口の中が苦い、舌が乾くのは鍼1回で治った【孫培栄先生の鍼灸症例】

この記事は約2分で読めます。

【※本記事は2020-07-09更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

台湾の有名な鍼灸医:孫培栄先生*1の鍼灸治療例を翻訳しました。参考になると幸いです。

口の中が苦くて、ベロが乾くのが鍼1回で治った

應さん、女性、59歳。

出身は河北。住まいは永和環河西路四巷。

 

口の中が苦い、舌が乾く症状は一ヶ月くらい続いています。

 

 f:id:li-hari:20180525184144j:plain

 

治療に来たのは1972年2月1日。 

当時鍼をしたのは復溜、関衝、二間、計3つのツボ。

 

1回で治りました。

李哲の解釈と感想

 

『鍼灸大成』(明・楊継州 著作)に載せているのは、復溜去舌乾口燥之悲」。

 直訳すると、舌と口の中が乾くときは、復溜一つで治療できる

 

口が苦くてベロが乾くのは、「三焦」の熱が主な原因です。

だから、関衝を刺す。

二間は上半身の熱に有効。

 

復溜穴は腎機能を強くする作用があるので、臨床で私もよく使います。私のオジサンに鍼をした時は、叫んで笑うしかなかったです。関連記事は以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

舌が乾く人はまだ診たことがないですが、口の中が苦い患者は診たことあります。幸いにも、1回で治りました。病院では何回で治せるか知りませんが、鍼灸の場合は数回で治ります。

 

www.li-hari.net

コメント