブトを使ったことがないけど、白豆蔻、砂仁はよく使ってました。

清朝の名医:張锡純は、なぜ資生湯を第一位にしているのか?明朝の名医:缪希雍は、なぜ資生丸を第一位に勧めているのか?その訳があるのです。

資生丸は中性脂肪を下げることもできます。以下の記事、どうぞご参考に。

朱丹渓(しゅたんけい)の『陽常有余、陰常不足』は本当に名言ですね。

この鶏蛋花は画竜点睛の生薬です。
2回とも食後にお腹が痛くて下痢したのは、この生薬のおかげ。治療作用を探してみたら、「潤肺解毒、清熱去湿、滑腸」。だから、私の数週間の宿便を一気に出してくれて、肝臓の圧力もなくなったでしょう。

生薬:鶏蛋花の画像

生薬:鶏蛋花の画像。どこが鶏蛋(たまご)なのか、謎ですが(笑)

李哲の解釈と感想

鍼灸師は自分にもよく鍼するけど、病院の先生は自分に手術・抗がん剤やるのか?

漢方医は自分でよく漢方を飲む。
針灸医の私も、あちこち自分に鍼を刺します。滋養強壮効果があるツボを刺す以外に、響きがどこまで伝わるか、どんな感覚かを確認したいから。また、調子が悪いときは自分で鍼して治す。

漢方と針灸は体調不良の方はもちろん、病気がない人でも受けられます。鍼をしてギックリ腰になったり、乳がん・白血病になったりしません。

西洋医学の先生は患者さんにやらせる前に、自分で試しているでしょうか?今日は手を切って明日は足を切る手術?今日は抗がん剤を飲んでみて、明日は放射線を浴びてみる?…どんなものを自分の体で試しているか、気になります。

孔子が話したけど、「自分がされて嫌なことは人にしない」
西洋医学の先生も、この言葉の意味を知っているでしょう。

翻訳文で訂正したい2点

鄭先生の記事を読んで、残念だと思ったのは2つありました。

1つ目は、冷え性には10g以下のトリカブトで治せない。

実際には劇薬の生のトリカブトだったら、10gでも手足が熱々になります。加工したトリカブトだと、10gを使って冷え性が治らないでしょう。加工したトリカブトは、生のトリカブトよりも火力が弱いので、暖かくしたいなら一般的には20gからスタートですね。以下の治療例では、加工したトリカブトを25gも使いました。全然熱くならなかったけど、耳中の炎症は治りました。

2つ目は、鄭先生は鍼ができないこと。
もし鍼ができたら、消化系の強化には中脘、足三里、公孫など。肝臓のあたりの腫れるのは、陽陵泉一つで腫れが引きます。陽陵泉の素晴らしい効果は、いろんな鍼治療例で紹介しました。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

食欲不振を治すメジャーな処方箋

食欲があるかないかは脾臓の問題なので、脾臓を強化する方向は間違ってないです。

鄭先生はいろいろ処方を出していますが、『傷寒雑病論しょうかんざつびょうろん』にはもっとメジャーな処方があります。小建中湯しょうけんちゅうとう、もしくは黄耆建中湯おうぎけんちゅうとう。両方とも食欲不振、虚弱体質の方にオススメの漢方です。しかも日本にはツムラなどの既製品があるので、非常に便利。

黄耆建中湯おうぎけんちゅうとうの説明は、以下の記事が参考になるのでどうぞご覧ください。

食欲不振は足つぼ整体でも治せる

足ツボ整体でも消化系を強化できるので、ご飯がめちゃくちゃ美味しくなります。今まで無数の足つぼをしてきましたが、みんな食欲が増えて食べる量も増えています。以下の記事はクローン病の男性を治した例、施術後にご飯が美味しくなったと言ってました。

食欲不振になった方は足つぼ整体、鍼灸、漢方薬などみんな治せるので、ぜひ近所で治療院を探して見てください。

(おわり)

  1. 鄭智城先生はアメリカで開業している漢方医。様々な面白い症例があったので、翻訳させていただきました。人物紹介と診療所情報は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。

コメント

  1. li-hari より:

    うにげ(id:U4Q)さん
    生理前に食欲が異常に爆発するのは、おそらく生理に異常があると思います。たとえば生理の量、周期が乱れている。
    生理を治せば自然に治るので、近くの信頼できる鍼灸院で診てもらってください。