鍼灸・漢方薬への不信感・絶望から堅実な擁護者へ変わった私の経歴。

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、李哲です。

このブログで中医学の話をいっぱいしました。
今は西洋医学の世界で、西洋医学こそ科学的根拠に基づいた医学なのに、なぜうさんくさい中医学(東洋医学)を擁護しているのか?と、気になる方がいるかも知れません。

今日は私の経歴で、なぜ中医学を信じるようになったかを説明します。

中国の病院は西洋医学が優先

10何年前、私は中医学の神秘な力に憧れて中医薬大学に入学しました。そして、古文からはじめ中医学の理論、西洋医学の解剖学.薬理学などを勉強。もちろん、中医学の大学なので中医学がメインです。

5年の勉強と研修で、理論知識はいっぱいつけました。しかし、臨床で気づいたのが、中医学(針灸.生薬)の治療効果が見えなかったです。臨床では漢方を使うところか、ほとんど西洋薬が先に使われている。

西洋薬がダメだったら、漢方を使うパタンが多いです
特に緊急救命のときは、漢方使うのを見たことがありません。

つまり、優先順位があるのです。
西洋薬がメインで主役。
漢方は補助程度で脇役。

西洋薬もダメで、患者はもう死ぬしかない。でも、漢方でひょっとしたら生きるかも?という考え方で、漢方が使われるわけです。

中国の一般庶民には、こんなうわさまであります。
「漢方は普段の養生には良い。病気を治すなら、西洋薬のほうが速く効く」

言い換えると、薬膳料理.精力剤などは漢方の強いところ。病気の治療には、漢方の効き目が遅い。

ただの足の痺れ、全治に3ヶ月もかかっていた

針灸の効き目がどのくらい遅いか、今も覚えている事例があります。

大学付属病院で一人の男性患者を見ました。彼はバスに乗ったとき、足を組んで座って、太ももの上に彼女を乗せたのです。そして30分後、バスを降りたら彼は歩けなくなりました。

普通の痺れだと思って、1時間くらい休んでも痺れが取れません。そして、病院に来たのです。針灸と推拿(中国では整体とは言わないで、推拿と呼ぶ)を行って、全治まで3ヶ月もかかりました。

研修医のとき、漢方薬で病気を治す先生を見たことがない

私が病院で1年研修している間、漢方をメインにして病気を治す先生を見たことがありません。先生たちが言うのは、「急性.重病の患者は西洋薬を先に使うべき。落ち着いたら、漢方で養うほうが良い」

自分が憧れていた中医学(漢方薬.針灸)って、こんな弱いもの?病気も治せない医学だったのか?

不安と疑いが、どんどん膨らんできました。

f:id:li-hari:20190322121136j:plain

中医学に憧れて大学に進学したけど、最後は失望だけ

中医学の神秘な力(生薬、針灸)で難病でも治す。これを見たくて勉強し始めたけど、大学に通っている5年間、見たことがありません。

針灸は大したものではない。
治せる痛みは腰痛、肩こりだけ。
漢方は3~4ヶ月飲まないと効かないもの。

こんなイメージを持っている人。
私だけではなかったです。
中医薬大学の卒業生、こう思う人は多いです。彼らは卒業してから、西洋医学の外科医(給料が高いから、奪い合う職業)になる人もいるし、別の業界に転職する人もいます。

専門知識を勉強した人すら針灸・漢方薬の効き目を認めない。ほかの普通の庶民たちは、どう思うでしょう?

憧れて5年も勉強。
しかし、最後分かったのが、自分が勉強したのは『役に立たない学問』。そのむなしさは、言葉で表現できないくらいでした…

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180321/20180321151444.jpg?w=1186&ssl=1

ツボの威力・効果を初めて実感

整体の効き目に気づいたのは、日本に来てからです。当時、アルバイトで学費・家賃を稼がないといけない状況で、たくさん働いて稼ぐしかなかったです。留学生にとって報酬が高いバイトは整体院。ただの料理屋で働くより給料が高い。整体とつぼは大学で勉強したから、バイトは探しやすかったです。

そして、数々の実践で分かったのは、「つぼはとても効く!」
特に足つぼ反射区療法は施術が簡単なのに、驚くほどの効き目がある。

臨床経験をあげると、
胃が痛い人、その場で胃痛がなくなった。
腰椎ヘルニアで歩けない人が、再びスポーツを始めた。
生理が止まった人、生理がまた来た。
… …

目の前の患者が教えてくれなかったら、私も信じてなかったかも知れません。

足ツボ整体症例のカテゴリーは以下をご覧ください。参考になると幸いです。

何だよ!

