脳腫瘍からくる激しい頭痛、半盲が6ヶ月の抵当湯で治った例

この記事は約7分で読めます。

こんにちは、李哲です。
中国北京・郝万山先生1の漢方治療例、郝万山讲伤寒论中的36个故事を翻訳しました。

脳腫瘍からくる強烈な頭痛と半盲(片方の視野が欠けている)が、6ヶ月の抵当湯でいとうとうで治った例です。脳腫瘍には手術・抗がん剤以外に漢方薬も良い選択肢である事を知って下さい。

脳腫瘍で強烈な頭痛と半盲になった女性

30年前、私は宋孝志先生について研修していました。当時、宣武病院から転院してきた一人の患者さん。彼女の症状は、強烈な頭痛と半盲(片方の視野がない)。

宣武病院の先生が脳血管造影検査をした結果、脳腫瘍が視神経を圧迫している。その時代は、まだ脳腫瘍手術が非常に難しかったです。だから、西洋医学の先生は言いました。
「私たちは打つ手がないです。手術は非常にハイリスクなのでオススメできません。中医学の先生に診てもらったらどうですか?」

中国の西洋医学の先生は、とても良いです。
彼らは解決策がないときは、中医学の先生に診てもらうのが事を勧めました。

李哲の説明:
昔は手術できなかったから中医学を薦めたけど、今は違いますね。少しでも可能性があれば手術をすすめる。特に大学病院、患者さんを実験体にしたがります。

もっと悪質な西洋医学の先生は、自分が治せないくせにほかの医学が治すと許さない、怒る。ニハイシャ先生の症例には、ちょうどこのような先生がいました。以下の記事、どうぞご覧ください。

リンパ癌と脳腫瘍が治ったと診断されたヨルダン人。死んだはずの食道がん患者が漢方薬で生きてるから、怒っている西洋医学の先生。

患者さんはもちろん、藁にもすがる思いで治療に来ました。探したのはちょうど東直門にいる宋孝志先生。宋孝志先生は診察をしてから、しばらく処方箋を考えてました。

この患者さん、私は非常に印象深かったです。

40代の女性、頭痛で目が開けられない。
半盲もあるので、彼女は非常に絶望的でした。

李哲の説明:
頭痛、もしくは目眩で目が開けられないとき、鍼は一つの有効な治療法です。以下は私の鍼治療例、目が開けられないほど目眩がしたのは、鍼を刺してすぐ治りました。

ひどいめまい・吐き気は鍼刺して3分後に治って、ご飯がいっぱい食べられれるようになった

抵当湯を3ヶ月飲んでから頭痛が消え、6ヶ月後には半盲も治った

宋孝志先生が出した処方箋は瘀血を出す抵当湯でいとうとうただし、煎じ薬ではなくて、粉薬にしてカプセルに入れて飲むようにしました。

李哲の説明:
抵当湯でいとうとうは『傷寒雑病論しょうかんざつびょうろん』に載せたすごい強い瘀血を溶かす処方箋です。その組み合わせは、虻虫、蛭(ヒル)、大黄、桃仁。とても強烈な処方なので、症状が合わない人が飲むと、貧血でフラフラになってしまいます。ほかの漢方医も抵当湯でいとうとうを使って病気を治してました。以下の記事、良かったら一度目を通してください。

卵巣機能不全の女性、漢方薬で無事妊娠し、朝のお腹がはる症状も治った

一つのカプセルに0.3g入っている。最初は彼女に朝晩だけ1粒を処方。もし大便が1日1回だけで、軟便でなかったら更に1粒を追加。朝昼晩1粒ずつ。大便が一日1回、軟便であればOK。2回以上も軟便が出たら減量。

虻虫(ぼうちゅう):ハエより大きくて、よく牛にくっついて血を吸う吸血動物。瘀血を溶かす力が非常に強い生薬です。

虻虫(ぼうちゅう):抵当湯に入っている生薬。ハエより大きくて、よく牛にくっついて血を吸う吸血動物。瘀血を溶かす力が非常に強い。

最初、彼女は1ヶ月飲んで改善がなかったです。
しかし、宋孝志先生は「続けて飲んでください」と言いました。

2ヶ月目になって、頭痛は減り始め視野が広がり。
3ヶ月目になって、頭痛はほぼ解消。
6ヶ月飲んだ時、視野は完全に回復し頭痛も消えました。

李哲の説明:
脳腫瘍から来る頭痛、ニハイシャ先生2の症例では良くありました。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

手術できない肝臓癌は、1週間の漢方薬でむくみが減り始め、不眠症が治り、食欲・体力も戻ってきた。脳腫瘍の女性、頭痛・左顔の麻痺は徐々に治り、気持ちまで晴れてきた。

脳腫瘍の諸症状が治って困惑した私

6ヶ月目のとき、彼女は再診察に来たけど、すべての症状がなくなったので私は困惑しました。

脳腫瘍って消えるもの?

