子宮頸がんの原因は、おりものが溜まりすぎ。子宮頸がんを治す漢方薬には「芎帰膠艾湯」などがある。

この記事は約12分で読めます。

こんにちは、李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生の記事、子宮頸癌起因(05/08/2005漢唐中醫倪海廈撰寫)を翻訳しました。

子宮頸に、なぜ腫瘍ができたか?
「女性ホルモン剤と骨粗鬆症の関連性」に関しても触れています。時間がない方は、目次の1(ただの物語)は飛ばして目次2から読んで下さい。

台湾の西洋医学の先生が書いた記事

(以下はネットにある文章。作者は家庭医学専門家:張文華)

30歳未満の若い女性、体型は中。彼女は私に教えてくれました。

1年くらい前から、性行為のあと出血があり、最近の3ヶ月はもっとひどくなっている。性行為もないのに、下着に血がついているそうです。

子宮頸がんの一つの症状:不正出血

子宮頸がんの一つの症状:不正出血

私は彼女に検査台に上がってもらって、検査をしました。診察室の冷房が強すぎたのか、緊張しすぎたのか、彼女の両足は震えてました。

私は彼女の膝を叩いて慰めました。
「大丈夫、リラックスして。深呼吸して、あ~~~と言ってみなさい」

彼女は不自然に「あ~~~」と言ってました。
私はその間にすぐ機械を膣に入れて、中が見えました。大変だ!子宮頸口の7,8時方向にできものがある。直径は約5㎜。表面は荒くて縁が不規則。

綿棒でその上を擦ったら、すぐ血が出ました。
やばい、これは子宮頸がんだ!

診察室を出たら、何も知らないご主人が質問してきました。

「先生、なにか問題がありましたか?」

私は顔色が暗くなり、保守的な言い方で答えました。
「あります。引き続きの精密検査が必要。大きい病院に紹介しますので、子宮頸の組織検査をしてください。」

ご主人の顔は、固まってしまいました。

ご主人「症状は1年も続いているよね?
奥さん「1年前に◯◯産婦人科で検査したよ。」

ご主人「問題がなかった?」
奥さん「何も言ってない。3週間後に結果が出るから、そのとき細胞検診をしてくださいと言われた」ご主人「結果は?」

ご主人は少し怒ったけど、優しい目で奥さんを見ながら話しました。
「全部あなたのせいだよ。痛いのが嫌だとか言って、組織検査をしてない。ほかの産婦人科に行って、また普通の検査をしただけ。2回目も大丈夫だと言うから、彼女は何事もないと信じて1年も過ぎました。私はよく新聞の医学版を見ているので、彼女にも話しました。普通の検査は100%ではないから、通常検査で引っかかったら組織検査をすべき。なのに、彼女は話を聞かないのです。本当に!」

奥さんは隣で涙目になって、なにか言いたかったけど言ってない。
「痛いのが怖くて検査を拒否したのではない。私が心配しているのは、本当に癌だったらどうしよう。だから知らないふりをして過ごしただけだよ。」

奥さんは話ながら、泣いてしまいました。ご主人は近寄って肩を抱いて二人が涙目。

奥さんはほかの病院に行って検査したけど、確実に子宮頸がんのステージ2。統計学によると、5年生存率は55%です。

私は心の中で思いました。
「もし、彼女が1年前に組織検査をしたら?そのときはまだステージ1だったかも知れない。5年生存率は75%。もし、彼女が性行為で出血がある時に組織検査をしたら、ステージ0。これはほぼ完治ができる!」

体質を変える方法、女性の皆さんは要注意です。人は寝る以外に、ほとんど座っている。オフィスに座る、ご飯を食べる、映画を見る、車運転する、1日で座る時間は7~8時間。

