腎不全患者のクレアチニンが1ヶ月で7.9から5.9に下がって、病院の先生がびっくりし自ら人工透析を中止した

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、李哲です。

ニハイシャ先生1の症例、2005-7-29治療日記を翻訳しました。

人工透析しかないと言われた腎不全患者、1ヶ月の漢方薬でクレアチニンが大幅に下がり、病院の先生が自ら人工透析を中止した内容

腎不全治療には、人工透析以外に漢方薬があることを覚えてください。人工透析は延命治療にしか過ぎません、つまり、あなたはあと数年長生きするだけ。しかし、漢方薬は完治ができます!

漢方薬治療は、台湾にあるニハイシャ先生の弟子たちの診療所がオススメです。

人工透析をするしかない腎不全の患者さん

07/29/2005、晴れ。

59歳の男性。
彼の初診日は、2005年6月3日。
その後、私は台湾に戻ったので、診察は1回しかありません。

初診の時、彼の腎臓はもうだめでした。クレアチニン値は7.9。病院は来週から人工透析をするため、すでに彼の動脈と静脈の結合手術までしたそうです。

李哲の説明:
日本の病院では、クレアチニン5.0以上だと、腎臓の回復は難しいと言います。西洋医学は腎臓移植する以外、もちろん治療方法がありません。しかし、中医学は治せる可能性があります。以下は一つの症例、腎不全が治った患者もいるけど、西洋薬の毒素が強すぎて救えなかった残念な患者も書かれています。

腎不全の吐き気が治り尿意が増えて、漢方薬1ヶ月半で腎臓が治った例。西洋薬の毒素で救えられなかった腎不全患者

こんな彼は、友たちの強力な推薦でこちらに来ました。

彼の体調不良は1997年、人口弁膜を入れてから始まりました。手術後に利尿剤とクマジ(Coumadin、抗血液凝固剤)、つまりネズミを殺す薬と抗うつ剤、血圧降下薬を飲んでました。

▼李哲の補足説明:
血液をサラサラにする薬(抗血液凝固剤)の副作用は、内蔵出血。脳で出血した場合は死にます。容易に処方する先生が多いけど、皆さんはその副作用を知るべき。

ワーファリンと殺鼠剤は同じもの!血液がサラサラになるけど、この世ともサヨナラ!

8年経って、彼は人工透析に遭いました。
彼の腎臓は、10年前から問題があったそうです。こちらに来たとき、最初の自覚症状は、

  • 体力が全然ない
  • 食欲は良くなったり悪くなったり
  • 気持ち悪い
  • めまいがする
  • 喉はとても乾く
  • 両足が氷みたいに冷たい
  • くるぶし辺りは浮腫んでいる
  • 体はとても寒い

これは標準的な「里寒症」です。だから、初診の時に出した漢方は、生のトリカブト4銭(12gくらい)。他の生薬は保留、処方箋は将来の学生さんに教えます。

腎不全を治すときに不可欠の生薬:トリカブト(附子)

腎不全を治すときに不可欠の生薬:トリカブト(附子)

1ヶ月後、クレアチニン値が7.9→5.9になり、病院の先生がびっくりして自ら人工透析を中止した

この例を上げた1つ目の理由は、初診以後彼に会ったことがない彼はずっと同じ漢方薬を1ヶ月飲み続けました。

当時、私は彼に言いました。
「とりあえず人工透析を延期にして。漢方を飲んで2週間経ってから、主治医に検査してもらって下さい。数値が悪くなったら、人工透析をして。数値が良くなったら、人工透析は必要ないです。」

▼李哲の補足説明:
漢方薬で腎不全を治した例は多いです。以下はニハイシャ先生の別の症例。参考にしてください。

腎不全の吐き気が治り尿意が増えて、漢方薬1ヶ月半で腎臓が治った例。西洋薬の毒素で救えられなかった腎不全患者

今日、私が戻って2回目の診察です。
初診の時から、処方箋は変わってません。

1ヶ月漢方を飲んで、彼の主治医はビックリしました。彼は2週間漢方を飲んで、私の言うとおりに検査に行ったら、腎不全の指数が7.9から5.9まで下がりました。

彼の良心的な主治医は自ら人工透析を中止して、彼に話しました。
「このまま漢方を飲んで下さい。腎不全が完治するかも知れません。」
西洋医学の先生がこんな話をするのは、とても珍しいこと。

これはまた一例、死神から奪ってきた命です。

中医学は腎不全を治すとき、必ず先に心臓を強化する

この治療例を上げた理由の2つ目。

中医学は腎臓を治す時、必ず先に心臓を強化します。心臓が先に治ってから、腎臓が治るチャンスがあります。

彼の心臓は、すでに弱くなっていました。根本的の原因は、10年前の腎機能低下の時に、西洋医学は一番先に心臓を強化するを知らなかったから。言い換えると、彼は間違った医学のせいで、今日の結果になっているのです。

最初から中医学の治療を受けたら、こんな結果にはなりません。心臓病は中医学の治療を受けてください。

現在弱くなっている心臓を治さないと→必ず肺に影響が出る→肺の次は肝臓→命も終わり。これは、患者さんが西洋医学を信じた結果です。

西洋医学はマフィアと同じ

最も難しいのは、現在この患者の心臓を治そうとしたら、西洋医学がすでに人工弁膜を入れたこと。要らない心弁膜手術も、西洋医学が心臓病を治せないからです。最初彼の心臓疾患も、西洋薬の副作用だと私は断言します。

西洋医学はマフィアみたい。

李哲の説明:
死ぬまで飲む必要がある西洋薬は多いです。たとえば血圧を下げる薬、血糖値を下げる薬、コレステロールを下げる薬。

アヘン・ヘロインなどの中毒は数年で衰弱死します。しかし、西洋薬は違う。死ぬまで病人から金が取れます。しかも合法的に。

以下はニハイシャ先生の記事、アメリカでもっとも処方されているコレステロールを下げる薬、リピトールを飲み始めてからどんな副作用で、最後はどんな死に方なのかを説明した内容です。

リピトールの副作用からはじめ、あなたが殺されるまで、製薬会社への「貢献金額」を計算してみる

(おわり)
  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント