寝て起き上がる時、右腰が痛いのを鍼3回で治した例

この記事は約2分で読めます。

こんばんは、李哲です。
今日は簡単な鍼治療例、腰痛の方へ参考になると幸いです。

患者さんは私自身。
10月に入ってからある日、腰痛に気づきました。
不思議なのは普段痛くないのに、寝て起き上がる時だけ痛い。

仕事で中腰になるのが多いので、腰が疲れたかも知れません。ストレッチをしたけど改善しないので、鍼を刺すことにしました。以下は治療過程です。


10月5日(火)
刺したのは束骨穴、左のみ、30分置き鍼。
翌朝、起き上がる時の腰痛は半分以上消えて、少し違和感があるくらいでした。

10月6日と10月8日。
もう一度鍼、同じツボ。
翌朝、寝て起き上がるときの腰痛は、完全に消えました。

計3回で治療が終わり。
以下は当時の画像です。

左足の束骨穴(右腰の痛みを治すツボ):上から撮影
左足の束骨穴 (右腰の痛みを治すツボ) :側面から撮影


ストレッチなんかしないで、最初から鍼を刺せば良かったですね。


腰痛を治すツボはたくさんあります。例えば委中、腎兪、大腸兪、命門、後谿、京骨、束骨など。どのツボを選ぶかは、患者さんの状況によります。

世の中には、腰にハリネズミみたいに100本も刺す先生が、ちらほら見ます。まあ、治れば何でも良いと思いますが、私が習った古典の鍼は数本しか刺さない。もしくは1本だけで済みます。

100本刺されるのが好きか、2~3本で治したいかは、皆さんのご自由です。

腰痛は鍼灸にとって非常に治しやすい症状。
ぎっくり腰であろうと、慢性的な腰痛であろうと、関係ありません。一般的に数回刺せば治るから。1回で治るときも良くあるので、ぜひ鍼治療を試して下さい。

コメント