更年期障害の生理が来ない・ホットフラッシュ・原因不明でよく泣く・夢が多い症状は、2週間の柴胡加竜骨牡蛎湯+甘麦大棗湯+封髄丹で治った

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、李哲です。
中国河北省の中医師:張静先生の治療例、更年期综合征(2019.8.25 発表)を翻訳しました。

様々な更年期症状で悩んでいる女性、わずか2週間で諸症状が治った例です。害しかない女性ホルモン剤を服用するより、漢方薬のほうが遥かに効果大で副作用がありません。更年期症状で困っている方は、ぜひ漢方薬を治療の第一選択にしてください。

更年期障害の諸症状、生理が来ない・原因不明でよく泣く・夢が多いのを漢方薬14日で治した

患者さんは47歳の女性。
彼女は自分が更年期障害だと思うそうです。なぜなら、彼女が知っている更年期障害の諸症状が全部現れているからです。

  1. 生理不順で2ヶ月も生理が来ていない。
  2. 突然熱くなり、その後は汗が出る。
    顔もたまに赤くなり、熱くなる。
  3. 睡眠の質が下がって、夢がとても多い。
    ドラマになったように、細節まで覚えている。
  4. 泣き虫になって、よく原因不明で泣き出す。
    いつも誰か自分をいじめたと思う。しかし、あとでよく考えたら、誰もいじめてないのです。ほとんど、彼女自分での思い込みだけでした。

舌診では舌が青い、舌苔は薄い白。
2回漢方を処方して、計14日で治りました。

李哲の説明:
よく泣く症状は、リーキーガット症候群の女性を治療するとき経験しました。不思議な症状ですが、幸いにも鍼治療で治ったこと。

リーキーガットの鍼治療例:下痢・腹痛・花粉症・腹部膨満感・ニキビなどの諸症状が改善できた

中医学が更年期障害の諸症状を治せる理由

以下、私の考え方を述べます。

突然熱くなる、たくさんの汗が出るのは明らかに柴胡の症状です。臓器が乾燥しているので、泣きたくなる。内臓の気を補う必要があります。

どの内臓の問題が大きいのか?
腎臓です。
だから、顔が急に赤くなり、睡眠中に夢が多い症状が出ます。これは封髄丹ほうずいたんで腎臓の気を固摂すれば良い。腎臓の水は、自然に肝臓の木を生み出すから。

神秘な処方は何でしょう?

柴胡加竜骨牡蛎湯さいこかりゅうこつぼれいとう封髄丹ほうずいたん甘麦大棗湯かんばくだいそうとう

中医学治療の原理は、体のバランスが崩れたところを探して、バランスが取れるようにします。そうすると、自然に体のつらい症状が消える。

すべての病気を治すのがこの原理です。
更年期障害も同じ。

李哲の説明:
柴胡加竜骨牡蛎湯さいこかりゅうこつぼれいとうは精神疾患によく使われる漢方薬です。以下の記事でも登場しているので、どうぞご覧ください。

高校生の精神病治療から分かったもの:うつ病だけではなくて、パニック障害も治った

李哲の解釈

更年期症状の原因は心臓にある

更年期障害の主な原因を簡単に言うと、心臓が弱くなった。

心臓が弱くなったので、動悸・息切れ・不整脈が始まり、夜の睡眠の質が悪くなる。陽気が逆流するので、顔もしくは背中がほてり、顔にだけ汗をかくようになります。

更年期障害は漢方薬・鍼灸で治せる

更年期障害は漢方薬・鍼灸で治せる

治療としては、心臓を強化して、ほかの弱った臓器を修復すれば更年期障害も治ります。また、心臓は癌の発生ともっとも関連しています。漢方・鍼灸は心臓を治せるので、癌も治せると言い切るのです。具体的なのは倪海厦(ニハイシャ)先生の論文をご覧ください。

悲しくもないのに泣いてしまう原因

「臓燥」と言うのは、子宮中が乾燥していることです。2000年前の『傷寒雑病論しょうかんざつびょうろん』には、その不思議な症状を詳しく書いてあります。

悲しいこともないのに、涙がこぼれて泣いてしまう。

本来なら涙などの津液は、子宮に行って子宮を潤うはずなのに、逆流して涙腺から出るのです。その原因は、心臓が弱くなって、ポンプみたいに下ろせないから。

顔・背中のほてり、原因不明で泣いてしまう、不眠症…様々な症状の源は全部心臓です。 心臓を治せるのは漢方薬と鍼灸のみ。西洋医学の治療は受ければ受けるほど悪化します。

子宮に行くはずの津液が逆流して涙として出る。
こう話すと、西洋医学の先生はきっと鼻で笑うでしょう。

私は逆に聞きたいです。
患者さんのつらい自覚症状、あなたは治したでしょうか?

治せなかったら、治した人の話を聞いてください!

更年期症状を足つぼ整体で治した例

生理が来ない・背中がほてる…などの更年期症状は足つぼ整体でも治せます。以下は過去の施術例、どうぞ参考にしてください。

女性ホルモン剤の副作用は更年期症状よりも酷い

西洋医学は更年期障害の治療に女性ホルモン剤を処方します。女性ホルモン剤は様々な副作用があり、最もひどいのは乳がんと子宮がん。

更年期障害は死ぬ病気ではありません。
しかし、乳がんと子宮がんは死にます。

こんなハイリスクを踏みながらも、あなたは女性ホルモン剤を飲みたいでしょうか?

以下は8年間も避妊薬(ピルなど)を飲んで、最後乳がんになった女性。ニハイシャ先生の治療例に出ているので、どうぞご参考に。

おわりに

重複しますが、更年期障害の原因は心臓を含む各臓器の機能低下。内臓を強化するのには、漢方薬もしくは鍼灸が最適です。

危険なホルモン剤を飲むより、信頼できる鍼灸医・漢方医に診てもらってください。 様々なつらい自覚症状が同時に良くなります。

(おわり)

コメント