全身の痛みと冷え性が治り、同時に3ヶ月で30kgもダイエットできたアメリカ人男性

この記事は約6分で読めます。

こんばんは、李哲です。
アメリカの中医師、鄭智城先生*1の症例、有些时候我也不明白:三个月减肥60磅_郑智城(2011-07-03 発表)を翻訳しました。

全身の痛み、冷え性が治った同時に30kgもダイエットできた男性の物語。持病が治るだけではなくて、ダイエットもできる。これは漢方薬、鍼灸を含む中医学治療のメリットです。詳細は以下をご覧ください。

全身が痛くて、足に力が入らないアメリカ人男性

正直な話、私の所にはダイエットが目的で来る人はほとんどいません。一人だけいましたが、あまり効果が良くなかったです。

しかし、体調不良で治療に来て、予想外にダイエットできた人はいっぱいいます。本当にわけが分かりません。その中で一番ビックリしたのは、1人のアメリカ人患者さんが3ヶ月で30kgも痩せました。

このアメリカ白人で、坊主頭でお腹も大きかったです。体重は125kgくらい。杖をついて来ました。初診の時、彼が言うのは「全身が痛いです」

脈診してみたら沈微。ほかの主訴は足に力が入らない、足が麻痺するときもある。舌は薄い。

陰の症状だったので、2つの処方箋を出しました。

黄耆桂枝五物湯は下肢静脈瘤の治療効果もいいです。以下の記事、どうぞご参考に。

漢方薬を飲んで吐いたので、処方箋をチェンジ

2周目に来た時、隣の彼の奥さんが言うのは、「漢方薬を飲んで吐きました。真武湯(しんぶとうを飲んだ時に吐いたのです。」

私「なぜ電話で教えてくれないですか?」
彼「いやいや、大丈夫です」

私「先週の漢方薬を飲んでどんな感じですか?」
彼「まあまあ良いですよ」

私は彼が吐いたというので、大柴胡湯(だいさいことう)に変えました。

陰陽虚実、これは脈診・問診だけではわからない時があります。でも、漢方薬を飲んだ後の反応で更に診断ができる。昔の漢方医たちは、これを「投石問路」だと言いますね。(李哲の説明:日本語では「探りを入れる」の意味)

大柴胡湯は脳腫瘍でも使います。どんな症状を基準にして使っているのか、以下の記事が参考になると思います。

手足が暖かくなり、痛みが治って歩くとき杖も要らなくなった

3週目、彼がまた来ました。

彼が笑って言うのは、「今回の漢方薬は非常に有効です。たくさんの便が出ました。あと、私はもともと寝るとき寒くて、布団をかぶらないとダメでした。しかし、今はパジャマだけで寝られます。手足は暖かくなりました

おう…これは陽気が詰まった事ですね。
体内の宿便で陽気が回らない。だから、初診の時には手足が冷たくて脈診でも沈。

1週間後、彼が来たけど杖は要らなくなりました。彼が言うのは、「今は痛くなくて、普通に歩いて来れます。以前だったら考えられない!」

痛くて杖をついた患者、鍼治療だけでもすぐ改善した人がいます。以下の記事、どうぞご参考に。

1~2週間後に、彼が来た時に診たら、彼には痰が多い。そして、痰を出す処方箋を出しました。その後、彼は隣人を紹介してくれました。

顔色が赤黒くて、皮膚が荒れている肥満症の人。この人が言うのは、「坊主頭の隣人がいつも楽しそうだから、どんな治療をしているか不思議で来ました」

3kgダイエットできて体が引き締まり、皮膚の出来物が出なくなった奥さん

3ヶ月後、坊主頭は来なくなりました。
最近来ている白人夫婦(同じ肥満症)が言うのは、「坊主頭のアメリカ人が紹介して来ました」

奥さんはなんと個人探偵、拳銃を携帯するのが合法的な職業。本当に人は見た目で判断できないですね。

奥さんの主訴は、「左膝が縮まって動けないです」

1週間の漢方薬を飲んで来た時、奥さんが言うのは「2kg痩せました」
2週間後、奥さんが言うのは「1kgしか落ちてないです」

奥さんは体がガッチリなった感じがする。彼女のジムの先生も、彼女が引き締まったと言ったそうです。そしてもう一つの変化、皮膚にできものが多かったのが、だいぶ消えました。

