失敗した外食(2018-03-30修正)

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。李哲です。

この前の休み。久々に外食に行きました。

定食屋があって、よく大学生さんが集まるお店でした。

メニューを見て選ぶとき迷ったのです。

分からないカタカナが多いから。(笑)

そんなには変わったものではないだろうと思い、

レバーソタというのを注文したのです。

食べるときはちょっと違和感はありました。

でも、捨てるのもできないし、そのまま最後まで食べて、

家に帰るときに異変を感じたのです。

歯の周りが痛い!

そして、急に以前のことを思い出しました。

私が甘いものを食べて、歯の周りが痛くなったことを。

しまった。

今日もやられた!

きっと変な材料を使っただろう。

少なくてあのソースはいやな予感はしたけどな…

(ソースはめったに食べません)

寝る前には、痛さが亡くなったけど、余震はまだ残っていました。

あのお店はもうブラックリストに入る。

二度と行かない。

ニハイシャ先生のHPで見たのが、

先生も中国に旅行に行ったとき同じことに遭ったのです。

3年前に読んだときは、何で甘いもので歯が痛くなるだろう?理解できなかったけど、今は身にしみるくらい分かります。

そして、外食はもっと慎重になりました。

騙されても1回しか騙されないからね。

そのお店で食べる学生さんたちは、何年か後に大丈夫かな?

こんな心配もあります。

外食が多い方。

人口砂糖が入ってるものを食べる方。

習慣を変えない限り、上の話が分かるはずがないです。

でも、いずれか分かってほしいですね。

コメント