たくさんの人は知りません。
座る姿勢が間違えると問題が起きます。座りっぱなしは血液循環の不調が生じて、婦人科疾患を引き起こす。もしくは不妊症の原因にもなる。

台北市立和平病院の中医師:陳旺全が言うのは「座りっぱなしは運動不足になり、気滞と瘀血が生じて、内臓の問題を起こします。」

ここで分かりますが、座りっぱなしは女性の不妊症の原因でもある。

陳旺全はまた言いました。
たくさんの30歳未満の女性は、座りっぱなしの仕事で生理前・生理中の激しい痛みに遭う。これは座りっぱなしと運動不足が原因となる血液循環の障害。

座りっぱなしで生理の血液が逆流して卵管、卵巣に入り下腹部痛・腰痛・ひどい生理痛などを起こす。つまり、チョコレート嚢腫であり、不妊症の原因にもなるものです。

気滞と瘀血は、リンパの流れを邪魔して、卵管が詰まるときもあります。もっとひどいのは、気滞と瘀血で子宮内膜症にもなるのは、不妊症の原因にもなる。

西洋医学には、座りっぱなしと不妊症の関連性の研究はまだないです。しかし、お医者さんの話では長期的に座る姿勢、立つ姿勢が悪いと生理の血の逆流が生じやすくて、慢性的な骨盤内うっ血が起きます。

骨盤はチクチク痛くなって周囲の神経を圧迫し腫れる。年を取れば取るほど、座りっぱなしは血液循環に悪影響があり、免疫力が下がります。

不妊治療する方は、お医者さんとの協力が必要で、過度の緊張と医者への不信感はなくすべき。 先生を信じないで自分にも自信がなくなると、情緒不安定はホルモンバランスが崩れやすくて、不妊症がさらにひどくなります。

あなたの仕事が座りっぱなしであれば、お医者さんのアドバイスとおり、40分毎に10分休んだり、仕事終わったあと散歩・水泳・踊りなど、座りっぱなしからくる血液循環の不良を改善できます。

 倪海厦(ニハイシャ)先生の評論

上の文章は一人の西洋医学先生と、中途半端な中医師の話です。純正な中医師の理論ではない。だから、彼らの発言は世の中の医師を代表していません。

間違いを訂正するために、私が皆さんに説明します。
子宮頸がんの脅かしから離れるように。

過去、西洋医学は子供を産みたくない女性に、子宮卵巣の全摘手術をすすめました。西洋医学の先生が単純に思ったのは、子宮卵巣がなければ子宮癌・卵巣がんもないはず。 

しかし、彼らは間違えました。
今たくさんの女性は、10年前に子宮卵巣全摘手術を受けたのに、10年後にCA125指数が高すぎるのを見つけました。(西洋医学の子宮癌をチェックする数値。中医学では要らない)

そして検査したら、この女性たちは子宮がないのに、子宮癌になっていたのです。子宮の中でしか生息しない癌細胞だから。

西洋医学は今でも困惑しています。
なぜこんなことになったか?

根本的な原因は、子宮頸がんに対して、西洋医学はいまだに原因不明。だから、こんな子宮卵巣全摘手術をすすめる笑い話が出たわけ。

私はよく言いますが、知らなかったら何も話さないで。そうすると、他の人はあなたが知らない事を知らない。

正統派の中医学の理論は以下の通りです。
先に、皆さん上の文章を見て西洋医学は正しいと思うでしょう。しかし、西洋医学はなぜ子宮頸がんになったかを説明していません。

中医学の先生も、西洋医学の影響を受けた中途半端な中医師。気滞よ瘀血よ言っているけど、正しくないです。

女性の皆さん。あなたは生理があれば、よく分かるはずです。

  • 生理前になると胸が張る。
  • 生理が始まると、胸の張りが減ります。

これは胸の母乳が子宮に下がって、生理の血として出るからです。子宮に下がったときは、小腸の熱で、生理の血として出るときは赤い血の色になる。

生理の周期は、心臓がコントロールしています。

もっと詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

古代の医学書に書いたのは、「十女九帯」。
(李哲の説明:「帯」というのは、おりものが多い病気

その原因は、昔の女性は外出しなかったからでした。毎日家に閉じ込めているので、うつになり心臓が気持ちの影響で弱くなります。毎月の生理がちゃんと子宮まで行かないで逆流。生理でないときでも、降りてくるので「帯」と言います。

