奥さんの全身の関節が痛いは1ヶ月で治り、ご主人は2週間で36kgダイエットできて、血圧・血糖値も正常になった。

この記事は約4分で読めます。
全身の関節が痛いのは漢方薬で治る

全身の関節が痛いのは漢方薬で治る

こんにちは、李哲です。
倪海厦(ニハイシャ)先生1の治療例、09/12/2005治療日記を翻訳しました。関節痛の奥さんと肥満症・糖尿病・高血圧症の旦那さんが同時に治った例。

笑っちゃうエピソードは、漢方薬で関節痛が治った奥さんと製薬会社で働く子供の喧嘩。皆さんは見てどう思いますか?

奥さんの全身の関節が痛いのは1ヶ月で治り、ご主人は2週間で36kgダイエットできて、血圧・血糖値も正常になった

経方家はもう一つの市村を攻略しました。

李哲の説明:
ニハイシャ先生が話した「経方家」は、日本でいう「古方家」です。特徴は『傷寒雑病論』の処方をメインにしている先生たち。詳しくは以下の記事で討論しているので、参考になると幸いです。

漢方が効かない原因は、「温病派」処方かも知れない。「経方派」と「温病派」の処方箋の違いを詳しく説明します。

2005年9月12日、晴れ。
西バージニア州から来た女性、56歳、隣人の紹介で来ました。

彼女は漢方を1ヶ月飲んで、
全身の関節が痛いのは治りました。

彼女のご主人は漢方を飲んで2週間、体重が265→193パウンドに下がって、36kgもダイエット血圧も血糖値も正常値になりました。

李哲の説明:
ほかの漢方医も似ているダイエット症例がありました。以下の記事、どうぞご覧ください。

全身の痛みと冷え性が治り、同時に3ヶ月で30kgもダイエットできたアメリカ人男性

彼女は喜んで昔の写真と今の写真を見せながら、「私とご主人は完全に中医学を信じています」と話してました。彼女が住む町は、現在みんな私の名前を知っています。みんな誇らしげに言うのは、私が彼たちの唯一の医師。

漢方薬を信じる親と製薬会社で働く息子が喧嘩

彼女は私に話したことがありました。自分の息子は、アメリカ最大の製薬会社で働いている。息子さんは毎回彼女が漢方を煎じるのを見て、「漢方くさい!こんな薬は絶対効かない!」と文句をつけるそうです。

彼女は怒って息子を叱りました。
「お前の薬を飲んで治ったところか、副作用がいっぱい出た。今は漢方を飲んで、関節痛が完全に消えて体調も良くなったのに、お前はちっとも喜ばないのか?お前は今まで何を勉強したのか!」

この家庭は現在、親が中医学を信じているけど、息子さんは西洋医学を信じています。そして、中医学と西洋医学の口喧嘩が始まりました。皆さんは、このケンカで誰が勝つと思いますか?

李哲の説明:
偶然かも知れませんが、旦那さんが漢方薬で改善したあと、製薬会社に務める研究者の奥さんに対して、ゴミ薬を作っていると話した症例もありました。詳細は以下をご覧ください。

右半身麻痺、体が寒い、高血圧症の頭痛、めまいは3日の漢方薬で全部治った

私は不調を治してくれた先生の話を信じる!

西バージニア州は、アメリカで保守的で有名な州です。外来文化が浸透するのは、とても難しい。しかし、今は中医学が攻略して、更にすごい勢いで拡散しています。

彼らは一つだけ話しました。
「私の不調を治してくれる先生の話を信じる!」

これは当たり前でしょう?
いわゆる科学的な裏付けが、こんなものです!

李哲の説明:
日本のトップ科学者が、科学誌を評価するのを先に見てください。科学的だと言うと庶民たちは何でも信じるけど、専門家の目ではこんなものです。

ノーベル賞の本庶佑氏の発言:「ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘」

西洋医学は、一つの病気も治したことがない医学。
でも、毎日「科学的根拠」を口癖にしています。

西洋医学はテクノロジーで、「科学」ではありません。本当の科学的と言うのは、問題を解決できる方法です。

科学的な視点から西洋医学を見ると、完全無用で否定されるものばかり。しかし、西洋医学は「中医学が科学的ではない」と言います。事実上、中医学こそ科学的なもの。

ワクチンの副作用で半身麻痺になった子供

彼女は今日一つ質問がありました。
「隣人の子供は5歳だけど、左半身麻痺で現在は治療法もないそうです」

私は彼女に教えました。
「子供の半身麻痺は、きっとワクチンの副作用です」

ポリオワクチン接種で赤ちゃんが脳腫瘍.白血病になるように、他の子供は半身麻痺になります。私は頑張って治療して見るけど、どこまで治せるか分かりません。本当に虚しくなりました。アイ…

李哲の説明:
ニハイシャ先生は小児麻痺を改善したほかの症例もあります。以下の記事、どうぞご覧ください。

仰向けになると咳が止まらないのは、初期の肺がんの症状だった。ワクチンの副作用で小児麻痺になった子供、足が動けるようになり顔色もよくなった例。

西洋医学よりも、中医学の診断を信じる住民たち

西バージニア州とフロリダ州はとても遠いけど、現在私はこの町で唯一の医師になっています。すべての病気、西洋医学の診断は基準になりません。住民たちは先に私の意見を聞いてから、どうするかを決めます。

皆さん、私の意見は何だと思いますか?

ワクチンから抗癌剤まで、デタラメ西洋薬はすべて駆除すること!

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント