マラソン走ってもアキレス腱は痛くならない。膝の痛みはほぼ治り、朝たちは毎日あるようになった:嗅覚障害(蓄膿症)⑧

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、李哲です。
続きの施術記録です。前回の治療内容はこちら。

2016年12月7日。
44回目。

またフルマラソン走ってきた。4時間くらいかけて走ったあと、アキレス腱の痛みはない。朝起きたとき、アキレス腱の硬直は少しあるけど痛みはない。

マラソンのあとにお酒を少し飲んだけど、昔みたいに鼻水がダ~~と出ない。彼はこの変化に気づいて、「体質が変わっているな…」と言ってました。

2016年12月14日。
45回目。

朝起きたとき、アキレス腱の痛みはほぼゼロになった。

シャワーしたあと、ヘソ左右が痒くて掻いたら赤くなった。お腹が痒くなったのは初めて。血液の毒素がまだ回っていることなので、今日は血海。三陰交。築賓を追加。

2016年12月21日。
46回目。

お腹の痒みは、乳首のすぐ下と、ヘソ下の関元から外4寸のところだけに減っている。

マラソンで検証したら、アキレス腱の痛みはほぼゼロ。

マラソン走っても、アキレス腱の痛みはほぼゼロになった

マラソン走っても、アキレス腱の痛みはほぼゼロになった

右膝の痛みもほぼないけど、少し気になるので、継続して同じツボで治療。

朝たちは毎日あるそうです。

2016年12月30日。
47回目。

右膝の痛みはほぼ消失。
朝たちは毎日あり。たまに20分昼寝をしたあとでも、朝たち現象が起きている。

私は彼に、「これは良いことです」と教えました。

この前、風邪を引いたけど、今はだいぶ良くなった。今は喉に痰が絡んで、少し咳している。今日は咳.喉の為に、列缺.照海などを追加。

彼は腎のう胞に関して質問があったので、腎のう胞が良くなったのをどう判断するかを教えました。

  1. 毎日朝たちがある。
  2. 尿の勢いが良い。

患者さんは難しい医学知識がなくても、すぐ自分で分かります。

  • 尿が勢いある。
  • 毎日朝たち。

これは健康な男性であれば、誰でもある現象で当たり前の事です。

残念ながら、人々は西洋医学の数値に洗脳されて、なにが健康な症状であるかも分からなくなっています。

続きの記録は以下をご覧ください。

コメント