もし、長年この症状が続くと、おりものが一番下の子宮頸にたまって、袋みたいな腫瘍になり出血します。

中医学の解決策は非常に簡単で、芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)などの処方箋で治せます。

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は、ほかの漢方薬治療例でも出ています。以下の記事、どうぞご参考に。

しかし、西洋医学は簡単なものでも大げさにしがち。
専門的に癌という名前を作り出して、女性を脅かすのです。

上記の女性、すでに脅かされて魂魄が飛んでしまい、西洋医学のいいなりになっている。結果的には愚かさで死んでいく。

上記の5年生存率の本当の意味は、「西洋医学の治療だと5年後には死ぬ」ことです。

西洋医学が「生存率」「有効率」などの数値を言うとき、騙されないでください。西洋医学が言うのは、相対率で絶対率ではありません。以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご参考に。

女性の皆さん、よく考えてみてください。

私が話したように、アメリカの西洋医学の先生は、自分たちの間違いに気づいています。子宮の摘出術をした女性が、10年後に子宮がんになっているから。

たくさんの女性は西洋医学に騙されて、死ぬまでもなぜ自分が死んだか分かりません。

私たちは本来病気にならない体が、西洋医学を信じた結果病気になり、死ぬまで肉体の苦しみを味わう。こんな人生は、価値がありますか?

子宮頸がんの原因が分かって、あなたは西洋医学のオススメで子宮全摘術をした。その後、西洋医学のオススメで女性ホルモン剤を飲み始めました。

女性ホルモン剤のおかげで、母乳はどんどん作り出され、下半身に出口がないから癌ができる。癌ができたあとは、過度な母乳がまたその栄養になり、癌はどんどん大きくなる。

私たちが「女性ホルモン剤を止めて!」と言っても、あなたは信じない。なぜなら、「女性ホルモン剤は骨粗しょう症の予防になる」と西洋医学の先生がデタラメ理論を言うからです。

西洋医学は癌の原因が分からないので、すべての治療が逆方向に行きます。西洋医学の無知で、がん細胞の成長は加速する。西洋医学の治療を受ければ受けるほど悪くなり、あなたはどんどん怖がります。

この時、中医学が助けようと入ったら、あなたは中医学は科学的根拠がないと言います。中医学の治療も止めるしかない。

そして、あなたは死にました。
あなたはなぜ死んだのか分かりますか?

私が教えます。
あなたは間違った医学で死んでいる。

西洋医学の先生は天狗なので、自分が間違えたと言わない。毎日たくさんの女性を殺しても、彼らのメンツと権威を維持するのが大事。

私は聴きたいです。

人の命が大事か、あんたたちの西洋医学が大事か?

今日はちょうど母の日。
世の中の子供には、健康なお母さんがいることを祈り、そのために私は西洋医学と戦い続けます。

彼らが間違った医学理論で、たくさんのお母さんを殺すのを変えない限り。無知でかわいそうなお母さんたちが目覚めるために、私は西洋医学と戦います。

団らんな家族、ご主人と子供たちの為に、婦人科疾患は西洋医学の治療に任せないでください。

上記の女性。
西洋医学の無能と女性の無知で、西洋医学のメスにきざまれ、死ぬまで地獄級の苦しみを味わい、毎日心配と不安で心臓は更に弱くなっていく。

これで子宮頸がんが治りますか?

漢方薬・鍼灸で癌を治せる理由は、以下の記事で詳しく説明しました。どうぞご参考に。

李哲の解釈と感想

座りっぱなしで子宮がんになるとは、初耳です。笑うしかない中医師ですね。

ニハイシャ先生が話したように、子宮頸がんは癌ではない。生理の血が出切らなくて、おりものが子宮頸にたまったから腫瘍になっただけです。

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)の一つの生薬:川芎(せんきゅう)の画像。

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)の一つの生薬:川芎(せんきゅう)の画像。

芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)はとても良い漢方薬ですが、自分の体に合うかどうかは漢方薬局の先生と相談してみてください。

