吸玉療法の効果が出にくいのは、西洋薬・冷房で汗をかく機能が落ちているからです

この記事は約5分で読めます。

【※本記事は2019-09-12更新しました】

こんにちは。李哲です。

吸玉の原理と作用に関して、以前にくわしくお話しました。
今日は効果が出るのに
時間がかかる場合の話です。


私個人の経験談なので、100%正しいとは
言えませんが。間違った所があったら、ぜひ指摘してください。 

吸玉の治療効果は、疑う余地がないくらい高いです。
とくに背中と腰をメインとした範囲での
治療効果は高い。

お腹に使っても、消化器系の調子がよくなります。

以下は一つの施術例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

黒くなったり、紫色になったり、吸玉の中に水滴が出たりした場合は 、効果が必ずあらわれます。

背中と腰は、通常は整体(推拿術)で十分
効果が現れますが、 特殊な腰痛などでは整体(推拿術)は合わないことがあります。

 

むしろ施術したあと、症状がもっとひどくなる可能性があります。


これは私の指の感覚で判断するしかないもの
なので、 言葉での説明は難しいです。 こういう場合には、整体よりも吸玉などが有効です。以下の治療例、参考にしてください。

www.li-hari.net


それでは、吸玉がすぐには効かない
というのは、 どういう場合でしょう?

その前に、吸玉の原理をもう一度説明します。


吸玉とは、ガラス瓶の中を強い火で真空状態にして、 それを皮膚の上に置き、皮膚の穴を通して周辺の血液を収集するやり方です。

置く場所はだいたい指で押してかなり痛い所、 つまり流れが一番悪い場所。
吸玉は悪い血を集めてもう一回血液循環の中に戻し、 代謝して外に出すことができます。

ところで、一つ重要な問題があります。
もし皮膚の穴が開かなくて、血液を収集することができなかったら?

大気圧はかなり強力ですが、皮膚の穴が開いてくれないと、 中の物を吸い上げる力は果たせません。

 

皮膚の穴は力が通るルートなので、この道が開かなかったら 何の意味もない。

つまり、環境によって皮膚の穴が自由に開け締めができない人は、吸玉(火罐)療法の効果が出にくいわけです。

今まで吸玉(火罐)療法の効果がまったくなかった人の体質や生活習慣を見ると、2つの共通点があります。

一つ目は、西洋薬の使い過ぎ。

サプリメントを含めて。

www.li-hari.net

薬の使いすぎで体の免疫力が低くなり、体の一番外側の防衛線 (皮膚の穴を開けたり閉めたりする機能)が弱くなります。とくにステロイド類の濫用で、皮膚の穴が死んでしまう。

以下のアトピー肌の治療で、ステロイド剤の毒素は、本当にしつこくて大変でした。

多発性筋炎・皮膚筋炎は、13回の足つぼ整体と漢方薬で完治。同時にアトピー性皮膚炎の痒みは70%減って、皮膚の潤いが増えた(1/3)
こんにちは。李哲です。多発性筋炎・皮膚筋炎、ひどい痒み・汁が出るアトピー性皮膚炎の治療記録です。多発性筋炎/皮膚筋炎とラムゼイハント症候群は治り、アトピー性皮膚炎とレイノー病(手足が冷えて紫色になる)も大幅に改善したけど、まだ完治は...

自分の施術経験から見ると、長期間鎮痛剤や抗生物質、ステロイドなどを使用していた人は、ほとんど汗をかきません。

 

つまり、皮膚の穴は閉じたまま、老廃物を汗によって出す機能が 低下してしまった

ということです。これは体にそうとうよくない状態なので、気をつけたほうがいいです。

二つ目はエアコン、とくに冷房の効きすぎです。

 

日本はいろんなところで便利ですが、 夏の冷房はちょっと効き過ぎではないかなと思います。

 

体が熱くなって汗をかこうとした時、強い冷房の寒気が当たって 、発汗機能がシャットダウンします。

 

長い期間この状態が続くと、皮膚の老廃物排出機能が弱くなるわけです。
冷房の普及と、近年、発汗機能が弱く熱中症にかかる人が増えたのとは関係があります。

熱中症の原因・対策は以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

www.li-hari.net

冷房のもっとよくないところは、 体が汗をかこうとしたときに無理やり止められると、 汗は行く場所がなくなり、皮膚と内臓器官の間に残ります。つまり、体にいらない廃水になります。

廃水が溜まって淀んでいる場所は、生き物がどうなっているか、 周りの環境を見れば皆さんもよく分かるでしょう。人間の体は、自然環境と同じです。

皮膚の下に汗が溜まったときは、痒みが生じる可能性があります。

以下の記事に書いた女性は、頭だけ痒い症状があったけど、最終的に治って一安心しました。

www.li-hari.net

普通は、人間の体は熱いときに汗をかき、寒いときは汗をかきません。
これ以外には、すごく緊張したときには心臓がドキドキして、手のひらに汗をかくことがあります。

汗をかく目的は、体の温度を一定に保つため、
あるいは体から悪いものを出すためです。

 

この機能を無理やり止めるのは、体にいいことではありません。

だから汗をかいた後、強い冷房に直接あたるのは止めましょう。

今は日焼け止めで、汗腺を塞ぐ可能性もあるので気をつけてください。

www.li-hari.net

自然の風や弱い冷房、弱い扇風機で体は十分冷えます。 汗臭いから嫌だという考え方も捨てたほうがいいです。人間、汗が臭くない人はいませんから、みんな同じです。


薬(とくに鎮痛剤、抗生物質、ステロイド)
の濫用も避けましょう。

免疫力というのは破壊するのは簡単ですが、 建てなおすにはそうとう時間がかかります。

たとえるなら、ビルを建てる時間と破壊する
時間、どちらが早いでしょう?といった感じです。

「免疫力が低下すると、吸玉がまったく効かないんじゃないか?」 という心配は要らないです。

 

効かないことではありません。

効果が出るのが遅いのです。

鍼治療でも遅延効果があります。

遅れて効果が出ることは、以下の記事に書いてあるので、どうぞ参考にしてください。

www.li-hari.net


足ツボ、整体、吸玉、刮痧(グァーサ)など さまざまな方法があり、体質に合えば
効果は必ず出てきます。

 

つまり、あらゆる方法でツボを刺激すること。
吸玉の場合は、何回も繰り返すと、水滴
だけではなく水泡まで出る人がいます。


人によって効果のあらわれる時間は
違いますので、 焦らなくても大丈夫です。

以下は吸い玉で水滴のところか、血まで出た患者さんの例。どうぞ参考にしてください。

吸い玉療法で水泡(水ぶくれ)ができた例、水泡は体内の湿気が原因である
吸い玉で水泡(水ぶくれ)ができて、血まで出た男性こんにちは。李哲です。今日は吸い玉療法で、水泡(水ぶくれ)ができた例を通じ、食事の大事さを話したいです。水泡ができる患者は、お店に2人います。男性一人、女性一人。女性はチーズ...

(おわり)

▼関連記事▼

li-hari.hatenablog.com

li-hari.hatenablog.com

li-hari.hatenablog.com

コメント