高熱で脳障害になるのは都市伝説。脳障害で知能低下する原因は、西洋薬でむりやり発熱を中止させたからです。

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、发烧的迷思:传说中的烧坏脑子到底是真的还是假的?_郑智城_新浪博客(2016-12-09 発表)

  • 子供が高熱になっても脳障害にならない。
  • 発熱は子供の成長に欠かせないもの。
  • 発熱したとき、解熱剤で下げてはいけない。

などの内容、参考になると幸いです。

親がよく心配するのは、子供の高熱。

発熱すれば、すぐ頭が真っ白になり、何でもかんでも病院の治療を受けます。親たちが心配しているのは都市伝説:高熱をすぐ下げないと、脳障害になる。

歴史上、確かにこのような事はありました。

流行性脳脊髄膜炎患者は、高熱のあと生き残ったけど、智力がだいぶ落ちました。

▼李哲の説明:智力が落ちた発達障害児、漢方薬でどのくらい改善できたのかは、以下の記事を見れば分かります。西洋医学では完全に治療不可能だけど、漢方薬ではなんとか回復。

高熱は子供の成長で欠かせないもの

流行性脳脊髄膜炎を除いて、一般的な発熱は違います。

高熱は子供の成長過程で欠かせないもの。

子供が発熱するのは、夢にも来てほしい事です。

高熱を起こしたあとの子供は、賢くなるし身長がぐっと伸びる。セミの抜け殻の段階みたいに急成長します。発熱がなかったら、身長と智力の向上は難しい。

f:id:li-hari:20180616195939p:plain

高熱は子供の成長で欠かせないもの

上の理論に反対する人もいるでしょう。

「私たちの子供は高熱が少ないけど、身長も智力もあります!」

あなたの子供は、もともと身長180cm・IQが130にもなれるのに、発熱が少なくて今は170cmでIQが99だけです。あなたはどう思いますか?

田舎の年配者たちは、子供が高熱を出してもあまり気にしません発熱したあと、子供はぐっと身長が伸びて、賢くなるのを知っているから。

高熱を出したあと、子供はすくすくと伸びる

高熱で脳障害になるのは、西洋医学の治療を受けたから

それでは、なぜ「高熱で脳障害になる」都市伝説があるのか?

現代医学の高熱に対する処理が間違って、強制的に発熱を中止させたからです。

もともと子供は風邪を引いたあと、もしくはワクチン接種のあとに発熱します。これは体の免疫力が、自動的に抵抗する過程。

体には免疫システムがあること、皆さんは知っているでしょう。発熱は免疫システムが働いている過程で起きる現象です。

もともと、この過程は3~5日で終わるもの。

しかし、今の親たちはすぐ病院に運んで治療する。

病院の治療は、だいたい点滴で熱を下げる。

むりやり子供の免疫システムを押しつぶして、抵抗しているのを止めさせるのです。(お医者さんの本意は、体を助けて侵入者を倒す)

▼李哲の説明:抗生物質・ワクチン接種をよく受けた子供と受けてない子供の比較があります。参考なると幸いです。

結果的には、この免疫システムは後ろからナイフで刺され、すぐ負けて働けなくなる。外からの侵入者もだいぶ死んだけど、悪いやつは簡単に全滅しない。生き残った悪いやつらが目を覚ましたら、目の前は抵抗する軍団がない。喜んで更に進軍。


なぜ小さな風邪が、肺炎になり腎炎になるのか?

西洋医学の治療が原因です。

もともと悪いやつらは、鼻.咽頭などでグルグル回っていて、体には免疫システムがあるので中には入れません。西洋医学の治療で免疫力がダメになったから、今はヨシヨシ、直接に肺と腎臓など大切な要害に飛び込める。

発熱は薬で下げてはいけない!発熱は体の免疫システムが働いている過程!
発熱は薬で下げてはいけない!発熱は体の免疫システムが働いている過程!

高熱が中止された結果は、非常に怖いです。

子供の生命力・免疫力は、治療で打撃を受け押し潰されています。

抗生物質は純粋な陰のもの。

均等的に全身に周り、いろんな臓器(脳も含めて)に持久的作用するので、西洋薬で熱を下げると、子供の知能低下が起きるのは当たり前。

▼李哲の説明:抗生物質の本質を尋ね、漢方薬・鍼灸のほうが副作用なしで効果バツグンであることを説明した論文があります。以下の記事、どうぞご覧ください。

子供が発熱したとき、親は喜ぶべき

真相は、高熱で脳障害にならない。

西洋医学の強制的に熱を下げる処理で、脳障害になり知能低下を惹き起こします。

真相を知らない人たちが見たのは、ただ高熱が下がったあと子供が少しバカになったこと。だから、たくさんの人は「高熱で脳障害になる」都市伝説を信じているのです。

子供発熱したとき、親は喜ぶべきです。

子供の身長と智力が伸びるチャンスが来たから。子供の様々な難病、例えば白血病・1型糖尿病などが治るチャンスが来た!

発熱したときの正しい治療法を知らなかったら、ほったらかして下さい。大多数の場合、子供は1週間で熱が自然に下がります。

▼李哲の説明:風邪で高熱・咳などの症状があった場合、漢方薬を飲めば翌日にすぐ治ります。詳しい処方箋の説明は以下の記事をご覧ください。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。

コメント