勉強したのが役に立っているじゃん!

中医学をバカにした自分がいけなかったです。初めて勉強したものが役に立つのを実感して、本当に嬉しくて涙が出そうになりました。

私も役に立つ人間になった!
まあ、こんな感じですね。

そして、思い出したのは前回書いたあの男性。
なぜ整体+針灸までして、3ヶ月もかかったか?
大学での勉強、どこが間違っていたかを考え始めました。

倪海厦(ニハイシャ)先生のHPに出会ってから、中医学に対する考え方が変わった

3年前に縁があって、ニハイシャ先生1のHPと出会い。そして、全部の文章を1年くらいかけて隅々まで何回も読み。今までの疑問、すべて解けるようになりました。

私が大学で勉強したのは、間違った中医学の知識で、本物ではなかった!

だから、漢方で病気を治す先生を見たこともないし、針灸で一発で痛みを治すのを見たこともない。勉強した知識が間違っているから、10年勉強しても30年勉強しても病気を治せません。

以下の記事で患者さんは言ってますが、「あなたがあと100年医師の仕事をしても、分からないのは分からない!」

これは、また新しいショックでした。あんなに高い学費を払って勉強したものが、間違った知識というのは、どういうこと?バカバカしくてしょうがなかったです。

気づいてショックしたけど、逆に安心感もありました。針灸と漢方が効かない原因.緊急救命で漢方が効かない原因が分かったから。5年の大学勉強は無駄になったような気もしたけど、今はそう思いません。気づいてよかったです。今からでも遅くないので、もう1回勉強すれば大丈夫。

漢方薬を飲んでも効かないと思う人は、いわゆる「温病派」先生の処方箋かも知れません。本物の漢方医と「温病派」先生は何が違うのかは、以下の記事で詳しく説明しました。参考になると幸いです。

漢方薬の「すさまじい効き目」を目の当たりにした例

本来の漢方の力はどんなに強いか?
ニハイシャ先生のHPから勉強して私が実践した例を書くので、見れば分かると思います。

「葛根湯」を飲んで30分後、鼻水・高熱・喉の痛みが消えた

横浜の関内で足つぼ整体院をやったとき、スタッフの女性が風邪を引きました。次の日に、たくさんの予約が入っているのに、風邪のままだと仕事できない。彼女も少し焦ってました。

当時、彼女の症状は、すごい鼻水とくしゃみ.高熱.のどの痛み。

お店の近くに漢方薬局があったので、生薬を買ってきて煎じました。

葛根湯の主力:葛根の画像

葛根湯の主力:葛根の画像

彼女はいやな顔で漢方を飲みました。そして30分後。彼女は不思議な顔で言うのが、「鼻水が止まり、熱も下がった。のどもそんなに痛くない」

寝る前に2杯目を飲み。
そして、次の朝はすっきりして、仕事もできるようになりました。使ったのは1日分で、2杯しか飲んでないです。葛根湯かっこんとうが風邪を治す仕組みは、以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

「大青竜湯」を飲んだ翌朝、インフルエンザは治った

もう一人、男性の従業員も病気になったことがあります。その時は、ちょうどインフルエンザが流行る時期でした。彼の症状は普通の風邪と違う。手元には葛根湯しかなくて煎じてあげたけど、次の朝になってもぜんぜん軽くならない。

最初の診断が間違って、これはインフルエンザだと確信しました。そして、インフルエンザの特効薬:大青竜湯だいせいりゅうとうを煎じ。

仕事が忙しくて3日後に彼の症状を思い出して聞いてみたら、「新しい漢方を飲んで、次の朝には治りました」

彼が飲んだのも1日分、2杯だけです。

大青竜湯だいせいりゅうとう」でインフルエンザを治した男性の症例もあるので、これも参考にしてください。

1ヶ月も続く咳、小青竜湯で一晩で治った

一人の知り合い。
咳が1ヶ月も続いているそうです。

「なんかいい漢方がないかな?」と頼まれて、問診をしてから小青竜湯しょうせいりゅうとうを教えました。その知り合いは、一気で飲んでしまったそうです。そして、次の日にメールがきたのが、「もう治った。昨日の漢方ありがとう!」

