躁うつ病、情緒不安定で親を殴るくらい発狂する子供が漢方薬と鍼で治った症例

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、李哲です。
中国河北省石家荘市の女医、中医師、張静先生の症例を翻訳しました。

该页面不存在

内容を簡単に伝えると、制御不能の発狂・親を殴る子供を漢方薬と鍼で治した例です。なぜ親も殴るまで精神が狂ったのか、翻訳文詳細を見ればわかると思います。

ちなみに、翻訳文で出ている患者さんは、前回の記事でも登場しました。以下の記事、どうぞ参考に。

息子に殴られて、顔に傷だらけのお父さん

2022-01-27。
Wという患者さん、もともと鍼灸治療予約をしたけど、お昼休みに入っても姿を現していません。もし何かあったら、彼は必ず連絡が来るはず。だから、私は待っていました。

13時過ぎて、彼は一人の友人を連れてきました。友人はおでこ・顔に血の跡が残っていて、拭いてもわかるレベル。私は心の中で思いました。「遅れたのは、もしかして喧嘩に行ってきたのか?」

Wさんは私に説明しました。
「今日遅れたのは友人の家に行ったからです。ほら、見てくださいよ、息子に殴られて!」

友人が説明しようとしたら、Wさんはボスみたいに手を振ってました。
「私が張先生に説明する!」

3ヶ月引きこもりで30kg痩せ、布団から出ない息子

友人の17歳の息子は、すでに3ヶ月家から一歩も出ていません。3ヶ月で30kg痩せて、もともと100kgあったのに今は70kgくらい。

お父さんは息子に外出をすすめたけど、息子が布団の中から出ないから、お父さんは布団を引っ張りました。そして息子が激怒、麺棒でお父さんの頭を殴ったのです。

隣のお父さんは話しました。
「息子がストレス溜まったと思って、我慢して返さなかったです。少し殴ったあとは気が済むだろうと。しかし、息子はエスカレーターし、つるばしを持ってきて殴ろうとしました。私はすぐ家から脱出し、友人たちを集めて対策を考えたのです」

Wさんは友人の家に行きました。同時にほかの友人たちも集まり、息子とお話した結果、みんなの意見は:「息子は病気で治療が必要。張先生を呼んで!

私は詳細を聞いて、心の中からビクビクしました。
Wさんは私を慰めてくれました。
「私たちがいるから大丈夫ですよ」

診察でお腹の硬いしこりを発見

最後、私は診療所のもう1人の先生と一緒に行きました。リビングについたら、お母さんともう1人40代の男性がいました。Wさんと友人が言うのは、「息子は布団の中にいます」

リビングの窓口近くにシンプルベッドがあったけど、中に人が入っているかどうかも分からない程度でした。

「張先生が来たよ。起きてみて」

しばらく経ってから、布団の中から息子が出てきました。
顔面蒼白で唇が赤、乾燥。何度も唇を噛んで、目線が定まらずあちこち飛んでいました。私たちの会話は非常に気をつけていました。ゆっくり子供を誘導して、私が座っているソファーの前まで連れて来ました。

脈診をするとき、子供の手はコントロールできないみたいに震え、歯もガタガタ鳴り出し、唇も震えはじめました。高揚した気持ちがまだ収まらない感じ。

私は息子と世間話をしました。
息子をリラックスさせるためです。しばらく話してから、息子の手を握ったときに話しました。

「手がすごい冷たいし、震えているけど、私が怖いですか?」
息子は頷き。

私「怖がらないでください。私たちの診療所はここからすごい近いです。住所を言えば、あなたはすぐ分かるはず」

問診が終わって腹診をしたら、中脘穴あたりに拳サイズの硬いしこりが顕著でした。

騙し騙しで子供を診療所まで連れてきた

私「漢方薬を飲んでください」
Wさん「同時に鍼灸をやれば治りがもっと早いですよね?鍼治療もしましょう!」

子供は緊張していたのに、鍼をする話を聞いたらさらに戦闘状態になりました。Wさんはすぐ察して慰めました。

「私もまだ鍼をしてないよ。じゃ、私がサンプルになって見せるから、診療所に行って鍼してみよう。一緒に行こう!」

Wさんの意図は私も分かりました。とにかく、子供を部屋から外へ連れ出したい。Wさんは本当に口がうまくて、騙し騙しで子供を布団の中から診療所まで連れて来ました。

西洋医学は異常なしと診断、ほかの漢方医の治療でも無効

その間、私は子供が飲んでいる漢方薬を見ました。以前はどんな治療を受けたのか、チェックするためです。

最初、子供は異常が出たとき、西洋医学の病院に行ったら異常無しと言われました。その後、子供は徐々に情緒不安定と凶暴化になって、人を見る目つきまで変わりました。

おじいちゃん、おばあちゃんは怖くて家から出て、最後は親たちも家に住めなくなりました。子供はひとり暮らし。幸いにも子供は専門シェフなので、餓死になることはなかったです。

2ヶ月前、ある漢方医から処方してもらい、毎日煎じ薬を飲んでいますが一向にも良くなりません。目つきがドンドンきつくなって、情緒不安定もひどくなりました。今日の流血事件が最近の一番ひどい事件だったのです。

子供が飲んだ漢方薬をみたら、四物湯しもつとう四君子湯しくんしとうのアレンジ。

李哲の追加説明:
四物湯しもつとうは貧血の治療に良く使われています。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

 

氷食症の原因と私の治し方:コーヒー・しろ砂糖断ち+漢方薬+黒糖生姜湯

黒い便が出てからお腹のしこりも消え、そろそろ治るところまで進歩

私は子供に話しました。
「以前の漢方薬は飲まなくて良いです。新しい処方を出すので」

処方箋は〇〇〇〇
鍼灸は刺絡療法で中脘、太衝、豊隆で瀉血。

漢方薬に関しては特別に説明しました。
「数日飲んだあと、少し下痢になって黒い便が出るのは良いことです。もし下痢にならなかったら、病気は治りません」

李哲の追加説明:
漢方薬を飲んだあと、黒い便が出るのは体内の瘀血(毒素)が出るからです。臨床ではよく見かける好転反応の一つです。以下も治療後に黒い便が出た症例、病院で半年も治らない十二指腸潰瘍が短期間で治った物語です。

 

半年も治らない十二指腸潰瘍、1回の漢方薬で黒い便が出たあと痛みが治り、精神状態がとても良くなった

1週間飲んでも下痢になってない。下痢のところか、便秘にまでなりました。もう一度処方してから、少しずつ下痢になってきました。

11日間飲んでから、腹部の硬いしこりは消えたので、そろそろ治るところ。その間は毎日刺絡療法をやりました。

心臓がドクンドクンして眠れられないのは治った

私「ほかに何かつらい症状がありますか?」
子供「毎晩ドクンドクンと心臓の鼓動が聞こえて眠れません

私「水を飲む時は一口一口飲んでください。一気飲みしているから、このような症状が出ます。あなたの横隔膜あたりには、すでに水が貯まり始めています。2つの方法で解決できます。一つ目は漢方薬。2つ目は運動して汗をかくこと。自分で選んで下さい」
子供「歩いて帰って今日から運動します!」

私「ヨッシー!あなたができると信じてます」

14日後、私はもう一度聞きました。
「睡眠はどうですか?」
子供「もう大丈夫です。横になれば、すぐ眠れます」

処方箋は柴胡疎肝湯さいこそかんとう。7日分を処方。
これで最後の片付けをしました。
飲みきってから、子供は正常に戻りました。

李哲の追加説明:
柴胡疎肝湯さいこそかんとうは名前とおり、肝臓の気の詰まりをなくすためです。中医学では「肝気鬱結かんきうっけつ」だといいますが、様々な症状が見られます。代表的なのは精神不安定、怒り気味。以下の症例でも説明しているので、参考になると幸いです。

 

生理前にイライラがひどい、八つ当たりするのは、鍼2~3回で治った。イライラ・怒りっぽいのは肝臓の問題(肝気鬱結)。

病気の原因は陽明実証

治療が終わったあとに知ったけど、子供のお父さんは私が女性か男性かを聞いたそうです。おそらく、殴り合いになった時、逃げられるかどうかを考えたでしょう。

本当に!
お父さんのような考え方だったら、中医師の私たちは格闘技も練習しないといけないですね。でも、子供の話に戻りますが、陽明実証は発作したときは、本当に誰でも抑えられません。

子供の病気の原因は以下の通りです。
飲食の不適切で食積(食靠れ)になり、時間が経つことで腐った食べ物から毒素が出て血液に流れ、最後は陽明実証になったのです。

私は食靠れを取り除いて、血液代謝を改善することで治しました。

李哲の解釈と感想

処方薬の解釈

四物湯しもつとう四君子湯しくんしとうの組み合わせは、胃腸が弱くて食欲不振・貧血などの症状には効果的だけど、上記の子供のような発狂する人には効きません。また、四物湯しもつとう四君子湯しくんしとうを処方するのも温病派の特徴だと言えます。