ニハイシャ先生は、女性ホルモン剤で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防にならない、逆に全身の骨がボロボロになると言いました。具体的な例は、以下の記事をご覧ください。

また、ニハイシャ先生の話では、子宮全摘出手術をしても子宮がんになる。この理論は、乳がんでも同じように通じます。乳房切除術をしても、乳がんにはなる。

何故かと言うと、乳がんは乳房が原因でできるものではないから。癌の原因は他にあるのです。

米国の女優、アンジェリーナ・ジョリーさんがある日乳がんになったら、彼女は発狂するでしょう。

子宮になにかの腫瘍ができたのは、 かなりの年数をかけて溜まったもの、急には癌ができません。

若いときから生理のトラブルが続いて、長年経って子宮筋腫・子宮頸がん・子宮がんになるのです。可愛そうなのは、西洋医学のやり方では生理不順・生理痛など治せません。もっとひどい理論は、「生理痛は誰でもあるから病気ではない」というのです。

以下の治療例に書いた女性は、生理痛は当たり前のようにあるもんで、我慢するものだと教わったそうです。本当に気が狂いそうな医学理論!

たくさんの女性はこの理論に騙されて、10何年経っても生理痛が治ってない。毎月イブとかピルで、痛みを抑えるだけ。治ったらなんで10何年も飲み続けるでしょうか?

生理のトラブルは、中医学の漢方薬・鍼灸に任せると簡単に治ります。治ったあとは、漢方薬・鍼灸を受ける必要もありません。

女性の皆さんは、生理に対して正しい知識が必要です。

10代、20代のときから生理のトラブルは、すぐ漢方薬・鍼灸で治すべきです。西洋薬で抑え込むだけでなく、根本的に体質改善できる治療。

そうすると、後々の子宮がん・子宮筋腫・チョコレート嚢腫・子宮がんなどにもならない。未病を治すというのは、こういう意味です!

コメント

  1. li-hari より:

    id:bumeesha
    bumeeshaさん
    ブコメありがとうございます。
    乳房があるから、乳がんになるわけではないですね。乳がんの原因は、ほかの翻訳文で書いてますので、参考にしてください。
    病気は切るのではなく、体質改善がもっとも大事です。

  2. 吉田智弓 より:

    先生初めまして。先生のブログを見てから、鍼治療の素晴らしさを目の当たりにして、昨年、鍼灸の専門学校に入学しました。 大変ですが楽しいです。ありがとうございます。
    今、気になる事が有ります。体に悪そうな物(お菓子など)を食べたら、2日後の帯下から、その食べ物の匂いがします。臭くはなく、甘い匂いです。麻婆豆腐を食べたら、経血から八角のにおいがした事もあります。
    私は、頚部異形成で医師に癌患者扱いされ手術を勧められています。煎じ薬で何とかしたく、中医師に師事を扇いだ医師からの煎じ薬を半年程飲んでいます。芎帰膠艾湯ではないですが、腎虚と言われ、それに合った物、解毒作用のあるものです。それが効いているのか、癌に変化しているのか、恐くてたまりません。ニハイシャ先生の文献に帯下や経血のにおいについて言及されているものはありますでしょうか?

    • 李哲 より:

      吉田智弓 さんへ
      コメントありがとうございます。
      ニハイシャ先生は特別に経血の匂いに関して論じてないです。
      以下は私の個人的見解ですが、参考になると幸いです。
      食べ物のニオイが経血・帯下から分かるのは、下焦の冷えが原因だと思われます。子宮の冷えがあると頚部異形成にもなります。
      煎じ薬もしくは鍼灸治療、どちらも解決できますが、先生の腕にもよるでしょう。半年も飲んで効果を感じなかったら、先生を変えるか処方箋を変えてもらう必要があります。鍼灸も同様、半年治療して無効だったら、鍼灸師を変えてください。
      セルフケアの場合は、中極・三陰交にお灸するのがオススメです。
      鍼灸専門学校の勉強は大変ですが、頑張ってください。
      いろんな病気を治せる鍼灸師になることを願います。