乳がんが肝臓、大腸に転移した日本人女性、漢方薬で腹水・便秘を治したけど、癌に敵えないかも知れない…

この記事は約4分で読めます。

【※本記事は2019-10-11更新しました】

 

こんにちは、李哲です。
アメリカの著名な中医学先生:倪海厦(ニハイシャ)先生*1の治療例を翻訳しました。中国語本文のリンク先はこちら

 

西洋医学の癌治療でむちゃくちゃになってきた女性、頑張って漢方薬で治療した内容です。ニハイシャ先生は話しましたが、手術・抗がん剤を受けたので、治せないかも知れない。

 

漢方薬の癌治療効果はとても良いので、先に手術・抗がん剤しないで漢方薬を試すことをオススメします。台湾にはニハイシャ先生の弟子たちがいるので、日本の患者さんは行ってみてください。

 

www.li-hari.net 

翻訳文

2005年3月24日

今日、1人の患者が再診にきました。

前話した乳がんの日本人女性です。

 

彼女は手術と抗がん剤を続けたけど、今は乳がんが肝臓と大腸に転移し、肝臓には15cmの腫瘍が2つもあります。

 

先週来た時すでに腹水と便秘だったけど、漢方で腹水をすぐ解決され、便通も毎日あるようになりました。食欲もあるけど、ご飯を食べるとすぐ胃が痛みます。これは癌が大きすぎて、胃を圧迫しているからです。

 

現在、私は中国伝統的な食事療法と漢方で、がん細胞と競っています。

 

 


 

彼女を救える自信はまだありません。

誰かこの記事を見て、救える自信があるならぜひ連絡下さい。私はすぐ紹介します。

 

患者に有利なことは、何でもやります。

私は自分自身の名誉より、患者の命をもっと尊重しています。命はお金で買えないから。

アイ。。。

彼女の病気は、西洋医学の治療でここまでひどくなったのです。本来だったら簡単な病気なのに、治療してどんどん悪化。

 

西洋医学は乳がんの原因すら知りません。だから様々な無茶治療をして、ここまで悪化したのです。

 

乳がんの原因に関しては、以下の記事をご覧ください。

www.li-hari.net

 

彼女は現在一番ひどい症状。

昔の医書には、死ぬしかないと書いてます。でも、一線の希望さえあれば、私は患者を見捨てません。

 

全然知らない人が、命まで預けてくれたのに、絶対勝たないとダメ!勝てるというのは、ほかの先生に勝つのではなくて、がん細胞に勝つことです。

 

私はほかの漢方医に勝てる実力はないです。今まで私はたくさん失敗してきました。毎回、西洋医学が私の治療に介入して失敗を招いたのです。

 

でも、もしかして、私が読んだ本が足りないかも知れません。もっと勉強しないと。

 


 

2005年3月30日。

彼女は再診にきました。

 

顔色は良いけど、腹水が戻ってきて便秘気味。

胃のあたりが苦しい。

脈は一息8至。(李哲の説明:脈診ではお医者さんの1回の呼吸で、患者の脈動を測る。8回の場合は重症であります。)

 

すごいお腹空くのに、ご飯が飲み込めない。

これは肝臓がんが、食道の近くまで来たからです。もし吐血したら、動脈破裂なのでさらに危険。

本当に困りました。

西洋医学の治療で、こんなめちゃくちゃになって。危篤な状況に追い込まれた乳がん女性は、彼女だけではありません。以下の記事に書いた患者さんも、悪化しただけでした。

 

www.li-hari.net

 

一つの癌だったら治療しやすいけど、乳がん+肝臓がん+大腸がんになると、私は攻めながら守るしかないです。

 

もう既に、一番強い生薬を使いました。私には最後の処方があるけど、使うべきかどうか考えてます。この処方で、がん細胞と一決生死。

 

癌を治せる漢方薬

 


 

日本人女性からの哀願の目線。

私は見つめることができませんでした。

 

彼女には「自信を持ってください!」と励ましたけど、彼女のご主人には正直に「最後の準備をしている」と伝えています。

 

今回の治療法が失敗しても成功しても、将来には生徒に教えます。同じ乳がんの治療ができるように。

 

毎回こんな患者さんをみると、私はさらに西洋医学を憎む!

 

▼追記:この後の治療記録があるので、以下の記事どうぞご覧下さい。

www.li-hari.net

 

*1:倪海厦(ニハイシャ)先生の紹介文は、リンク先記事をご覧ください。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介します

コメント