レモンが体にいいのは、アルカリ性だからです

この記事は約3分で読めます。

万人にオススメできる、体にいい「レモン」

こんにちは。李哲です。

いろんな病気に関して相談のメール、「普段の養生に良い食べ物はないですか?」の質問がありました。

 

今日は、まとめて答えします。このブログを読んでいる方、当院の常連も試して下さい。

万人にオススメできる、体にいい「レモン」!

 

レモン

レモンが体にいいのは、アルカリ性だからです

 

もちろん、これは自然なレモンですよ。

市販の人工的なレモンジュース.レモンが入っているガム、サプリではありません。

 

毎日、食後にレモンを1個、もしくは半分を食べてください。

空腹ではダメですね。食後に食べることをオススメします。

レモンを陰陽五行論で分析する

 

レモンを中医学の理論で分析すると以下の通りです。

味は酸っぱい・甘い。

酸っぱいのは肝臓に入り、肝臓の解毒作業を助けます。

甘いのは脾胃に入り、胃腸を助ける役割があります。

 

レモンの色から見ると、黄色い。

黄色は陰陽五行論で脾胃(土)に属する色です。つまり、味も色も脾胃に良いことを説明しています。

 

ただし、酸っぱいのが1番強いので、肝臓の解毒を助ける作用が1番強いと言えます。脾胃に良いのは2番めの作用ですね。

 

肝臓の解毒作業ってなに?

簡単にいうと、体に溜まっている酸性のゴミ・毒物を分解し、新しい血液を作り出す過程。酸っぱいレモンは、この過程を強化する効能があるのです。

 

また、レモンは単純な酸っぱさだけではなく、甘みもあるので脾胃にも良い。一石二鳥の効果があるとも言えます。

レモンは美容・美肌にもオススメ

9月27日更新:

レモンは酸っぱいので、れもん水にして飲むと和らげます。もっと飲みやすくしたい場合は、黒砂糖など入れると甘みが出ます。

 

痛風.リュウマチなどは、薬よりレモンを食べてください。

西洋医学の化学薬品より100倍も効果があります。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生も冗談を言ったけど、「この発言でレモンがスーパーで消えたら困るな~」(笑)

 

レモンは味が酸っぱいけど、実はアルカリ性の果物。

値段が安くて栄養たっぷり。

女性の美肌・美容効果には最高な栄養素です!

 

アルカリ性食べ物で、体内の環境を整う

癌であろうと痛風であろうと、西洋医学の病名は山ほどあるけど、病気の原因は一つだけ。

 

体内のアルカリ性環境が、壊れたからです。

 

難しく考えないでください。

体内のアルカリ性環境が壊れた元凶は、酸性のもの(化学薬品.サプリメント.清涼飲料水など)を食べ過ぎ。治すのには、酸性の食べ物を止めて、アルカリ性のものをいっぱい食べればいいのです。

 

強いストレスが溜まっても酸性物質を作り出すので、要注意ですね。

 

2019-05-17追加内容:

日本の果物は、残留農薬が大きな問題になっています。

皆さん、レモンを買うときは、なるべく農薬が少ないのを買ってください。じゃないと、食べるのはレモンではなくて、農薬です。

xn--nyqy26a13k.jp

 

合わせて読みたい

コメント

  1. 佐藤遼子 より:

    こんにちは。
    以前より密かにこちらのブログを拝見しておりました。
    食や医学のことなど、私が疑問に感じていたことを切れ味鋭く指摘してくださるので、読んでいてとても痛快です。
    レモンは栄養豊富で美容健康に良いのですね。
    こちらの記事を、私のブログで紹介させてください。

  2. li-hari より:

    佐藤遼子 さん
    コメントありがとうございます。ご紹介されるのは光栄です、どうぞ引用してください。
    レモンは美容健康にもいいので、適量を食べたほうがいいですね。気をつけることは、日本のレモンは残留農薬が多くて、EUに輸出もできないレベルだそうです。
    無農薬のレモンがあれば、一番良いですね。

  3. 佐藤遼子 より:

    李哲さん、補足情報をありがとうございます。
    そうですね、なるべく安全なレモンを選ぶようにします。
    せっかく栄養を摂ろうとしてるのに、過剰な農薬によって台無しになるのは勿体ないですよね。