背中がムズムズして眠れないのを鍼1回で治した例。むずむず症候群の原因とツボで治せる理由も説明します。

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、李哲です。
夜寝ようとした時、足もしくは背中がムズムズして眠れない症状、西洋医学では「むずむず症候群」だそうですね。

中医学では特別な病名はないけど、治すのが簡単です。症例にするのも恥ずかしいくらい。ただし、書かないと鍼灸で治せる事を知らない人が多いので、一つの記事にしました。なぜ背中、足がむずむずするかも解釈したので、参考になると幸いです。

背中がムズムズして眠れないのは、鍼1回で治った

2020年7月に起きたこと。
30代の女性。

主訴は背中がムズムズして、布団に入ってもなかなか眠れない。1~2時間ずっとゴロゴロしないと落ち着かないそうです。ムズムズする場所を指してもらったら、ちょうど膈兪を中心に少し広い範囲でした。

治療のツボは膈兪のみ、左右に鍼2本。
15分後に鍼を取りました。

むずむず症候群(背中)は膈兪穴で簡単に治る
背中がむずむずするのは、膈兪穴で簡単に治る

その後、彼女からもらった報告は、「鍼したその夜は10分で寝ちゃいました。背中がむずむずするのも治りました。」

「ムズムズ症候群」の原因は「血虚」(貧血の一種)

なぜベッドに入って寝ようとした時、背中もしくは足がむずむずするのか?

西洋医学は①セロトニン・ドーパミンの機能低下②鉄欠乏性貧血が原因だと言います。

またドーパミンが出ましたね、むずむずするのも脳がおかしいから?(笑)

デタラメ理論:ドーパミンに関して、ほかの漢方医はボロクソ言ってました。過去記事があるので、参考にしてください。

中医学の理論で足・背中がむずむずするのは単なる「血虚」。西洋医学の貧血に近い意味です。一つ注意していけないのは、中医学で「血虚」は患者さんの症状を判断基準にして、血液検査の結果を基準にしません。

たとえ血液検査では貧血ではないと言われても、足もしくは背中がむずむずする症状があれば、中医学では「血虚」だと判断して関連の治療をします。

「血虚」の現れる症状は、人によってバラバラです。むずむず症候群の方もいるし、皮膚がかゆくなる方もいます。たとえば日光で赤い発疹が出る人。過去の症例があるので、参考になると幸いです。

血が足りないと、なぜむずむずするのか?

現実のもので例えします。

寒い地域に住んでいる人は、よく分かると思います。末梢循環障害で手足がキンキン冷え切ったとき、最初は痒くなります

凍傷した時、痛みとともに痒みがあるのは、血行不良で手足に血が十分に流れてないからです。

足もしくは背中がむずむずするのは、「軽い凍傷」だと言っても良いでしょう。

ツボで「むずむず症候群」を治せる理由

血が足りないのが原因だと分かれば、治療法も簡単です。血を補う作用があるツボを刺激して、体に頑張って血を作ってもらえばよい。

膈兪穴は古典鍼灸理論で、「血会膈兪、血病治此」だと言われています。直訳すると、膈兪穴は血が集まる要塞、血液の病気であれば膈兪穴で治す。

上記の女性、背中がむずむずするのもちょうど膈兪穴あたりでした。以前治療した糖尿病患者さんも、ちょうど背中のむずむず症候群があったけど、同じツボを押して治しました。当時の治療内容は以下をご覧ください。

足がむずむずする場合は?

私は治した例があるけど、ちょうど三陰交穴と血海穴のあたりでした。
つまり、三陰交と血海だけで足のむずむず症候群が治るわけ。去年の例から見ると、2~3回で治ってました。

体は辛くなったとき、押してほしい・鍼を刺してほしい場所を自然に教えてくれるのです。

鍼治療に来れない方は自宅でお灸してください。

  • 背中がむずむずする方は、膈兪穴にお灸を連続で9個やる。
  • 足がむずむずする方は、三陰交穴にお灸を連続で9個やる。

千年灸でも構いませんが、できればもぐさと生姜で「生姜灸」をしたほうが効果高いです。生姜灸のやり方は、以下の記事が参考になります。

不定愁訴は鍼灸治療を受けてください

中医学が病名を乱立しないのは、理由があります。病名をたくさん作れば、なぜこんな症状が出たのか、根本的な原因がわからなくなります。

中医学は本質を尋ねる医学で、表に現れている現象をやっつける医学ではありません。

たとえば、あなたが死んだ人が見えると主張する。西洋医学は精神科病院に監禁するかも知れないけど、中医学は瘀血を消す方法で治せます。

様々な不調で病院に行くと、もらうのは聞いてもわけわからん病名。そして、副作用だらけの薬をもらう。

むずむず症候群をたとえ話にします。
飲み薬のプラミペキソール の副作用は、ジスキネジア(舌を動かしたり出し入れしたり、絶えず噛むような口の動き)、傾眠(意識がぼんやりして睡眠に近い状態)、吐き気、消化不良。

上記の副作用一覧を見て、あなたは飲みたいですか?

中医学は陰陽五行論があり、五臓六腑・経絡が病気になったときの自覚症状があります。あなたにどんな症状があっても、解釈ができて治療も可能です。

病院の治療以外に、漢方薬・鍼灸の選択肢があることを覚えてください。

コメント

  1. mraka2015 より:

    ウチの妻と長女がムズムズ脚症候群です。
    妻は落ち着いていますが、長女は今の時期とか出る事が多いです。

  2. li-hari より:

    id:mraka2015 さん
    コメントありがとうございます。
    むずむず症候群がありましたら、ぜひ本記事中に書いたツボに千年灸をやってみてください。楽になるはずです。