後頭部の痛みは鍼1回で治り、数回の治療で臭いにおいが分かるようになった:嗅覚障害(蓄膿症)(2)

この記事は約4分で読めます。

こんにちは。李哲です。
前回の治療内容は、以下をご覧ください。

呼吸困難は1回で治り、動悸・不安感も改善:嗅覚障害(蓄膿症)(1)
こんにちは。李哲です。重症な蓄膿症(ニオイがまったく分からない男性)患者さんの治療記録です。蓄膿症以外、抱えている様々な体調不良を鍼治療でどのように改善されたかも記述しています。22回に渡る長編記録になりますが、参考になると幸いです。...

 

今日は続きの記録です。
鍼治療3回目。

彼がいうのは、呼吸困難は治り、動悸は少しだけ残っている。

 

小学生の時から第2度房室ブロック だと診断され、ずっと経過観察だったそうです。 

「以前から不整脈があって、今日は置鍼している間に、呼吸がどんどん楽になる感じがした」と、彼は話してました。

動悸・不整脈は鍼治療で著しく改善できる

動悸・不整脈は鍼治療で著しく改善できる

そして、彼が急に思い出したのが、自分の蓄膿症(鼻づまり)。

彼がいうのは、「匂いが分からなくて、1回ガス漏れ事故に遭いました!」

 

今までは呼吸困難.息切れのためにしか施術してないので、次回からは鼻づまりのためにも施術するつもり。

鍼治療4回目。

彼がいうのは、動悸はまだ少しある。

匂いはまだ分からない。

たまに夜中に咳が出る。

肺に何かが詰まって、つっかえて咳する感じ。

 

今日は、咳と鼻づまりツボを追加。

迎香穴から内迎香穴までつなぐ。

経渠、尺沢穴など。

5回目。

彼がいうのは、前回の施術して3~4時間後、鼻の通りが明らかに良くなった。心臓のドキドキは、ほんの少しだけある。

 

心臓の動悸、息切れなどには鍼治療の効果はバツグンです。以下はもう一人の鍼治療例、参考になると幸いです。

彼はまた、ほかの症状を教えてくれました。

鍼治療を3回してから、左内くるぶしに湿疹ができて痒い。

私が見たら場所は太谿あたり。

 

私「これは腎臓の中の老廃物が、出てくる事だと思います。」

彼「そういえば~前に腰のうしろが痒くて、掻いたら痕になりました」

 

私が思うのは、ちょうどその時に腎臓に悪水が溜まった時期。つまり、腎のう胞になり始めた時期、未病の段階でした

 

中医学ではよく「未病を治す」と言います。

具体的な意味は、以下の記事で説明しているので、どうぞご覧ください。

 

6回目。

彼がいうのは、痒い湿疹は左足の下の方まで広がった。

見たら然谷、公孫あたり。

 

選んだツボは、前とほぼ同じ。

施術後、彼がいうのは

「鼻の通りは良い、久しぶりに鼻水が出た。 

以前、鼻づまりの時は、鼻水も出なかったです。」

7回目。

彼がいうのは、動悸はほぼ治りました。

鼻づまりはないけど、匂いはまだ分からない。

 

刺したツボはほぼ同じ。

 


8回目。

動悸、ドキドキは発作してない。

咳は前より減ったけど、少し残っている。

今朝は後頭部痛があると言うので、束骨穴を追加。

 

帰りに後頭部痛に関して何も言ってないから、治っているかどうかが分からない。

9回目。

動悸は電車に乗った時、1回だけあったけどすぐ治まった。

前回施術して3時間後、後頭部の痛みは消失。

 

「鍼灸はこんなに早く効くもんですか?」と聞かれました。

鍼の即効性は、もともとこんなもんですよ。以下は一つの鍼治療例、参考になると幸いです。

あとで聴いたら、彼は後頭部痛が月2~3回なるらしいです。

 


10回目。

今日は腰痛がある。

腰痛のため、にカイロプラティックに行ってきたけど、まだ完全には治ってない。

座って腰を曲げると、腰椎と尾てい骨の間に痛みが生じるそうです。いつものツボ以外に、大腸兪穴、束骨穴を追加。

昨日電車に乗った時、隣のおっさん臭がすごかったです~」と彼は言ってました。

 

匂いが分かるようになったのはいいけど、最初かいた匂いがおっさん臭だと…

鍼治療で匂いが分かったのは、これが1回目です。

 

 

コメント