赤ちゃんに生理が来たのは牛乳が原因!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは。李哲です。
アメリカの漢方医:倪海厦(ニハイシャ)先生1のニュース評論を伝えます。

牛乳がいかに体に悪いか、読んで見れば分かると思います。

生後6ヶ月で生理が来た女の子

中国の長春市、女の子(園園)のお父さんの話によると、園園は生後6ヶ月目から生理が来たそうです。しかも、2回。

いろんな検査をしたけど、ホルモンバランスがちょっと崩れただけで、ほかの問題はない。医師たちも「もう少し調子を見ましょう。」という提案だけ。

中国の衛生関連部門は、子供の思春期早発症(性早発症)と牛乳は因果関係がない」と発表したけど、園園のお父さんはミルクと関係していると確信していました。

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180621/20180621134024.jpg?resize=650%2C433&ssl=1

思春期早発症(性早発症)と牛乳は関連性がある

園園の体調はずっと良かったそうです。しかし、先月の8日、お母さんは急に園園の下半身に血があるのを見つけ、お婆ちゃんと一緒に見た結果、血の塊までありました。

お婆ちゃんが言うのには、「孫の出血は女の生理と同じです。しかも出血が6~7日も続きました」。出血があまりにも多いから、大人用の生理用品まで使ったそうです。

事件が起きてから、親は赤ちゃんを連れて長春市児童病院で検査したけど異常はなし。医師も「本当の生理であるかどうか確認できない」と言ってました。

ニハイシャ先生の評論:性早発症の原因は牛乳!

これは間違いなく牛乳が惹き起こしています。

アメリカ牛乳の中には、女性ホルモン剤が入っているからです。
女性ホルモンが入ってなくても、牛乳は人間が飲むものではありません。

赤ちゃんは母乳と豆乳だけでいいです。

李哲の解釈と感想

女の成長周期は7に従います。
生理が来る正常な年は、7×2=14歳。

ところで、現在14歳で生理が来る女の子は何人くらいでしょう?

「生理が早めに来て何が悪い?」と思う方もいるかも知れません。

私の説明を聞いてください。
中国語のことわざがあります。
「抜苗助長」:その意味は、生長を早めるために、苗を引っ張る。

身体には自然に従って、年齢ととともに変化します。生理が早く来ると、閉経も早まるし老化も早まり、もちろん死ぬのも早まります。このように説明したら分かるでしょうか?

牛乳を飲んだ赤ちゃんが生理が来るのは、牛乳に入っているホルモン:IGF-1と関連しています。詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

牛乳の唯一のメリットは、豊胸効果があること。市販の牛乳には女性ホルモン剤が入っているから、もちろん胸も大きくなるわけです。

ただし、胸は大きくなるけど、乳がん.子宮がんになるリスクも高まります。乳製品、牛乳と乳がんの関連性を示す本は、たくさんあります。以下はオススメの一冊、ぜひ読んでみてください。

ちなみに、漢方でバストアップ・胸が大きくなれます。豊胸効果のために牛乳を飲むのはハイリスクな行動で、まったくオススメできません。

  1. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方薬・鍼灸・風水・占いに精通した天才。もっと詳しい説明は、倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますをご覧んください。

コメント