死にかけた蜂窩織炎(足がただれて痒い)を、漢方薬で治した例(上)

この記事は約2分で読めます。

【2020-08-15追加情報】

もっとひどい足が爛れる漢方薬症例があったので、こちらも参考にしてください。94歳のおばあちゃんを治した例です。漢方薬の効果がどのくらい良いか、見てみれば分かります。

こんにちは。李哲です。
アメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、差点就要了命的白人中年男脚感染_郑智城(2012-08-08 発表)

抗生物質も効かない蜂窩織炎。全身に広がってかゆい、足はただれて黄色い滲出液が出る。こんなひどい感染症を、漢方薬で治した例です。

謎の症状:足がただれ赤く腫れて痛い、痒い

2週間前、一人のアメリカ人男性から電話が来ました。

「私はデラウェア州の◯◯ですが、2年前に治療してもらったことがあります。最近皮膚病で悩んでいますが、治療してくれますか?」

私「もちろんできますよ。」

この男性は覚えています。
礼儀正しくて背が高い白人。奥さんは台湾人。乳がんでこちらに治療しに来たことがあって、その後すぐ北京中医薬大学に留学して中医学勉強に行きました。

午後、夫婦とも2人が来ました。少し挨拶してから、彼は足を見せてくれました。

見て目はすごい怖かったです。具体的に言うと、

  1. 両足はむくんでいる。
  2. 両足のうちくるぶしの近くに、つまり腎経の太谿穴近くに、やけどしたみたいなカサブタがあり、皮膚が硬くてとても痒い。中から黄色い浸出液が出ている。

同時に腎経に沿って大腿部まで広がって、そけい部にも似てものがあるそうです。以下がその画像。

足がただれて痒いのは漢方薬で治った

コメント

  1. li-hari より:

    id:MT6538
    M(エム)さん
    ブコメありがとうございます。
    見た目だけでは判断できないので、難しいところですね。脉診などを踏まえて判断するのが、中医学の特徴です。