手術より、鍼治療を先に受けるべき!嗅覚障害(蓄膿症)⑫

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、李哲です。
蓄膿症で匂いがわからない男性の続きの施術記録です。
前回の治療内容は以下をご覧ください。

2017年4月26日。
62回目の鍼。

彼の報告:
目の痒みはないけど、右鼻がつまる。
口呼吸になって辛い。
鼻をかんでも、またすぐにつまる。

今日は背中の肺兪など刺して、先に6回瀉法してその後、9回補法をした。風池穴は1寸5分の鍼を全部入れる。右の迎香穴も深い所を通すように工夫。

鍼をとったあと、右鼻はまだ詰まったまま。

鍼の即効性が現れません…
一般的には鍼を刺したその場で鼻通りが良くなるけど、彼は違う。
しつこい鼻づまり!
本当に困りました。

2017年4月29日。
63回目の鍼。

彼の報告:
「前回の鍼が抜群に効きました!鼻づまりが良くなり、ずっと鼻が通っています。」

朝たちも毎日ある。
今日の鍼をしている間、更に鼻通りがよくなった感じ。

彼の話を聞いて、やっとホッとしました。これから鼻づまりは更に良くなって、その後は安定するでしょう。

何十回の迎香穴を通すことで、やっと安定するようになったのです。 なくなった嗅覚は、まだ完全に戻ってはないけど、紅茶.食べ物のいい匂いが分かるようになっています。

腎のう胞は完全に消えてはないけど、少なくとも小さくなって、腎機能を示す自覚症状が良くなっている。朝たち.尿のキレなどで、腎機能が良くなっている事が分かります。

「前回の針のあとから劇的に良くなった」と彼は言うけど、前回の針で抜群に効いたのではなくて、今までの累計の施術があるからです。

花粉症。鼻づまり。鼻水は治しやすいものです。
私は今まで十何人の鼻づまり.鼻水を治して来ましたが、だいたいの方は3~4回で花粉症が良くなっています。彼みたいに苦労したのは初めて。20倍の時間がかかりました。

彼の効果が遅いのは、前にも話しました。
蓄膿症のために顔の骨を削る手術を、2回も受けたから。

蓄膿症.鼻づまりで手術を迷っている方がいたら、私の助言を聞いてください。

先に鍼治療を受けて下さい。
鍼がダメだったら、また手術しても良いでしょう?

絶対に逆パターンにしないで。
手術してから鍼治療に来ると、すごく時間がかかります。

コメント