温病派の先生は小さな病気は治せるかも知れませんが、急性の病気・重病には効かない。経方派の先生じゃないと無理です。温病派と経方派の違いは過去に説明した記事があるので、参考にしてください。

張静先生が〇〇〇〇だと書いているところは公開していないので、詳細が分かりません。あくまでも推測ですが、おそらく大承気湯だいじょうきとう大柴胡湯だいさいことうなどの下剤だと思います。

胃のあたりに拳サイズの硬いしこりがあるので、食べ物の詰まりに違いはありません。治せるのは漢方薬の下剤しかないです。

大承気湯だいじょうきとうはニハイシャ先生の症例に出ています。以下の記事、よかったらご覧んください。

食靠れは鍼でも治せる

食靠れは簡単に言うと食べすぎが原因
食べる量が多くなくても、その人が消化できる限度を超えると食べすぎだと言います。

ちなみに、人間には満腹中枢があるので、食べすぎを事前に防げます。美味しすぎて食べすぎた場合は、お腹が苦しいのは当たり前。このとき、漢方薬もしくは鍼治療、両方とも治せます。以下は一つの鍼治療例、参考になると幸いです。

発狂などの精神疾患は、陽明実証がほとんど

重点的に論じたいのは、発狂などの精神疾患と陽明実証。陽明というのは中医学の言葉で、西洋医学の理論でいうと胃腸がメインの消化器です。陽明実証というのは、胃腸に何かが詰まった状態。

精神疾患なのに、なぜ胃腸?
2千年前の『黄帝内経こうていだいけい』には面白い解釈がありました。

足陽明胃之病候、
是动则病,洒洒振寒,善伸,数欠,颜黑,病至则恶人与火,闻木声则惕然而惊,心欲动,独闭户塞牖而处,甚则欲上高而歌,弃衣而走,贲响腹胀,是为骭厥

足陽明之別、名曰豊隆(…間は省略…)
其病、気逆則喉痹卒喑。実則狂癲:虚則足不収、脛枯。取之所別也。

引用先:『黄帝内経こうていだいけい・霊柩・経脈篇第十』

上記の青いマークした所がキモです。

●欲上高而歌,弃衣而走
直訳すると、高い位置に登って歌う、服を脱いて走り回る。
(以前、超有名人の草〇〇が公園で裸で走るのをやりましたね)

●実則狂癲
直訳すると、足陽明胃経の実証は発狂、精神錯乱。

胃腸に宿便もしくは食べ物・瘀血が長い間滞在したとき、食べ物・大便・瘀血から毒ガスが出ます。ガスは軽いので下から出るのではなくて、上の脳に入ってきて、脳の活動に影響し発狂・精神錯乱が起きます。

瘀血・宿便が原因での精神疾患は、以下の症例が参考になると思います。

張静先生は陽明実証が発作したときは、誰でも抑えられませんと書いてますが、本当にそのとおりです。弱々しい人でも、陽明実証が発作したときは無尽のパワーが出て、恐ろしい怪物になります。4~5人のマッチョマンでも抑えられなくて、逆に殴られるかも知れません。

こんなに恐ろしい病気、どうすれば良いのか?

上記の黄帝内経こうていだいけいには、すでに回答しています。
治療としては、足陽明胃経の絡穴:豊隆を選べば良い。
漢方薬は以下の症例が参考になると思います。

西洋医学では鎮静剤でむりやり落ち着かせますが、体内に残っている宿便・瘀血・食べ物はどうしますか?外に出さないと、毒ガスが生じて発狂・精神錯乱が再発します。その時はまた鎮静剤?あなたは死ぬ日まで鎮静剤を飲みたいですか?鎮静剤の副作用、あなたは知っていますか?

精神科の薬、その副作用は数え切れないほど多いです。最もひどいのは自殺願望が増えて、無差別殺人に走ること。以下は自殺願望が増えた患者の症例、参考になると幸いです。

陽明実証であろうと、もしくはほかの原因であろうと、中医学は体内の状態を把握して関連の治療ができます。そして二度目の再発を防ぐ。

精神錯乱、発狂などの精神疾患で悩んでいる方は、ぜひ中医学治療を受けてみてください。

(おわり)

コメント