乳がん歴37年の母の教え:抗がん剤、手術を受けないほうが長生きする!

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。李哲です。

今日は倪海夏(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

中国語本文のリンク先は、

三十七年以上的活品質與生命意義

 

 

絶対に病院の治療を受けない乳癌患者

 

05/04/2006、晴れ。

午後、一人の患者さんが来ました。

 

1956年生まれ、女性。

西洋医学の診断は「乳がん」

 

以下は彼女との対話内容です。

 

私:「なんで最初、自分が乳癌だと思ったのですか?」

彼女:「左胸にしこりができて、痛くないけどすごく硬いです。そして、乳首が陥没したので自分は乳ガンだと思いました。

 

私:「乳癌の確信はどこからきたのですか?」

彼女:「私の母も乳がんです。母も乳がんの初期はこんな感じでした。」

 

私:「なんで西洋医学の治療を受けないですか?」

 

彼女:「要らない!

母はなんの西洋医学の治療も受けてないけど、37年経った今でも元気に生きてます。

だから、私は絶対西洋医学の治療を受けません。

 

受けると、悲惨に死ぬかも知れないし、なにも受けないほうがマシ。

 

私は胸を隠して、他人に自分は乳がんだと言わなければ良いだけです。」

 

私:「旦那さんを騙す事はできないでしょう?」

彼女:「主人はもう亡くなりました。心臓病の手術を止めなさい!と反対したのに、頑固に手術を受け、手術後に病院で亡くなりました。西洋医学の先生は手術はとても成功した、死んだのは手術と関係ないと言っています。」

 

私:「乳首から化膿した液体が出てますか?」

彼女:「それは乳癌ステージ2でしょう?私はまだないです。」

 

私:「お母さんの乳癌は転移とかしてないですか?」

彼女:「転移してます。

でも、お母さんは気にしてない。

あちこち遊びながら生活してます。

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181220/20181220120333.jpg?w=1186&ssl=1

 

お母さんは病院も行ってません。

行くと脅かされて死ぬかも知れないから。

お母さんは西洋薬もビタミン剤も飲みません。」

 

賢い人は、他人の事から教訓を学ぶ

 

このような患者さん、私は一番好きです。

西洋医学の治療をしてないから、非常に治しやすい。

 

もし、西洋医学の治療を受けてからくると、治すチャンスは少ないです。

 

以上の例で分かるのは、賢い人と愚かな人の差。

 

賢い人は他人から教訓を得ます。

同じ悲劇を繰り返さない。

 

愚かな人は永遠に勉強が出来ない。

永遠に同じ悲劇を繰り返しても気づかない。

 

賢い人は怖いものないから、楽しく生活できます。

愚かな人は恐怖と怯えの生活を送る。

 

皆さんはどんな人になりたいですか?

どちらが長生きして、尊厳がある生活を送ると思いますか?

 

患者を落ち込ませて、脅迫・脅かすしかできない西洋医学

  

乳癌だと診断された時は、すでに非常に落ち込みます。

なのに西洋医学の先生は、「手術と抗癌剤をしないとあなた死にますよ!」と脅かす。

 

これで、患者さんは毎日恐怖の生活を送る。

最後の死ぬ日まで。

 

しかし、事実はどうなのか?

 

上に書いた例が教えてくれます。

何にも治療を受けない人が、治療を受けた人より長生きして、もっと楽しく生活できます。

 

西洋医学の先生よ!

胸に手を当てて、良心的な話を聞かせてください。

 

手術した後に抗がん剤を続ける。

これで患者さんは本当に良くなりますか?

 

乳がん患者が毎日どんな生活を送っているのか、先生たちは分かりますか?

 

乳がん患者は最後、

    • 抗がん剤の副作用で死んだのか?
    • 乳がんで死んだのか?
    • 恐怖で心臓発作で死んだのか?

病院の先生たちは、死因をどう判断しますか?

 

毎日患者さんを脅かして害しか与えない。

これは悪魔しかやらない行動。

 

貴方たちが行動を変えないと、悪魔と同じ!

 

がん患者を中医学に渡して!

 

私は患者さんを脅かさない。

どうすれば大笑いさせるか、どうすれば楽しく生活できるかしか考えません。

 

だから、私の患者さんはみんな長生きしています。

 

前の治療日記に書いた肝硬変の患者、来月にはアラスカ州に1ヶ月旅行に行こうとしてます。

 

貴方たちの治療で、

患者さんは気持ち余裕で旅行に行けますか?

 

自分ができないなら、患者さんを中医学の治療に譲りなさい。

患者さんに生きるチャンスを与えて。

 

患者さんに正直の話をするのは、逆に尊敬されます。

 

患者さんを最後まで握り締めて、死ぬ直前になってから中医学の治療に譲る先生は悪魔と同じ!貴方たちが患者さんの命を奪ったから。

 

貴方たちの心は穏やかになりますか?

 

夜中に患者さんの霊が来て、「私の命を返せ!」と言うのが怖くないですか?

コメント