薬を飲まないで1年後に血糖値が500まで上がった男性。でも、ちゃんと生きるのではないか?

この記事は約2分で読めます。
血糖値を気にする生活、これで正しいのか?

血糖値を気にする生活、これで正しいのか?

こんにちは、李哲です。
倪海厦(ニハイシャ)先生1のニュース評論を翻訳しました。以下からはニュース翻訳文です。

薬を飲まないで1年後に血糖値が500まで上がった男性

不景気で患者は薬まで買わなくなった。

台湾の国泰総合病院。
一人、糖尿病の患者。
1年も薬を使わなくて、再診したとき血糖値は最初の100mg/dlから400~500まで上がった。幸いなのは、治療で血糖値は正常に下がっている。

ニハイシャ先生のコメント:
この患者は一年も治療してないけど、大丈夫だったじゃないですか?
現在、また病院に捕まえられ。
西洋医学はこんなことも知りません。
血糖値はコントロールすればするほど、心臓が危ない!

医師の話によると、患者は不景気で糖尿病があるけど、診察に行ってない。のどが渇く症状だけだったので、患者がずっと我慢したら血糖値が500まで上昇。

ニハイシャ先生のコメント:
この患者は自ら地獄を探してます。
こんなとき、中医学の先生に診てもらうべき。西洋医学のコントロールする治療はダメです。

ニハイシャ先生の評論

血糖値が高くなって、いつも喉が乾く。頻尿、全身がだるい症状がある場合、中医学の先生に診てもらうべきです。

李哲の説明:
糖尿病の諸症状は、漢方薬・鍼灸で治せます。
たくさんの症例があるけど、2つだけあげますので、参考にしてください。

▼ダルイ、倦怠感を治した漢方薬症例。

過食症、倦怠感、便秘、寒がり、胸がけいれんするように痛いなどが改善し、精神状態も良くなった漢方薬症例

▼頻尿で尿が我慢できない男性が治った例。

胃切除後のダンピング症候群、お腹が空くと手が震える、頻尿、尿が我慢できない、性的機能がなくなった男性、1ヶ月の漢方薬で著しく改善した例

西洋医学のやり方で、強制的に血糖値をコントロールすると、もっと問題が増えて短命になる。

血糖値をコントロールした最後は、人工透析と足の切断。下から上まで切断し、切断するところがないとき、患者には死ぬ道しかありません。

昔の台湾大統領:蒋経国さんをよく見てください。
糖尿病を患って、西洋医学の信者でした。
しかし、最後は悲惨な死。
足を全部切断して、最後は切断するところがなくて死んだのです。

他人から得た教訓、銘記してください!

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました