コロナ後遺症の咳は完全に治り、倦怠感・だるさ・肋骨の突っ張る感じも鍼で治った

この記事は約6分で読めます。

連続30分話したら咳が出て肺まで痛くなった。肋骨の突っ張る感じは1回で治り

こんにちは、李哲です。
コロナ後遺症の治療例の続きです。前回の治療内容は以下をご覧ください。

2022-3-21
彼女の報告:
前回鍼をしてから3日間は咳が出なかったけど、3日後に出社して30分連続話したら咳が出て肺まで痛くなった。すごい疲れて今日まで疲れが取れない!

今日もうつ伏せと仰向け、両方鍼をしました。鍼治療が終わったとき聞いたら、肺はもう大丈夫。ただし、左肋骨下が突っ張る感じがするというので、内関の鍼を回したら一瞬で突っ張る感じは消えました。

喉が痛いのは前回から治り、喉に痰がからむ感じはまだある。

漢方薬は半夏厚朴湯はんげこうぼくとう麦味参顆粒ばくみさんかりゅうを飲んでいました。
半夏厚朴湯はんげこうぼくとうは喉の病気、例えば甲状腺疾患にも応用しています。以下はほかの漢方医の症例ですが、参考になると幸いです。

連続会話できる時間が、30分→1時間→3時間まで伸びた

2022-4-8
彼女の報告:
新しい漢方薬を飲んでから1時間は話せるようになった。(前回までは30分話すだけで咳が出て会話ができなかった)話さなければ調子が良い。

今日は生理1日目、お昼は生理痛がひどかった。先月も生理痛がひどいとき、鍼してもらって治ってました。

生理痛は基本的に鍼ですぐ治ります。
今までたくさんの女性患者で検証されました。
以下はもう一人の女性の例、参考になると幸いです。

2022-4-20
彼女の報告:
休まないで話せる時間は、最初の30分から今の2~3時間まで増えてきた。その後は空咳が出て、喉がカサカサする。ほかは便通・尿・睡眠は調子良い。

咳は治り、一日中仕事しても大丈夫になった

2022-4-27
彼女の報告:
今は普通に仕事している。
話し続けると疲れて、翌日の半分は倒れ込んでいる。

どれだけ話し続けているかを聞いたら、営業の仕事以外に夜は友だちと長電話をするそうです。私は思いましたが、これは相当の活動量ですね…他の人でも疲れるでしょう。異常だとは診断できないでしょうね…

今日の喉がカサカサする感は、魚際を刺してすぐ治りました。

風邪・インフルエンザが原因の喉の痛みには、魚際と違うツボです。関連の症例が一つあるので、参考にしてください。

2022-5-11
彼女の報告:
咳はもうなくなった。一日中仕事しても大丈夫。2日連続でハードな仕事するとキツイ。

咳はもう大丈夫なので、残りは頑固な生理痛を治すことです。なので、生理が始まる1週間前に来ることを薦めました。

倦怠感とだるさは治った

2022-6-1
彼女の報告:
生理1週間前なので来ました。
咳はないけど、2~3時間連続で話すとキツイ。ガッツリ仕事すると、翌日は倦怠感とだるさが酷い。

今日は大鐘、通里、大陵、内関などを刺しました。
鍼治療が終わるゴロ、彼女が言うのは「気のめぐりが良くなったのがすごい分かります!」

漢方薬は麻黄附子細辛湯まおうぶしさいしんとう当帰四逆加呉茱萸生姜湯とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとうを飲み始めました。

2022-6-7
彼女の報告:
倦怠感とだるさは治った。
生理は28日周期で来て、生理痛はないが血の塊があった

咳の主訴がないけど、脈がまだすごい弱いので、太淵を刺しました。ほかには陰陵泉、地機、三陰交、公孫、内関、太陽、関元、気穴、中脘など。

倦怠感で体がだるい患者さんは非常に多いです。以3年前に治療した若者の症例。コロナの疑いもありますが、さっさと治ったから病名はどうでも良いでしょう?

特に不調がないので卒業

2022-6-28
彼女の報告:
咳は再発してない。
週1くらいで偏頭痛がする。
足がむくんで、夢がとても多い。

今日は睡眠の不調もあるので、神門などを追加。
ほかに刺した列缺はめちゃくちゃ痛かったそうです。

鍼で睡眠の質を改善した例はたくさんあります。以下は一つの症例、参考にしてください。

2022-7-5
彼女の報告:
特に調子悪いところがない。

脈診すると、まだ弱いけど、以前よりは全然良いです。続けて有酸素運動で心肺機能を鍛えることを薦めました。

「万が一、生理痛が再発したら、また来てください」と伝えました。
今日で彼女は卒業。

治療過程を振り返る

今までの治療過程で起きたことを振り返ってみます。

2022-3-28から鍼治療に来て、2022-4-27の報告には1日中の仕事(つまり話し続けること)ができるようになりました。鍼治療を続けることで、肺が重い症状と咳が徐々に落ち着いて、連続に話せる時間が30分→1時間→3時間→1日中になりました。かかった時間は1ヶ月くらい。

ほかの伴う症状は、

  • 朝起きたあと、胃液が上がる感じ(逆流性食道炎)は3回で治り。
  • 左肋骨下が突っ張る感じは1回で治り。
  • 寝付けられないのは1回で治り。
  • 偏頭痛は1回で治り。
  • 冷え性は1回で著しく改善。
  • 寝込むくらいひどい生理痛は数回で著しく改善。
  • 咳が治った後、仕事後のだるさ・倦怠感も鍼ですぐ治り。

最後脈診がまだ弱いので完璧には治ってないですが、養生さえちゃんとすれば残りは自分自身で治せると思います。

コロナ後遺症の咳を治すのに時間がかかった原因

一般的にかぜの咳を止めるのに、ここまで時間がかかりません。1回もしくは3~4回で治る。たとえば以下のような記事。

なぜ彼女は倍以上の時間がかかったのか?
答えは脈診。

最初、彼女の脈診をしたとき、寸脈が非常に弱くて潜んでいました。つまり、心臓と肺が弱いことです。もともと、コロナウィルスが肺を占領していじわるしているのに、寸脈が非常に弱いと回復が遅くなります。

寸脈は「陽」を表す指標で、一般的に強いほうが回復が早まります。また、鍼治療を重ねることで、寸脈がドンドン強くなり、体内の陽気も多くなります。

彼女の治療で毎度脈診するのも、漢方薬・鍼治療後に進度がどれくらいなのかを把握するためでした。脈診は診断にもなるし、治療効果のチェックにもなります。

コロナ後遺症は、みんな鍼で治せる

彼女の咳・肺が重い・倦怠感などはコロナ後遺症なのか、コロナ本来の症状なのか、正直私もよく分かりません。一つだけ知っているのは、病名を定義づけるのは無意味

辛い症状が治ればいいでしょう?
そんなに病名を知りたいですか?

病名の診断ができないと納得できない。不安だから治療したくない→こういう患者さんは病院に行って下さい。私は拒否します。

コロナが流行る最初から漢方薬症例を翻訳しながら、鍼でも諸症状を治せると説明しました。今回書いた若い女性が、その中の一人。コロナ後遺症で困った患者は、ほかにもいます。まだ治療中の方がいれば、もうすでに回復した方もいます。今後一つずつ記事にするつもり。

(おわり)

コメント