喉に魚の骨が刺さって、違和感あるのを鍼1回で治した例

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
簡単だけど面白い鍼治療例があったので公表します。

2021年のことです。
40代の女性、常連客。
ある日、彼女から特別な症状がありました。

喉に何かが詰まったように違和感ある。
きっかけを聞いたら、魚料理を食べた後から喉の不調が起きたそうです。

私が思ったのは、おそらく魚の骨が引っかかっているのが原因。

鍼灸治療は良い解決策があるのか?
もちろんありますよ。
数千年の鍼灸の歴史で、魚骨を解決できないのは有り得ないです。

照海を刺して、ゆっくり回したら喉が楽になり始めした。ほっといても治るかも知れないけど、徹底的に治すために手の列缺穴を追加。これで万全であるはず。案の定、15分後に鍼を取ったときは、喉はもう大丈夫になりました。

治療はこの一回で終わり。
その後、彼女は毎月来ていますが、喉が引っかかる主訴がなくなりました。

病院に行ったら、ピンセットで取ってくれるかも知れません。しかし、骨が小さくて見つからなかったら?まさか大げさに手術しないですよね?

鍼灸治療は簡単です。
2つのツボを刺すだけ。


照海と列缺。
ごく普通のツボだと思ったけど、こんな時も役に立って嬉しかったです。照海穴で病気を治した症例は、ほかにもあります。以下の記事、参考にしてください。

あなたが喉癌であろうと咽頭炎であろうと、関係ない。鍼灸は経絡を元(根拠)にして、西洋医学の病名ではありません。

(おわり)

コメント