半年も治らない十二指腸潰瘍、麻黄附子細辛湯+調胃承気湯で黒い便が出たあと胃痛が治り、精神状態がとても良くなった

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。

半年も続く十二指腸潰瘍の痛みを、1日の漢方薬で治した例:胃痛を翻訳しました。倪海厦(ニハイシャ)先生1の弟子が書いた症例です。胃痛、十二指腸潰瘍などの病名で悩んでいる方、西洋医学の治療以外に、漢方薬では簡単に治ることを知ってください。

漢方薬はもちろん、鍼も胃痛に対して効果バツグンです。十二指腸潰瘍が1回で治るとは言えませんが、少なくとも胃痛は1回で著しく改善します。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

病院で半年も治らない十二指腸潰瘍の胃痛

2008年7月14日。

患者さんは李さん、41歳、48kg。
治療に来た理由は、胃痛。

彼が言うのは、半年前に病院で十二指腸潰瘍だと診断されました。抗炎症薬、抗生物質を飲んでから炎症はなくなったけど、この半年ずっと胃の痛みがある。

私に言わせると、これは標準的な子供騙し。炎症が治ったって本当に治った事ではない。

中医学の問診と診断

以下は問診内容です。

1.睡眠:朝まで寝れるけど、ぐっすりは寝れない

2.体力:普通。週2~3日は昼間でも眠い。

3.汗:汗が出にくい。

4.食欲:食欲はあまりない。お腹も空かない。

5.大便:1日1回。ボールペンみたいに細い(20~30cmくらい)のが5~6本出る。(大便如鞭)

6.小便:透明に近い、5~6回。

7.暑がりと寒がり:おでこは比較的に熱い、手足も温かい、ぬるいお湯が飲みたがる、午後は発熱しやすい(日哺所潮熱)

8.喉が渇く:渇かない。むりやり水を飲む。

腹診:中脘から上脘の間、押すと痛がってました。
舌診:舌苔は薄い、少し黄色。
脈診:浮細。左>右。

診断:少陰症兼陽明腑熱。
処方箋:麻黄附子細辛湯まおうぶしさいしんとう調胃承気湯ちょういじょうきとう(粉薬)。1日3回、食前。

李哲の説明:
麻黄附子細辛湯まおうぶしさいしんとうは幅広く使われています。中医学ではまとめて「少陰症」だと言いますが、西洋医学の坐骨神経痛、腰痛、全身のむくみ、花粉症…様々な病気を治せます。以下はもう一人の漢方医の症例、参考になると幸いです。

花粉症、足のかかとが痛いのが、わずか3種類の生薬(麻黄附子細辛湯)で治った

漢方薬飲んでから痛みが治り、便も正常に戻って、精神状態がとても良くなった

当日、晩ごはんの前に初めて飲んだら、2時間後に黒い便が出て、夜11時にはお腹が空いてきた(胃気が回復)

2008年7月15日。 
昼の排便は太くなり、中脘穴あたりの痛みも消えました。精神状態がとても良くなり、午後は水泳に行こうとしているそうです。

治療はこれで終わり。

弟子 小毛 敬書

倪海厦(ニハイシャ)先生の評価

皆さん、この治療例を見てどう思いますか?

西洋薬は本当にデタラメ、人の胃腸を壊すだけ。胃の病気を治せる西洋薬、私は今まで聞いたことがないです。 西洋医学は簡単な胃痛すら治せないのに、胃がんを治せると思いますか?

李哲の説明:
胃癌で死んだ芸能人・有名人は少なくないです。しかし、中医学に任せると100%治る。本ブログでは胃癌の症例を多数アップしています。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

胃がんの吐き気・嘔吐・下痢は1週間で治り、食欲全開で体力が増え、4ヶ月後には病院の検査で完治だと証明された

医学が正しければ、治せない心配はありません。このような1回で治療効果が分かるのは、世の中で経方家しかできない。

生徒さんたちが経方を習って成果が出て、私は心から嬉しいです。皆さん頑張って経方を全世界に広げて下さい。中医学は病気を治せないという汚名を直しましょう。

中医学こそ病気を治せる医学!

李哲の説明:
ニハイシャ先生が話した「経方」と言うのは、一つの流派です。漢方薬に流派があるのか?「経方派」は何が違うのか?分からない人のために、以下の記事を書きました。あくまでも個人的見解です。参考にしてください。

漢方が効かない原因は、「温病派」処方かも知れない。「経方派」と「温病派」の処方箋の違いを詳しく説明します。

(おわり)

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

    ↩︎

コメント