インフルエンザを1日の漢方薬「大青竜湯」で治した男性のストーリー

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。

今日は、インフルエンザを1日の漢方薬で治した男性の面白い話。

 

彼は先月風邪を引いたそうです。

自分では「インフルエンザっぽいな…」と思って、急に思い出したのが、私がブログで翻訳した「大青龍湯」(中国で2000年以上使った処方)。「大青竜湯」の詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。

風邪には漢方薬!代表的な6種類の漢方薬処方内容・適応症を、自覚症状ごとに細かく説明します
...

 

彼は自分で確認ができないので、病院に行きました。病院の先生は、パソコン画面ばかり見て、患者本人の顔はあまり見ないそうです。素晴らしい診断のやり方ですね。何かの検査をしたら、インフルエンザ陽性。彼はこれで最終の確認を得ました。

 

病院の先生「薬を出しましょうか?」

彼「要りません!」

 

彼は病院を出て、家の近くに漢方薬局があったので、すぐ「大青龍湯」を処方してもらい。漢方を飲んで、インフルエンザの諸症状は1日で治りました。

 

私と話すとき、彼はまだビックリの顔をして嘆いてました。

「漢方って、すごい効きますね!」

 

大青竜湯の中の生薬:杏仁(きょうにん)

↑大青竜湯の中の生薬:杏仁(きょうにん)

 

1日で治るインフルエンザ。

漢方だと費用は1000円もかかりません。

 

インフルエンザワクチンはいくら?

病院では1000円で治りますか?

 

ワクチンで予防できるところか、逆にインフルエンザになる。

運が悪い人は、ワクチン接種してから「原因不明」で死亡。

 

ほかに選択肢があるのに、

知らない人は本当にかわいそうだと思いました。

コメント