胃痛、脱力感を鍼1回で治した例から分析:慢性胃痛の原因は不規則な食事が多い

この記事は約3分で読めます。

胃痛、脱力感を鍼で治した

 

こんにちは。李哲です。

今日は自分の胃痛を治した例。

 

ある日、通勤途中で急に胃が痛くなりました。

お店についた時は、全身脱力感で辛かったです。

そのまま横になろうと思いましたが、踏ん張って鍼を持ってきて自分で刺しました。

 

ちょうど11時前だったので、11時前に流れる脾経のツボ:太白と公孫を刺しました。回して響かせて、すぐ痛みが緩和・消えたけど、念の為に20分置鍼。

 

起き上がった時はすっかりよくなり、いつもの力が出る状態に戻りました。

 

なぜツボを選ぶのに時間を見たのか、以下の記事で説明しています。

慢性胃痛の原因は、不規則な食事が1番多い

 

私の胃痛は昔から「育ててきた」病気です。

日本に留学したばかりの時は、よく時間通りにご飯を食べない。お腹空いても仕事してご飯は後回し、帰って食べる時はめまいがするくらいでした。

 

お腹空いた時は、自動的に胃酸も分泌されます。なのに、ご飯が入ってこない。長年経つと胃酸ばかり出てきて、胃袋はダメになる。胃炎.胃潰瘍などになるわけです。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180525/20180525180318.jpg

幸いに今は何か不調があるとき、鍼でメンテナンスができる。ごはんはちゃんと時間通りに食べているので、だいぶ正常に戻っています。

まとめ

 

ほかの人は胃痛の時、西洋薬1粒をホイと飲むでしょう。

私は鍼1本をホイと刺します。

鍼がなかったら、足裏の胃の反射区をグイグイ押す。足つぼだって効果バツグンですよ。

 

 

中医学を知っているので、注意はしてますが、いくら養生しても病気になる時があります。

 

問題は病気になったとき、どう解決するか?

 

副作用なしで、後遺障害もない中医学.自然療法を選ぶのか。

副作用だらけで、未知の後遺障害ばかりの西洋医学を選ぶのか。

 

どちらを選ぶかは、あなたの自由です。

 

追記:中国式の笑い話

ある日、新築の病院に火災が起きて全焼。

院長先生はこのニュースを聞いた時、失神してしまいました。

 

消火活動を行った消防士は、救助活動が終わって院長先生に報告しました。

 「地下1階のところで3人見つけて緊急救命活動をしましたが、2人は残念ながらなくなり、一人は救助できました!

 

この話を聞いた院長先生は、また失神してしまいました。

目が開いた院長先生がつぶやいたのは、

「地下1階は霊安室(れいあんしつ)です…」

胃が痛いのを治した漢方薬・鍼灸・足つぼ整体などの症例

コメント