私は彼女に、もう一度脳血管造影をすることをすすめました。30年前はMRI、CT、超音波(エコー)もなかったです。唯一に調べられるのは脳血管造影検査しかし、この検査は一定のリスクがあり、検査を受けるのも痛いです。だから、患者さんはやりたがらない。

李哲の説明:
西洋医学の造影剤を注射して画像診断する検査は、今でもリスクがあります。だから、検査の前に、死んでも知りませんよという同意書を書いてもらう。死亡率は極めて低いと言われますが、よく考えてください。万が一、あなたが当たったら?あなたは必ず当たらないと保証できますか?

造影剤の副作用で死亡した患者2人と、漢方薬で救って来たおばあちゃん。西洋医学は検査するだけで患者を死なせる!

私はなぜ彼女が治って、脳血管の腫瘍は本当に消えたのかを確認したかったです。

ある日、宋孝志先生がいないとき、私は彼女に話しました。
「必ず検査をしてください。腫瘍が他のところに行ったかも知れない。ある日、万が一破裂して大出血したら命を落とします。もう一度検査して確認したほうが良いです。脳腫瘍は簡単に消えるものではありません」

彼女は後で私に教えましたが、私に言われた日は眠れなかったそうです。

私は今思い出すと、あのときは若いバカでした。
そんなふうに言うのはダメ。

脳腫瘍が消えて愕然とした放射線科の技師

彼女は翌日に宣武病院に行って、検査が終わったあと、半年前の画像も一緒に見せて、放射線科技師に質問しました。

彼女「この2つの画像、何が違うでしょうか?」
放射線科の技師「これはあなたのものですね。もう一枚は、あなたのものではない」
彼女「なんで、もう一枚は他人のものですか?」

放射線科の技師「この1枚には脳血管の腫瘍が見えます。でも、ほかの一枚はなにもないです」
彼女「全部私のものですよ。半年前に検査したのもあなたです」

放射線科の技師「うそ!あり得ない!腫瘍があったのに、なんで今はないんだ?」 

技師は腫瘍が消えた理由が分からなくて、彼女に聞きました。
「どうやって治療したのですか?」

彼女「中医学の先生に診てもらって、ずっとカプセルの薬を飲みました」

漢方薬を使わないで、手術をしたがる患者さんが増えた

抵当湯でいとうとうを粉薬にして、脳血管の腫瘍にこんなに良い効果があるのは、今まで1人しか見ていません。

私も臨床治療で宋先生のマネをして抵当湯でいとうとうを使ったけど、患者さんは続かないのが多かったです。あるいは、現代テクノロジーの発達で手術がさかんになったのもあります。

抵当湯に入っている生薬、桃仁(とうにん)、瘀血を溶かす作用がある。

抵当湯に入っている生薬、桃仁(とうにん)、瘀血を溶かす作用がある。

患者さんはしばらく漢方薬を飲んで改善が遅いから、やはり手術のほうが良いと思って手術をしてしまう。だから、彼女みたいに効果が出た人はいません。

私がとても遺憾だと思うのは、彼女の住所と名前を覚えたけど、彼女が何度も引っ越したので最後は見つからなくなったのです。

もし、今でも追跡記録ができたら、彼女は今70歳でしょう。長期的な治療効果はどうなのか?確認したくてもできないです。

李哲の説明:
現代にはおバカさんが多いです。西洋医学に洗脳されて、手術すれば病気が治ると信じている。事実は本当にそうなのか?手術してあなたの辛い症状が全部治ったのか?患者のあなたが一番分かるはず!

以下の症例には子宮筋腫の患者さんがいます。何回手術しても子宮筋腫ができてしまう。手術で病気が治るなら、なぜまた再発するでしょうか?皆さんはもう一度考えるべきです。

中医学が”不治の病”だと診断したら、本当に治せない病気だ。西洋医学の診断は無効!子宮筋腫は手術しても再発する。なぜなら、西洋医学は原因を知らないからです。

(おわり)

  1. 郝万山先生は中国有名な漢方医。現在北京で診療所をやっています。詳細はオススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。
  2. 倪海厦(ニハイシャ)先生(1954—2012)はアメリカの著名な中医学先生。漢方・鍼灸・風水・占いに精通した天才。「傷寒雑病論」をもとに様々な癌・指定難病を治し、LAST HOPE(最後の希望)だと患者さんに言われました。また、臨床治療を行いながら、たくさんの優秀な中医学先生を育成し、中医学伝授のために努めました。倪海厦(ニハイシャ)先生の生涯を紹介しますで詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました