宅配便業者を驚かせて悪かったですね

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。

いつもの症例ではなくて、今日は笑い話です。

2021年3月18日

手足と顔に鍼を刺して昼休憩。

ウトウト寝そうになったとき、インターホンが鳴りました。

「あ!忘れてた!宅配便を時間指定したんた!」

急いで鍼を取ったけど、やはり時間はかかるもので、宅配便業者は二回もインターホンを鳴らしてました。

慌てて手足の鍼を取り、顔の鍼はそのまんま。玄関を開けたら、私を見た宅配便業者は一瞬止まってました。その後、箱を渡して「サインお願いします」と言って、サイン終わったら逃げるように帰りました。

きっと帰って同僚に言うでしょう。

「新しいファッション?変態?顔に長い鍼が何本も刺してたぞ!」 

見たことがない人間の姿で、驚かせて悪かったですね。いくら鍼灸院だとしても、鍼を刺した様子を知らない人が多いから。今回は私のミスでした。


以前、患者さんに鍼を刺すとき、患者さんから質問がありました。

「鍼刺したあと、地震が来たらどうしよう~」

え?!

こんな状況、私は考えもしてなかったです。確かに日本は地震が多いから、対策を考えないと…

ちょっとした地震だったらすぐ鍼を抜くけど、大きな地震だったら鍼が刺された状態で、逃げるしかないでしょうね。

鍼を刺したまま逃げた笑い話は、鍼灸の本で読んだのがありました。記事作成次第に紹介します。

自分に鍼をするのは日常茶飯事です。練習を兼ねて治療・滋養強壮のためにもなるから。以下は自分に鍼をした記録、参考になると幸いです。

コメント