原因不明のめまい・嘔吐が3日の苓桂朮甘湯で治った例

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、李哲です。
アメリカの中医師:鄭智城先生の記事、老郑医生回国记_郑智城(2011-12-14 発表)を翻訳しました。原因不明のめまい・嘔吐を簡単な苓桂朮甘湯りょうけいじゅつかんとう3日で治した例。参考になると幸いです。

病院で原因不明だと言われた嘔吐、めまい

先月、私のお父さんが帰国して今月戻ってきました。

お父さんは非常に喜んでいました。10年も帰ってないし、たくさんの友だちと親族に会って食べて飲んで。その喜びは当然でしょう。

香港に滞在した時、香港の熱心な親族はお父さんの帰国ニュースを拡散して、あちこちから親族が集まりマカオからも親戚が来ました。みんな治療のため。これでお父さんは何日も忙しかったです。

広州に戻った時も同じ。
親族と友人たちがニュースを聞いて、みんなあいさつと治療を兼ねて来ました。

今日話すのは、アメリカに戻ってからの事。

お父さんがアメリカに戻ってから、国内の親戚から緊急電話がありました。「ご主人がまた嘔吐、めまいがして処方箋を教えてください」と。

このご主人は、数ヶ月前にも同じ症状がありました。当時は数日入院して、徹底的に検査をして無数のお金を払ったけど、結果はなにもない。最後はうつ状態のまま退院。

自称「科学的」である西洋医学も、まあ、こんなレベル。

ご主人は、1ヶ月くらい経ってまた再発したのです。最初発作した時は、お父さんを思い出せなかったです。しかし、お父さんが帰国してから親族たちはまだ覚えていて、今回は自然にお父さんを思い出したのです。

電話の中でいろいろ聞いたら、また入院して検査をしたけど原因不明。唯一の発見は血管が少し狭くなっている。「脳卒中に気をつけてください」と言われただけです。

病院というのは、こんなものです。
調べてほしいのは分からない、原因不明だと言う。
必要がないものは、たくさん調べてくれます。

3日分の苓桂朮甘湯で嘔吐、めまいが完治

このご主人の症状、原因は簡単です。
胃が冷えて水が溜まり、水が氾濫しているだけ。
苓桂朮甘湯りょうけいじゅつかんとうをアレンジ、3日分だけ処方しました。

水分代謝を改善する茯苓(ぶくりょう)

水分代謝を改善する茯苓(ぶくりょう)

飲んだ翌日に電話が来て、「効果がある感じです!」と言って、3日後は完治。

偶然ですかね。
胃が冷えて水が氾濫する症状は、見た目は怖いです。西洋医学は検査して何も分からないのに、中医学にとっては1~2日の漢方薬だけの事。

李哲の感想

西洋医学は病気の原因が水だと思わない

めまいがする、嘔吐、気持ち悪い。
これは胃が冷えて、胃袋の下に冷たい水が溜まって起きる症状です。

病院に行っても原因不明だと言われるのは当たり前。なぜなら、西洋医学と中医学の生理学は完全に違う系統で、水に対する認識が違うからです。

西洋医学にとって水は大したことない、だから健康診断には胃袋に水が溜まっているなどの検査がありません。中医学にとって水は大事。水がどこに溜まってどんな症状が起きるのか?2千年前の中医学では、すでに答えがわかり関連の処方箋まで書かれています。

めまい、気持ち悪いのは鍼でもすぐ治る

胃袋の溜まっている水は漢方薬も解決できるし、鍼灸でも治せます。

鍼の場合は中脘、上脘、公孫、内関などを刺す。
私の施術経験から見ると、気持ち悪い・めまいがするのは、ほとんどその場ですぐ改善できます。以下は一つの鍼治療例、参考にしてください。

お灸の場合は、中脘にお灸するのがオススメ。以下の関連記事、参考になると幸いです。

中脘の位置と効果:胃がん、胃潰瘍、胃痛、胃の膨満感、下痢…すべての胃腸のトラブルに効く!

コメント