口臭の原因は内臓にあり、3~4回の鍼で臭いが消えた例

この記事は約2分で読めます。
口臭は数回の鍼で治る

口臭は数回の鍼で治る

こんにちは。李哲です。

一人の常連さんから聞きました。
「以前、自分の口臭が気になったけど、鍼を3~4回受けている間に治りました」

以前、口臭に関して書いた小論文があるので、参考になると幸いです。

私は彼女に口臭があるなんて気づかなかったです。最初、鍼治療に来たとき、問診表にも口臭があると書いてない。

彼女は胃腸がとても弱いので、いつも足三里・中脘などのツボで胃腸を回復するようにしただけ。

鍼治療の回数を重ねることで、胃腸の調子はどんどん良くなってきています。(後日、また記事にします。)ついでに、口臭が消えるとは予想外の治療効果

持病の治療のついでに、ほかの症状も良くなる報告はたくさんいただきました。以下は一つの症例。

口臭の原因は胃腸の機能と関連しています。胃腸に溜まっている毒素(たとえば宿便・湿気・痰など)を出せば、口臭もあまり臭わなくなります。

口臭は難しい症状ではないので、胃腸の治療のついでに良くなったのは何よりでした。

一つ笑っちゃうのは、彼女はかなり回数が経ってからふっと思い出して、私に話したこと。「そういえば~前は〇〇があったけど、今はない。」 

これはよく聞く話です。
様々な症状で来て、些細な症状は良くなっても、忘れて報告しないですね。鍼治療の場合は、全体的の治療になるので、よくなる時は一緒に良くなります。

漢方・鍼灸治療は病院みたいに「専門的な科」がありません。

中医学は「トータルケア」。
大きな問題が解決できるだけではなくて、些細な気づいてない所も一緒に良くなります。

悪くなると一緒に悪くなる?

うん~これは中医学ではないですね。
腰痛を治しに来たのに、腰痛は治らなくてめまいが増えた。嘔吐でご飯が食べられない。髪の毛が全部抜けた。。。などの話は聞いたこともありません。

コメント