梨と健康を陰陽五行説で分析します【梨の咳止め薬膳も紹介】

この記事は約4分で読めます。

患者さんから頂いた梨、汁が甘くて美味しかったです♪

患者さんから頂いた梨、汁が甘くて美味しかったです♪

こんにちは、李哲です。
患者さんから頂いた果物、イチゴ・ブドウを説明しました。

薬草の著作に記録されてるのを見ると、梨の記録が一番多かった印象。言い換えると、梨はもっと薬物に近い効能がある。イチゴとブドウは、どちらかというと、滋養強壮のイメージです。

梨はどんな薬物的な効能があるのか、陰陽五行説から分析してみました。参考になると幸いです。

梨の表面は黄色いので、脾胃に良い

梨の皮は、色から見ると黄色が目立ちます。

黄色は陰陽五行説で「土」に属して、脾胃と関連しています。
つまり、黄色い食べ物は脾胃に良いと言うことです。

残念ですが、梨の皮は食べませんね。

梨の中身を分析:肺と脾胃に大変良い!

梨の中身は白い実です。

白いのは陰陽五行説で肺の色。
つまり、白い食べ物は肺に良い意味
です。

梨の中身は白いので、肺に良い!

次に味を分析します。

一言で表現すると、甘い!
梨の種類によって、酸っぱさ・苦さなど混ざるかも知れませんが、私が頂いたのはとても甘かったです。

甘いのは陰陽五行説で「脾胃」に属します。

梨の味は甘くて「脾胃」に良いとされる。実は白くて「肺」に良いとされる。この2つは矛盾な事がないです。

陰陽五行説で、肺は金。
②脾胃は土に属する。
③土は金の母で、「土生金」の関係。

梨の味は甘くて汁たっぷりで、脾胃に良いですが、「土生金」なので、最終的には「金(肺)」にまとまるようなイメージです。つまり、梨は肺を潤う(肺の津液を補充する)作用が大きい。歴代の名医たちの記述を見ても、肺の諸症状を治すことがメインです。

梨は肺の「熱証」を治すことで有名

梨は肺を潤う(肺の津液を補充する)作用が大きい と論じました。それでは、津液が足りないときにどんな症状が現れるのか?一言でいうと、肺の熱証です。

熱証のときに現れる症状は、

  • 乾いた咳・喘息
  • 黄色い痰が出る
  • 鼻・喉が乾燥して痛い
  • 落ち着きがなくて、ザワザワしている
  • 喉が渇く・乾く
  • 熱証の便秘…などなど。

上記の症状があるとき、梨を食べると改善が見られます。

一つ注意して頂きたいのは、梨はあくまでも果物で薬ではありません。改善が見られないときは、すぐ漢方薬なり鍼灸なり本物の治療を受けてください。

歴代の薬物誌に記録された梨の効能

以下、歴代の名医たちの記述を引用します。

除客熱気、止心煩

備急千金要方·食治』より

削贴汤火疮,不烂、止痛、易差。又主熱嗽,止渇

唐本草(別名は新修本草)より

ほかの『本草綱目ほんぞうこうもく』など、有名な本草書に記載されている内容は省略させていただきます。

薬膳「川贝炖雪梨」は、乾いた咳に効果的

最後には、中国の民間薬膳料理「川贝炖雪梨」を紹介します。
臨床でよく使うのは、乾いた咳・黄色い痰があるときです。

風邪、インフルエンザ、肺炎、新型コロナ…病名は関係ありません。とにかく上記の熱証が出た時は、老若男女問わず効果が見られます。

湿っぽい咳が出るときに使うと、逆に悪化するので、要注意!

以下は素材と作り方の紹介です。

薬膳に必要な素材

  • 雪梨1個(雪梨は梨の一種類です。一般的の梨は秋が旬だけど、雪梨は冬。関連の紹介は、以下の外部サイトをご覧ください。冬が旬の梨?新雪梨の味の特徴とは?
  • 川貝(四川産の貝母)5g
  • 氷砂糖 適量

雪梨が見つからない場合、普通の梨でも良い。
なぜなら、咳止め・去痰作用があるのは貝母ばいもだからです。

貝母:形は豆ちゃん。川貝(四川産の貝母)は苦くて甘いそうです~

作り方

  1. 雪梨の皮を剥いて、片方の目から芯まで穴を掘る。
  2. 掘った穴に、粉状の 川貝(川貝母)5gを入れる。
  3. 大きな茶碗に雪梨と少量の水を入れ、蓋をする。
  4. 茶碗ごとを水が入った鍋に入れて、1時間くらい弱火~中火でむす。
  5. 出来上がりは、氷砂糖を適当に入れて、好みの味にする。

子供は苦くてまずい漢方薬を飲んでくれないですが、甘く蒸した梨だったら食べます。薬嫌いで飲んでくれない子供がいたら、試してください。

注意点は上記の通り。
すべての咳・発熱に有効なわけではないので、要注意!!

ちょっとした体調不良のとき、薬膳料理は役に立ちます。ただし、薬膳料理はあくまでも食べ物なので、試してみてダメの場合、素早く漢方医・鍼灸師に治してもらって下さい。

コメント