血精液症(精液に大量の血が混ざる症状)、3日の漢方薬で8~9割改善

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。本文のリンク先は、同志艾滋病男射精出血三剂而愈_郑智城(2013-08-13 発表)

精液の中に大量の血が混ざって怖い!

一人の若者男性。

見た目は体がガッチリ、筋肉隆々、優しい顔をしています。

実は彼は同性愛でHIV陽性、西洋薬を飲み続けていますが、普段は漢方で体調不良を治す感じです。

すごい仲が良くなったある日、彼からメールが来ました。

「精液の中に、大量の出血が混ざって怖いです!」

この症状は聴いただけでは、どうしたら良いか分かりません。

以前、このような患者さんを見たこともないから。

考えている最中に、一つの処方を思い出しました。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

f:id:li-hari:20181203222516j:plain
蓮子(れんこ):心臓の火を下ろすことができる生薬。イライラ、不眠、不安障害などによく使う。

3日の「清心蓮子飲」で8~9割良くなった

処方の内容は黄芩、麦門冬、地骨皮、車前子、炙甘草、柴胡各15g。石蓮肉、白茯苓、黄耆、人参各23g。

この処方の適応症は心火が多くて、気陰両虚。

特に男性の泌尿器の病気、女性のおりものなどに有効です。

彼に3日分処方しました。

数日後、彼にメールして状況を聞いたら、彼が言うのは「8~9割良くなりました、どうもありがとうございます!」

「清心蓮子飲」を処方したのは直感

その後、彼の紹介でまた数人の同性愛の患者さんが来ました。

彼が自信満々で、「あの先生なら治してくれる!」と保証しているそうです。

清心蓮子飲で血精液症を治す機序は、私もまだ完全に分かっていません。今回は直感的にこの処方だと思いました。

 

人間の体は非常に複雑なシステムで、なぜこの症状が出たのか、なぜこの処方で治せるのか、すべて解釈できるものではない

体のシステムに関する中医学の考え方は、以下の記事が参考になると思います。

私が思ったのは、彼は「陰虚証」以外に「気虚証」もあります(房事、性行為が多いと仮説する)。

「気虚証」と「陰虚証」の影響で出血し、小便から出たと考えられます。

重い病気の治療中は房事(性行為)が禁止。

詳しい理由は、以下の記事をご覧ください。

便の後に頻尿になる男性、同じ処方箋で15日で治癒

もう一人の若者男性。

毎回天気が蒸し暑くなると、お通じの後に頻尿の現象が起きる。

最初、私は猪苓湯を使い、少し効果はありました。しかし再発するのです。

あとで清心蓮子飲を処方したら、彼が言うのは「この処方はとても合う感じ!」

15日間飲んで、その後からは再発してないです。

f:id:li-hari:20180608130018j:plain

黄芩(おうごん)の花

李哲の感想

精子の中に出血するのは、中医学の理論でいうと膀胱の冷えが原因。もしくは泌尿器に炎症(中医学では「熱証」だという)が起きています。

「寒証」ても「熱証」でも出血が起きるけど、「熱証」の方は少ない。

一般的には「寒証」、もしくは両方兼ねているタイプが多いです。

上記の男性は、おそらく後者です。

もし冷えが原因だったら、温める生薬がない清心蓮子飲では治せない。

西洋薬の抗生物質でも、消炎作用はあります。

この場合は、効き目があるかも知れない。

しかし、抗生物質を飲むと翌日から朝たちがなくなる。徐々にED(ぼっき不全)にもなります。

メリットよりデメリットの方が大きい。

抗生物質に関する詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。

抗生物質より遥かに有効で、副作用がない漢方薬・鍼灸があるのに、なぜ試さないですか?

漢方薬は全体的の治療なので、ほかの病気が増えません。逆に体力と免疫力が増えます。


私が思うのは、上記の患者さんは、HIV治療薬にやられたかも知れない。

一般的に、精液に血が混ざるのはないから。

HIV治療薬は劇毒が多いので、免疫力低下になるだけではなくて、今回みたいな不思議な症状も出ます。本当に気の毒!

HIVワクチンも使われていますが、これは効能よりも副作用がのほうがひどいと言われています。

血精液症に対して、鍼治療の場合は肝経をメインに治療します。

生殖器系を通る経絡は、肝経が一番影響があるので。

お腹の中極、関元、曲骨、行間なども治療の候補に入ります。

以前、妊娠中のカンジタ膣炎(すごい痒くなる病気)を治した事があります。病名は血精液症と全然違うけど、治す原理は同じです。同じ経絡のツボで治す。

カンジタ膣炎の治療例は、以下をご覧ください。

精液に血が混ざるのは、確かに見た目は怖いです。

しかし、致命的な病気ではないので、怖がらないでください。

信頼できる漢方医もしくは鍼灸医に診てもらえば、あなたはきっと良くなります。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。

コメント