私「そうですね。たくさんはダイエットできてないけど、前より引き締まっています」

ご主人は過食症がよくなり、手足が熱すぎるのも治った

旦那さんはもっと面白かったです。
もともと、めちゃくちゃ食べる人だったのに、黄耆桂枝五物湯に痰と湿気を出す処方を出したら、食欲が徐々に減ったのです。両足がすごい熱かったのも、1週間の漢方薬を飲んで消えました。

李哲の説明:
手足が冷たいのは、もちろん異常ですが、手足が熱すぎるのも異常です。中医学では両方とも治せる。以下はニハイシャ先生の症例、参考になると幸いです。

乳がんステージ4、肺と骨に転移した女性は、西洋医学の治療を受けてないけど4年以上生きて元気。手足が熱すぎる子供は、3日の漢方薬で半分良くなった。

奥さんが言うのは「そうですよ。私たちはいつも寝る前に食べないといられなかったけど、今は食べたくもないので寝ています」

去年、ニハイシャ先生の診療所で研修した時、食欲が強すぎる肥満症には基本的に白虎湯(びゃっことう)でした。生の石膏は最低で4両(150gくらい)を使用。

3ヶ月で30kg痩せてびっくり

奥さんは帰るとき、私に言いました。
「先生、私たちを紹介してくれた坊主頭の人、どのくらい痩せたか分かりますか?」

私のうろ覚えでは、坊主頭の肥満症の人はどんどん痩せてきて、どのくらい痩せたかは聞いてなかったのです。

奥さん「30kgです!」
私「なに?!本当に30kg?13kgではなくて?」
奥さん「本当に30kgです!」

漢方薬で30kgもダイエットした男性

漢方薬で30kgもダイエットした男性

皆さん、ダイエットの為だったら私を探さないでください。体調不良なら来ていいです。ダイエットのために来た場合は、あまり効果が良くない。

なぜこんな事が起きるか、私もよく分かりません。

李哲の感想

漢方薬は治療にもなるし、診断の一つの方法でもあります。鄭先生が言ったのように、この処方箋を飲んでみて違う反応が出たら、処方箋が間違っている。そして、正しい方向になるのです。

ツボも2面性を持っています。
治療に使い、診断にも使う。

たとえば、足三里下の盲腸(虫垂)点。
腹痛があるとき、虫垂炎かどうかを判断する時は、押して見て痛かったら疑う(もちろん他の診断方法も兼ねてです、1つの診断方法では確定できない)。

そして、盲腸(虫垂)点は治療にもなるのです。鍼を刺せば、すぐ腹痛が緩和し炎症も消える。応用例としては、以前書いた記事をご覧ください。

ダイエットのためには、内臓の強化が前提条件です。

今は炭水化物を取らないとか、ご飯の前に野菜サラダを食べるとか、いろいろありますが、みんなどうでもいい二の次の事。内臓が強ければ、炭水化物をたくさんとっても、ご飯の後にサラダを食べても太りません。

運動、ヨガ、温泉とかは、もちろん内臓の全体的の強化になります。しかし、具体的にどの内臓が弱くなって、ターゲットをどう的中するかは、漢方薬もしくは鍼灸しかできない。

体重と内臓の関係は、またの記事で説明しようと思いますので、しばらくお待ち下さい。

私も鄭先生と同じで、専門的にダイエット治療をしたことがないです。ただし、食べ物を変えただけで痩せた報告はよく聞きます。以下の方は最強に痩せた人。

なんでですかね…
追わないほうが逆に来る?

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。

コメント

  1. li-hari より:

    id:mkonohazuku
    このはずく さん
    ブコメありがとうございます。
    30kg減量は確かにびっくりします。いろんな治療のついでにダイエット、これは漢方薬の良いところですね。