鍼一回で急性の腹痛が治り、大黄牡丹皮湯を飲んでから虫垂炎は完治

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。

急性の腹痛だと一般的に救急車、救急病院を思い出しすが、漢方と鍼治療はさらに優れていることを知ってください。今日紹介するのが、中国河北省の有能な女医(中医師)、張静先生1の救急症例。もとのリンク先は以下。

肚子痛
第一次便秘,第二次是阑尾炎了。

急性の腹痛に襲われた女の子

患者は9歳の女の子。
母とおばあちゃんが連れて来ました。
おばあちゃんが言うのは、「子供は道ばたでずっと叫んでましたよ。張先生、お腹が痛いよ、助けてーーー!」

まだ9歳なのに、道ばたで「助けて!」と叫ぶ。
多分アニメでも見すぎたでしょうね。
また、体調不良であることも確定です。

検査結果は急性の虫垂炎

私は子供に聞きました。
「どんな風に痛いですか?」

子供は答えないで手でお腹を隠し、検査もさせないし、触らせてもくれなかったです。

私はまた子供に言いました。
「検査もさせないなら、あなたを救うことができないよ」

それでも、子供は協力しなかったです。

私はいつも各種類の鍼を白衣の胸ポケットに入れていました。子供はじっとその鍼を見ていたのです。私は子供の目の前で全部の鍼を出して、1本だけ手のひらに隠しました。

子供は鍼がないことを確認し、やっとベッドに仰向けになって検査をさせてくれました。へその左下を押すと痛がる。右のマックバーニー点は押すと痛いけど、押さなければ痛くない。

私は母に言いました。
「急性の虫垂炎です」

鍼して2秒後には腹痛が治った

その後、私は子供が痛がっていた所に鍼をして瀉法を行い、すぐ鍼を抜きました。前後2秒もかかりません。子供は急に「お腹の痛みが治った」と言って、ベッドから飛び降りました。鍼を抜くのが早かったからまだ良かったけど、遅かったら危なかったです。

子供は降りてからママのスマホをおねだりして、いろんな好きな姿勢に変えながら見てました。子供の母とおばあちゃんの診察・鍼治療が終わって出てきたら、子供はまだ楽しそうにスマホを見てました。

「もしかして、スマホを見るために私たちを騙した?」
と思った私は、子供に近づいて質問しました。
「まだお腹が痛い?押して見よう。もしまだ痛かったら、ほかの救う方法があるよ。私が隣にいなかったら、あなたを救うことができない」

子供は起き上がって、自分でへその左下を押してみて言いました。
「痛くない」

その後、子供はまたスマホに没頭し、私を見ようともしなかったです。これは本当に痛かったな、と思って私は漢方薬を処方しました。

処方箋:大黄(酒製)、冬瓜仁、牡丹皮、桃仁…

 

大黄の画像

大黄の画像

大黄牡丹皮湯を飲んでから虫垂炎は完治

1週間後、母親が子供を連れて再診察に来ました。子供はもう治っただそうです。

数ヶ月前、子供ははじめて腹痛のために治療に来ました。当時の腹痛の原因は便秘。小承気湯しょうじょうきとうを飲んで治りました。

李哲の説明:
小承気湯の症例は、以下の記事もあるのでどうぞ参考にしてください。

 

六十年の頭痛は鍼と柴胡桂枝湯で治り、便秘は小承気湯ですぐ治った。

子供は覚えたでしょう。
私が彼女の腹痛を治せる人だと。
だから、道ばたで「助けてーーー!」と叫びながら来たのです。

李哲の解釈と説明

処方箋の説明

大黄(酒製)、冬瓜仁(子)、牡丹皮、桃仁…などは「大黄牡丹皮湯だいおうぼたんぴとう」の組み合わせです。芒硝が書いてないけど、おそらく書いてないだけでしょう。

大黄牡丹皮湯だいおうぼたんぴとうは急性の虫垂炎によく使う処方箋です。効果はどれだけ良いのか?飲んだ翌日には黒い便がたくさん出て、腹痛が著しく減ります。1日飲んだだけで。もちろん、1日分で完治ではないので、残りの瘀血は数日間漢方薬を飲む必要があります。

大黄牡丹皮湯だいおうぼたんぴとうはニハイシャ先生2の症例でも出ているので、以下の記事どうぞ参考にしてください。

虫垂炎治療で鍼灸の診断・治療は迅速かつ効果的

上記の張先生の治療過程を見ると、診断に使ったのは腹診です。ツボ(圧痛点)をチェックして診断。

西洋医学でも腹診がありますが、中医学は西洋医学のマックバーニー点など以外に、ツボのチェックがあります。

腹診のメリットは迅速に診断して治療できること。
(しかも触診なので副作用がありません)

患者が痛くて死にそうになのに、「ちょっと待って下さいね。レントゲンとCT検査してから原因が分かりますよ」、こんな検査をする時間がありますか?

漢方薬は煎じるのに時間かかるし、緊急事態の面したとき、鍼はもっとも優れた治療法です。心臓の痛みであろうと、出血であろうと、鍼は患者の苦痛を減らす最強の治療法。以下はスタンフォード大学の博士、李宗恩中医師3の症例、参考になると幸いです。

(おわり)

  1. 張静先生は中国・河北省石家庄市の中医師です。『傷寒雑病論』の処方箋で様々な病気を治す若者実力派。本ブログでは彼女の症例を数多く翻訳しました。張静先生の診療所住所・電話番号などは以下の記事をご覧ください。オススメの漢方医・鍼灸医(海外)

  2. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。全世界で「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育てた先生でもあります。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

     

  3. 李宗恩博士はアメリカ・カリフォルニアの著名な中医師。数々の難病・がん治療で高い臨床効果を出して、中医学の普及のために記事を書か続けて、研修医たちも育てている素晴らしい先生です。李宗恩博士の診療所情報は、以下の記事で説明しているので、どうぞご参考にして下さい。オススメの漢方医・鍼灸医(海外)

コメント