彼女が飲んだのも1日分。2杯だけ。

不思議なのは、ほかの人はみんな漢方がまずいというのに、彼女だけはすごく美味しいと言ってました(笑)

基本的に漢方はまずいですが、症状と合う漢方は、患者にとって美味しく感じるときもあるわけです。小青竜湯しょうせいりゅうとうの症例は以下の記事もあるので、どうぞご参考に。

半年も続く咳、「小青竜湯」を飲んで一晩で治った

一人の知り合い。
中国旅行から戻ってきて、風邪っぽくなって咳がよく出る。

病院の咳きとめ薬を飲んだけど、咳はとまらない。咳は半年以上も続いて、彼女は相当やつれてしまいました。病院の先生も最後の武器:一番強い抗生物質を出す準備をしたのです。

このままだと危ないので、詳しい症状を聞いてから小青竜湯しょうせいりゅうとうをすすめました。彼女はそっこう近くの漢方薬局で、生薬(1日分.2杯だけ)を買って家に帰りました。

1週間後に彼女に会いましたが、彼女はニコニコ笑いながら話しました。
あの漢方すごいですね~次の朝、咳が止まりましたよ。今はもう咳はしないです」

小青竜湯しょうせいりゅうとうの症例は、ほかにもあるので、以下の記事どうぞご参考に。

彼女はもう一つの悩みを言いました。
「喉にいつも何がつまってる感じだけど、これは何が原因ですか?」

これは女性がずっと家にいて、外にあまり行かない。楽しい思いも少ない。悩みを聞いてくれる旦那(友達)もいない。考えること(無意味な心配)が多すぎ。そして、少しうつっぽくなり、のどに気が詰まったのが原因です。

ちょうど勉強したのがあったので、半夏厚朴湯ハンゲコウボクトウを紙に書いてあげました。1日分。茶碗2杯分です。1週間後に彼女から報告があったけど、「飲んで次の朝には、のどのつまりがなくなりました

半夏厚朴湯ハンゲコウボクトウの使用例は、以下の記事でも出現しているので、どうぞご参考に。

漢方薬・鍼灸が効かないのは、先生の問題!

以上で書いた全部の漢方。
一日分だと700円くらいです。

抗生物質は700円で治りますか?
手術は700円で治りますか?

ここまで書くと、

「うそつくな!」
「漢方がそんなに速く効くわけがない!」と疑う方が多いでしょう。

その気持ち、よく分かります。
私も昔、漢方薬と鍼灸を信じてなかったから!

目の前の真実を見なかったら、私も「漢方って効くんだ!」と思ってなかったです。

漢方薬・鍼灸には科学的根拠がない。
だから、標準医療(西洋医学)を信頼するべきだ。
こんな理由で、中医学(生薬.針灸)を反対する人。

愚痴なあなたとは話が通じません。

臨床では効果が全て。
何回も同じ効果を再現できるのが、本当の医学です。

「なぜ、私が飲んでいる漢方は効かないか?」
これは、漢方が悪いのではなくて、漢方を処方した先生の勉強不足です。

先生を変えてください。
漢方というのは、組み合わせと使用量が間違えると、飲んでも効きません。いい先生をどう見つかるかは、皆さんのご縁ですね。縁があれば出会えます。

以下の患者さんはたくさんの治療院でも治らなくて、整体を1回受けただけで良くなりました。本当に縁がある方としか思えません。

ちなみに、こちらは足つぼ.整体のお店で、漢方薬局ではありません。漢方相談などは受付しないので、ご了承ください。

針灸に関しては、以下のビデオを参考にしてください。ハイチ地震救援に行ったアメリカボランティア医師の撮影なので、うそではありません。

おわりに

最初の憧れ.信頼⇒夢の破滅.自信がなくなり⇒再び自信を持ち.信頼。今は最も堅実な擁護者になっている。

これが今までの心境の変化です。
波乱万丈な10年だったけど、気づいた自分は幸運だと思いました。

「今はまだ未熟で、いろんな病気を診るとこができないけど、いつかは!!!」と頑張っています。

(おわり)

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント