コロナワクチンの副反応:左足にできた赤い発疹を数回で治した例

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、李哲です。
コロナワクチン接種後、様々な副作用に悩む患者さんを治療してきました。症例として書いたのは、以下の2つあります。

今日紹介するのは、3つ目「薬疹」。

患者さんは30代男性。
ある日、彼は足にできた発疹を見せてくれました。

彼「もしかしてワクチンの副作用ですかね?」
私「その可能性が高いです」

なぜなら、彼が以前、サプリメントに騙されてできた発疹を私が治したからです。当時の症例は以下の記事をご覧ください。

彼は毎週鍼治療に通っていて、食べ物にも割と気をつける方です。こんな不可解な発疹が出た時、最初に疑うのが西洋薬・ワクチン!

理屈上、薬疹は血液に毒素が回っているから起きる症状。ワクチンは毒物じゃないですか?毒物だから薬疹ができるのも当たり前です。ある人たちだけ薬疹が起きるのは、体質の問題。解毒する肝臓が弱くなっているからです。

ワクチン後遺症の薬疹を鍼灸ではどのように治すか?
簡単です。
デトックスを助けるツボを刺して、血液中の毒素を減らせば発疹が自然に治る。血海、三陰交、築賓、太衝などツボは色々あります。

▼以下は2021ー9ー9に撮影したもの。その前、すでに1回か2回の鍼治療しました。なので、赤みが減っています。4~5回刺してから治りました。ちなみに、下2つは三陰交と築賓に刺した鍼。

コロナワクチン接種後に現れた赤い発疹は数回で治った

「だったの一人で、コロナワクチンの副作用だと言い切るのは、ちょっと!」と言われるかも知れません。

あなたのは間違っています。
当院は今まで3人(女性2人、男性1人)確認できました。しかもみんな左足に赤い発疹ができて、痒い方がいれば痒くない方もいます。こんな小さなお店で3人も確認できるなんて、すごい確率だと思いませんか?

個人の見解として、ワクチンはすべて百害あって一利なし!
特に今回の新型コロナワクチンは、未知の副作用がいっぱいある。今後数年で公にされるはずです。もともと、コロナの諸症状は漢方薬・鍼灸で治せるのに、こんなハイリスクのワクチン接種の意味は分かりません!

コロナワクチン接種は個人の自由ですが、日本では同調圧力で接種しないといけない人たちもいます。私が治療したのも、仕方なくてワクチン接種した人たち。

ワクチン後遺症がなければ、もちろん1番良いです。ただし、万が一辛い副作用が出た時、鍼灸・漢方薬が治せることを覚えてください。

コメント