足に赤い発疹ができたのを鍼3回で治した例。サプリメントの毒素が肝臓に貯まるから、皮膚に発疹が出るのです。

この記事は約4分で読めます。

百害あって一利なしのサプリ

こんにちは、李哲です。

臨床でサプリメントの害を受けた患者さんを何人も見ました。少し前だと以下の症例。

良かれと思ったものが滋養強壮になるところか、毒素が発疹の形として皮膚に出る。お金払って災難を買うのは、サプリを買うことです。

今日はもう1人の男性、サプリメントにやられたのを治した例をもとに、なぜ皮膚に発疹が出るのかを説明します。この男性は過去記事に書いた方です。

足に赤い発疹ができたのを鍼3回で治した

2020.4.8
先週は普通に鍼をしたのに、今日足に鍼をするとき見たら、なんと赤くて痒い発疹が出たのです。片足に4~5個、直径は約0.5cmくらい、凹んでいる。

私「なにか普段と違うものを食べましたか?」
彼「普通ですよ。」

私は少し考えてから、もう一度聞きました。

私「最近なにかサプリメント飲んでいますか?」
彼「亜鉛サプリを飲んでいます。」

百害あって一利なしのサプリメント

私「なんのために飲んでいますか?」
彼「妊活のためです。」

これで発疹の原因が分かりました。
上記の女性と同じように、彼はサプリにやられたのです。

私「○○さんの身体は問題ないですよ。サプリはすぐ止めて下さい。鍼灸だけでも十分生殖機能を強化できるので。」

今日はツボを変えて、皮膚の毒素を解毒するツボに変えました。

2020.4.11
以下は施術したときの画像です。
1枚目は左足、2枚目は右足。
赤い点々が見えるのが発疹した場所。

3日前に鍼をしてから、赤い発疹が減って3個くらいになりました。

刺したツボは三陰交、築賓。
ほかにもツボがあるけど、画像に写ってないです。

亜鉛サプリメントを飲んでから現れた発疹

亜鉛サプリメントを飲んでから現れた発疹

亜鉛サプリメントを飲んでから現れた発疹

亜鉛サプリメントを飲んでから現れた発疹

2020.4.15

足にできた赤い発疹は、だいぶかさぶたになり、色も白くなりました。

2020-04-23
前回鍼をしてから、だいぶ赤みが薄くなり、肌色になってきました。凹んでいたのも平らになり、ほぼ治っています。以下の画像で確認してください。あとは、周りの皮膚と同じ色になるまで待つだけ。

サプリメントはもちろん止めています。

赤い発疹は鍼治療後ほとんど肌色になった

赤い発疹は鍼治療後ほとんど肌色になった

肝臓の毒素が皮膚に出て発疹する仕組み

次はなぜ肝臓の毒素が、皮膚に発疹として出るのかを説明します。

人工的な薬品・サプリメントは、すべて肝臓で代謝されます。自然な漢方薬も同じ。ただし、自然な毒は体が処理できるけど、人工的な毒は体が処理しきれません。

肝臓に処理できない毒素がたまると、体は大事な肝臓に置かないです。肝臓の働きが悪くならないように、内臓から遠いところに置いとく。1番遠いところは、もちろん皮膚です。

肝臓の毒素は、もともと門脈を通して大腸に流れ、ふん便として排出されます。ところで、人工的な毒素は簡単に排出されない。大腸と肺は、表裏一体の関係です。つまり、大腸の毒素は経絡を通して肺にも影響がある肺は皮膚を司るので、大腸の毒素は皮膚に現れて発疹が起きます。

なぜ合谷、曲池など大腸経のツボで皮膚病を治せるのか?理由は大腸と肺は、表裏一体だからです。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

漢方薬・鍼灸は一つだけ発疹が出る場合があります。肝炎・肝硬変・肝臓がんなど、肝臓に毒素が大量に溜まったとき、治療すると毒素が分解されて皮膚に出てすごく痒くなります。

これは治療の一環として、好転反応とも言えます。薬・サプリメントを飲んで現れた発疹とは、性質がまったく効果が違う。

ニハイシャ先生1の治療例には、こんな患者さんがいました。パーキンソン病が治るとき、先生は皮膚が痒くなると事前に話したら、本当にめちゃくちゃ痒くなったのです。

薬・サプリで皮膚がやられた患者さんたちの証言

薬とサプリメントで、皮膚のトラブルが出た患者さんは何人も見ました。

▼以下はサプリメントを使ってから、顔が相撲さんみたにパンパン腫れた女性の証言。

【中医学】脂肪肝の症状、原因と脂肪肝を改善した足つぼ整体の症例。肝臓が良くなっただけではなくて、肌の調子がすごい良くなり、やる気が出て、30歳若くなった。
...

▼以下は薬の副作用で惹き起こした薬疹を数回で治した例です。

脈拍が速い・胸にできた薬疹は数回で治り、西洋医学のケツを拭いた例
...

薬とサプリメントが惹き起こしたトラブルを鍼灸が片付けました。肝臓の毒素が減らして、免疫力もついでに強化するのが鍼灸の良いところです。

ネットを見たら、「抗がん剤を打った後に、皮膚が痒くなるのは抗がん剤が効いている証拠だ」という先生がいました。なぜ抗がん剤で皮膚が痒くなるのか?上記の私の説明を見れば分かるでしょう。肝臓が壊れているからです。

この先生、いつか鍼灸治療に来た時、私は治療を拒否します。
そんなに抗がん剤が効くなら、先生もやってみたら?鍼治療は要ります?

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント