ブシャール結節(人差し指)の痛みは2回で治り、手首の腱鞘炎は1回で治った鍼治療例

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、李哲です。
関節痛は現在非常に多い症状。特に女性の方に多く見られます。西洋医学ではリウマチ、変形性関節炎など様々な病名をつけますが、治療法はだいたい同じ。ましてや、大げさに手術をするときもある。

中医学理論では、関節痛の原因と治療法は何があのか?今日は私の鍼治療例で説明しようと思います。


患者さんは60代の女性。
彼女は持病以外に、手指の関節痛と腱鞘炎もあります。

右手の人差し指、第2関節が腫れて変形していて、曲げる時が痛いそうです。西洋医学では「ブシャール結節」と言います。

腱鞘炎は右手の腕骨側。ツボで言うと、ちょうど陽谷穴あたり。以下は簡易図(赤い丸のところが、彼女の痛い場所)。

f:id:li-hari:20180517122927j:plain

腱鞘炎で痛い場所

治療のツボは、反対側の陽谷穴で腱鞘炎を治療。同じ側の三間から労宮に向けてつなげる。1寸5分の鍼で。結果的には、腱鞘炎は1回で良くなり、2回目は刺す必要がなくなりました。

プシャール結節の食指が変形して痛いのは、1回刺すだけで曲げるのが楽になり、2~3回刺してからほとんど痛みが消えました。

念のために、今も続けて同じツボを刺しています。(自覚症状がない時は刺さない)

変形した骨を戻すことは難しいけど、少なくとも握った時・曲げた時の痛みをなくすことは可能です。

以前、私のおばさんの手のこわばり・手指の関節痛を治した時も、1回で痛みが消えました。

西洋医学では手指関節痛をリウマチ、プシャール結節、ヘバーデン結節などなど、分けて定義をしています。

中医学の理論では、寒気と湿気と風気。この3つが集まって痛みが生じたと言います。そんなにいろんな病名をつけない。

漢方薬の場合は、この3つを処理する生薬を組み合わせて痛みを治します。風邪ふうじゃは桂枝、湿気は白朮、寒気はトリカブト(附子)で取り除く。2000年前の処方は今でも有効です。

f:id:li-hari:20180506172613j:plain

附子(ぶし、トリカブト)の画像

処方箋は漢方薬の聖典:『傷寒雑病論』の中に書いてあるので、興味がある方は自分で調べてください。

トリカブト(附子)に関して間違った知識を持っている方が多いので、以下の記事も読むことをすすめます。トリカブト(附子)本来の効能は重病を治す生薬で、殺人ではありません。

鍼治療の場合は比較的に簡単です。上記のツボを刺せば、手指関節の血の巡りが良くなるので、痛みも自然に消えます。

年数が経っている関節痛は、根治まで時間がかかるかも知れませんが、少なくとも1~2回で痛みが減るのを自分で分かるはずです。

毎回テレビで、リウマチ関節痛は『不治の病』・『難病』だと言うとき、鼻で笑うしかない。

西洋医学では、もちろん不治の病です。
しかし、鍼灸医にとっては治せるもの。

鎮痛剤、手術などは要りません。

コメント